体温の低い人にガンが多い
2014.08.31 [Sun] 08:00

 血液は、われわれの体を構成する約60兆個の細胞に栄養と酸素を送り、代わりに老廃物を持ち帰る働きをしている。

体温が下がると血流が円滑に働かなくなり、免疫力が低下して体内で異物を見つけても、直ぐに駆除する白血球が集めにくくなり、細菌やウイルスに負けてしまい病気にかかりやすくなる。白血球二ウイルスは細菌だけでなく、がん細胞が出来るたびに、免疫細胞が攻撃して退治してくれる。

健康を保ってくれる免疫力は体温が1度下がると30%位低下する。36.5℃の正常値を保てば、免疫システムがスムーズに働いて、健康を維持してくれる。
低体温の大きな原因に筋肉量の低下がある。現代人は明らかに運動不足に陥っている。全て近代化したため便利になり過ぎて、日常生活でもあまり動くことが少なくなり、自然と筋肉量が減少する。筋肉は人体で最も大きい熱産生器官であるため、もし、筋肉が少なくなると、体温が下がり、基礎代謝が低下する。

がん細胞は35℃で一番増殖し、39.3℃で死滅するといわれている。したがって、体温の低い人はがんになる可能性が大である。体温が上がれば白血球もよく動き、免疫力が上がる。

参考資料:カラだの豆辞典(サワイ健康推進課) がんも生活習慣病も体を温めれば治るDr.中島の健康コラム


中島カイロプラクティックセンターカウンセリング受付中

 

味噌汁で健康に
2014.08.27 [Wed] 08:00


突然ですが、みなさんは毎日味噌汁を飲んでいますか?
塩分のとり過ぎが高血圧症や脳卒中、胃癌などの発症リスクを高める事がわかって以来、日本人の味噌汁離れが急速に進みました。一時は「味噌汁は1日1杯が限度」とまで言われたものですが、近年、味噌の原料である大豆の様々な効用が明らかになるにつれ、味噌汁の良さが見直されています。
大豆には各種の必須アミノ酸が含まれており、ミネラル、ビタミン、繊維質も豊富です。大豆のアミノ酸にはニコチンの害を防ぎ、肝臓の解毒作用を助ける効果があります。さらにコリン、大豆サポニンなどの成分は肝臓に入ったアルコールが脂肪として蓄積されるのを防いでくれます。お酒が好きな方や喫煙者にはまさにお薦めです。また味噌には酵母や乳酸菌なども含まれています。乳酸菌は、大腸の働きを活発にして下痢や便秘を防ぐほか、老化防止にも役立ちます。
こうした味噌そのものが持つパワーに加え、緑黄色野菜や海草、貝、きのこ等日ごろ不足しがちな食品を具として摂取できる点が、味噌汁のいいところです。
今日の献立に一品入れてみたらいかがでしょうか。

スタッフブログ(234)浅見
 

怪獣?ガングリオン(6)治療(2)
2014.08.25 [Mon] 08:00

「ガングリオン」の穿刺治療でその効果が無く繰り返し発症する場合、手術療法を考慮します。手術療法では根治を目指して、膨らんでしまった「袋」である関節包や腱鞘ごと切除します。

液体が溜まる場所ごと取り除いてしまえば理論的には再発しないはずですが、残念ながら手術療法後も再発は皆無ではありません。そこで近年レーザー治療が行なわれる様になりました。

レーザー光線には患部の血行を促進して組織の修復を促す効果があります。「袋」ごと取り除く手術療法と異なり「ガングリオン」そのものを小さくする事は出来ないので、穿刺治療と併用して行なわれます。

今後、レーザー治療では手術痕も残さず、痛みを軽減して再発を防止する事が期待されています。

吉祥寺センター小澤ブログ(259)小澤秀明
 

アイスランドを旅してA
2014.08.22 [Fri] 08:00

 アイスランドは火の赤、氷の白の他にもたくさんの色鮮やかな大地が広がっていた。牧草地が青々と広がり、山のいたるところに氷河から溶け出した水が滝となり流れていた。茶色の山々のふもとでは羊たちが、のんびりと草を食む景色が見られ、この国の自然の中で穏やかでのんびりした情景があちこちで見られた。

アイスランドは雨量が多いと聞いていたが、雨が降ったのは旅行中1回だけであった。後は澄み切った青空が広がっていたので、気分よく旅することが出来た。アイスランドを旅行する場合は、時期に関係なく、薄手のものを重ね着することが重要だということが分かった。この国は気候の移り変わりが激しく、雨が降ったかと思えば晴れ渡り、次の瞬間雲が出るという具合に天気が目まぐるしく変化するのがアイスランドの特徴のようだ。また、天気、季節を問わず吹きすさむ強風がみられたのには驚いた。


アイスランドには火力発電がなく、水力発電と地熱発電でまかなっているという。
レイキャビークでは市内の暖房、給湯などは、全て地熱によって賄われくらい自然エネルギーの利用が積極的に行われていた。その一つが世界最大の露天風呂である。
水と火山による水力発電(78%)と地熱発電(22%)を供給するこの国はするこの国は、まさに再生エネルギー先進国である。
このアイスランドの紀行文は当センターのNMN世界探訪で皆さんにお伝えする。

参考資料:NAVERまとめ 西遊旅行
 

アイスランドを旅して@ 
2014.08.21 [Thu] 08:00

 8月8日から14日までの7日間、アイスランドに行ってきた。通常出発前にはその国の情報が多くあり、それに目を通してから出かける場合が多い。しかしアイスランドに関しては、思うような資料がなく、行ってみないと分からない状況だった。よって出かける前に掲載した四方山日記には、アイスランドとアイルランドをミックスして記載したため、皆さんにご迷惑をおかけした。お許しいただきたい。改めて「アイスランドを旅して」と題し記載することにした。


 アイスランドといえば、「火山と氷河の国」又は「北にある寒い大自然の国」と答えると思う。それに一つ加えると、「人と自然があたたかい国」である。首都レイキャビークは、ヨーロッパ最西端、世界の最北端にある。最初は「煙たなびく湾」と訳されたが、現実は澄みきった美しい空が広がる都市であった。ただこの国の都市、町、村にはメインストリートがなく、石畳みの道路に赤、青、黄色の色とりどりの家々、ショップ、ホテルなどが並んでいた。この国の町には、高層ビルやタワーのような建物はほとんどなく、あっても10階から12階のマンション程度である。地方に至っては2階建てか平屋の建物ばかりである。しかしアイスランドは人々がとても親切で、あたたかく話しても楽しい。懐の深くクールなアツい国であった。


参考資料:アイスランド何処ドコ紀行