生理周期が改善。ウエストや冷え性も
2014.01.31 [Fri] 08:00

患者さんよりいただいた体験談をご紹介します。

生理周期が改善。ウエストや冷え性も

私は以前から生理不順がひどく、2日生理があったと思えば3日止まり、その後10日続くといった感じで、経血の量もすごく多くて、生理のたびに憂鬱でした。
出産すれば治ると聞いていましたが、長女を産んでからも状態は同じでした。もちろん、生理痛もひどく、薬を飲まずにはいられませんでした。

そのような私を心配した友人の紹介で、中島先生の治療を受けることになり、初診時にひどい骨盤のズレを指摘されました。
これでは子宮が定位置から・・・(続きを読む

他にもたくさんの体験談をいただきました。
中島カイロプラクティックセンター体験談

事務局からのお知らせ(116)
 

人体最大?の弱点アキレス腱(6)診断法・判定法
2014.01.27 [Mon] 08:00

 「アキレス腱断裂」の診断は他の外傷性疾患より比較的容易です。以下3つから診断する事が出来ます。

(1)触診
アキレス腱部を上下にさすると、凹みを触知する事が出来ます。但し、炎症により腫れている場合、触知出来ない事もあります。また、その部分を押すと痛みを訴えます。

(2)動作
「アキレス腱断裂」を起こすと、つま先立ちが出来なくなります。
但し、アキレス腱は断裂しても、足底筋や後脛骨筋は問題ないため、体重を掛けなければ、足首底屈の自動運動は出来ます。

(3)テスト法(Tompson Test)
椅子などの上に足首から先を座面が外して膝立ちします。そして、ふくらはぎの中程を手でつかみます。その際、足首が底屈(つま先が伸びる)しなければ陽性です。

以上の内2つを満たせば「アキレス腱断裂」と診断する事が出来ます。

吉祥寺センター小澤ブログ (229) 小澤秀明
 

肩こり改善法
2014.01.25 [Sat] 08:00


 先日、テレビを観ていたら「肩こりに関する新事実!」と題して、しつこい肩こりを解消するカギは肩甲骨にあると藤が丘リハビリテーション病院の先生が説明していた。またそれに対する3つの体操法をゲストや視聴者代表に伝授し、紹介していた。
 
確かに肩甲骨の固定化が肩こりにつながることは事実だが、ただすべての肩こりは、これに関係するものではない。この番組の中で広背筋(内臓を保護する筋)と僧帽筋(頭部への血液を供給を助ける筋)について説明していたが、慢性的な肩こりは肩の筋肉群が、常時収縮を起こすような姿勢が原因である。その筋肉の収縮は内臓機能の働きと関係している。
 
先ず内臓の機能低下が起こって、内臓と関係する脊柱の筋肉群の構造的湾曲から不随筋でもある広背筋と僧帽筋が緊張して両肩や首の凝りを生じる。
 
それを解消するためには、身体の構造的バランス、特に骨盤の不安定(歪み)を調整して脊柱に付着する硬膜の緊張を取って内臓機能を高めてやり、内臓器官と関係する脊柱の両側にある筋肉の硬結を弛緩させてやることで、首と肩の境界線に起こっている筋緊張が消失してくる。
 
身体の基本である体の正中(後頭部中心点・両肩の中心点・骨盤の中心点を垂直に通る線)を整えてやれば頑固な肩こりが根本から解消してくれる。

どうもテレビというのは視聴者が興味のあることや面白いことについてのみ絞って放映するので、疑問を感じる。
参考資料:テレビ朝日

Dr.中島の健康コラム


中島カイロプラクティックセンターカウンセリング受付中
 

諦めていた慢性の肩こり、手のしびれが改善
2014.01.24 [Fri] 08:00

患者さんよりいただいた体験談をご紹介します。

諦めていた慢性の肩こり、手のしびれが改善

長時間パソコンを使って仕事をしているせいか、肩こりが慢性的で、さらに右手の指までしびれが出てきていました。整形外科では、首のところで神経を圧迫しているとのことで、簡単には治らないものと半ばあきらめていました。
そんな時に、友人から・・・(続きを読む

他にもたくさんの体験談をいただきました。
中島カイロプラクティックセンター体験談

事務局からのお知らせ(115)
 

人体最大?の弱点アキレス腱(5)原因
2014.01.20 [Mon] 08:00

 「アキレス腱断裂」の好発年齢を見ると40代を中心とする年齢層である事が分かります。この年齢層に共通するのは社会人になって、運動不足になっている事です。

このような年齢層の方がたまにしかしないサンデープレーでスポーツを行った際に「アキレス腱断裂」は頻発します。すなわち「アキレス腱断裂」の原因は下腿三頭筋の柔軟性の低下だと言えます。

また、スポーツを頻繁に行う若い世代にも「アキレス腱断裂」は発生します。しばらくブランクがあった後再開した時、事前の準備体操やストレッチを十分にせず急にプレーした時、寒い朝、疲労などが原因となります。

その他、ステロイド薬や特定の抗菌薬を服用している場合「アキレス腱断裂」を起こし易くなると報告されています。

吉祥寺センター小澤ブログ(228)小澤秀明