先生との出会いで私の体が変わった
2013.11.29 [Fri] 08:00

患者さんよりいただいた体験談をご紹介します。

先生との出会いで私の体が変わった

学生時代にしていた悪い姿勢や習慣から側弯症が強くなって悩んでいた私は様々な病院関係に通っていました。しかし、いまひとつ改善されないものばかりで、名ドクターを探していました。
偶然、美容院で見た雑誌で・・・(続きを読む

他にもたくさんの体験談をいただきました。
中島カイロプラクティックセンター体験談

事務局からのお知らせ(109)
 

湯たんぽ
2013.11.27 [Wed] 08:00


こんにちは
吉祥寺センター受付の藤田です。

朝晩と冷え込むようになって、暖房機の必要な季節になってきました。
暖房機は、部屋全体を暖めるのには効率的ですが、乾燥が気になったり、なかなか体の末端まで暖まらないなどの弱点もあります。

こんな時に、昔ながらの方法で湯たんぽを使用するのがお勧めです。
最近は、省エネかつ体に優しい自然な暖かさが人気で多くの店頭で見かける様になりました。

専用容器にお湯を注ぎ、布製の袋などに入れるといった非常にシンプルなスタイルですが、適度な湿度により乾燥が防げ 、お湯の自然な暖かさにより冷えている部分を直接暖めることのできる優れものです。

これから寒さが増していきますので、体を冷やさないよう湯たんぽも上手に取り入れて寒さを乗り切りたいですね。
スタッフブログ(220)藤田
 

ケンショーエンと言えば親指!(12)治療(1)
2013.11.25 [Mon] 08:00

 これまで述べて来た対策「安静」「冷却」「固定」「マッサージ」「ストレッチ」を行っても物をつかむ、つまむ際に母指の付け根が痛み、生活に支障を来すようであれば仕方ありません、病院に行って専門家による治療を受けて下さい。

専門家による治療は進行状態によって「保存療法」と「手術療法」に分けられます。

最初の保存療法は非ステロイド消炎鎮痛薬の内服と外用(湿布・軟膏)、加えて物理療法です。「ドケルバン病」は皮下の浅い部分にある腱鞘の傷害なので、比較的外用薬が有効です。また、物理療法には低周波治療や半導体レーザー治療などがあります。いずれも患部の血液循環を促進して、炎症と疼痛を軽減する効果が期待出来ます。

吉祥寺センター小澤ブログ(220)小澤秀明
 

『新純爽活』を与えてくれる治療を体験して
2013.11.22 [Fri] 08:00

患者さんよりいただいた体験談をご紹介します。

『新純爽活』を与えてくれる治療を体験して

職場の後輩より中島カイロプラクティックセンターでの治療体験を聞き、元々体の歪みが気になっていた私は何とか改善したいと思い、来院することにしました。診療上、前傾姿勢でいることが多く、また、新幹線や飛行機を利用したりすることも多く、肩や首のこり、背中の張り、、腰痛、股関節前方部や膝の痛みを気にしていました。

来院して治療を受けてゆくうちに、一時的に好転反応のためか、肩や首の張りが強く現れましたが、それも徐々に軽減され、現在は・・・(続きを読む

他にもたくさんの体験談をいただきました。
中島カイロプラクティックセンター体験談

事務局からのお知らせ(108)
 

乾燥対策
2013.11.20 [Wed] 08:00



空気が乾燥すると、肌と同様にのどの粘膜も乾燥しがちになります。のどの粘膜が乾くと免疫力が落ちて、風邪やインフルエンザのウイルスにも感染しやすくなり、美容面だけでなく健康面でもトラブルがおきやすくなります。
のどを乾燥させないためには、よくうがいをすることが一番の対策です。うがいをするとのどが刺激され、喉頭腺から分泌液が出てのどを潤します。まずはしっかりうがいをすることを心がけましょう。
寝ている間にも水分は逃げていきます。マスクをつけることでウイルスの侵入を防ぐだけでなく、吸う空気を温め、湿気を与えるという効果があります。室内に湿ったバスタオルをハンガーにかけておくのも効果的です。
健康を維持するために普段から乾燥対策を心がけてはいかがでしょうか。

スタッフブログ(219)浅見