子供なのに膝痛!(15)オスグッド病・対策(10)
2012.12.31 [Mon] 08:00

 「冷却」と言うと湿布(パップ剤)を思い浮かべる方が多いようですが、これでは不十分です。原則的に氷嚢を使います。しかも直接肌に乗せて冷却する必要があります。もちろん湿布も補助的には悪くありません。

「冷却」は効果的且つ安全でなければなりません。効果的且つ安全とはやり過ぎず最大限と言う事です。「冷却」をやり過ぎると言うまでも無く凍傷になります。凍傷にならず効果的な冷却時間の目安は1回15分〜20分です。これを1日1時間毎に数回行なって下さい。

冷却する時間帯は理想的には練習直後、そうでなければ帰宅直後です。炎症は起こした直後であればあるほど効果的に抑える事が出来ます。もし可能であれば練習中も適宜冷却できれば、炎症を抑え痛みの発生を最小限にし回復を促す事が出来ます。監督やコーチに相談してみて下さい。

●HP
・部位別・症状別 カイロプラクティック治療 膝痛

吉祥寺センター小澤ブログ(173)小澤秀明
 

冷え症・低体温の女性が増えた
2012.12.29 [Sat] 08:00


 近年、低体温や冷え症の人が増加してきた。体温が35度もない大人や子供が、診療していても多くいる。その主な原因の一つに、栄養の偏った食事、体を冷やす食べ物の摂取などがあげられる。冷え症も同じで、原因として食べ物や生活習慣の乱れが考えられる。

仕事や遊びで忙しく生活様式が欧米化した現代人は、風呂に入っても湯船につからず、シャワーのみで済ませるため、体の芯が温まらない。入浴は、全身の血行をよくして、代謝を促し体温を上昇させる効果がある。また暴飲暴食は体を冷やす。
過食は胃腸に血液が集中して、筋肉に送られる血液が少なくなり、血行が行き渡らなくなり低体温になる。体を冷やす食べ物や冷たい飲み物を飲みすぎると体を冷やす。

特に、若い女性は生理時の出血過多を起こす“おけつ”が原因で低体温を起こす。生理時の出血過多は、貧血になる場合が多い。また、運動不足は血液の流れを弱らせ、体を冷やす原因になる。過度のストレスはアドレナリンを分泌し、血管を収縮させる。

血管が収縮してしまうと、血行が悪くなり、この状態を改善せず放っておくと体の血液循環が悪くなり低体温になってしまう。それと薬は体を冷やす。
甲状腺ホルモン薬や体の基礎代謝を高める働きの薬、解熱鎮痛薬は、体を特に冷やす。
自分にどうしても必要な薬以外は常用しない方がいいと知ることも大切だ。
それと頭痛や生理痛で直ぐ薬に頼る女性は気をつけよう。

冷え症、低体温を放置すると、免疫力が低下したり、代謝が低下したりして体に悪い影響を及ぼすので、日頃から以上の事を考えた生活をすることをお勧めする。

Dr.中島の健康コラム


中島カイロプラクティックセンターカウンセリング受付中
 

我慢できない尿意が改善おしりも引き締まった
2012.12.28 [Fri] 08:00

患者さんよりいただいた体験談をご紹介します。

我慢できない尿意が改善おしりも引き締まった

3年ほど前から、我慢できない程の尿意で突然トイレに行きたくなったり、我慢しているのに漏らしてしまうという事がありました。出先でのトイレの心配など不安でたまらなく、まだ30代なのにと情けなく思っていました。

病気とは知らずに悩んでいたのですが最近になって、テレビで「過活動膀胱」という特集を見て、自分はこの病気だと気付きました。治療法を調べると、薬物療法しかなく、薬を飲み続けなければならないということに不安を感じ、治療に踏み切れずにいました。

そんな時にお友達が「中島カイロプラクティックセンター」で体調が良くなったという話を思い出し、ホームページを拝見しました。メールでのカウンセリングがあり、そちらで相談をしたところ・・・(続きを読む

他にもたくさんの体験談をいただきました。
中島カイロプラクティックセンター体験談

事務局からのお知らせ(68)
 

正月
2012.12.26 [Wed] 08:00

 
こんにちは。新宿センターの田中(宣)です。
もうすぐ正月ですね。
一年の疲れを癒す為にも、しっかり休みましょう。
しかし、そこで気になるのは正月太りです。
正月後に怖い思いをしないためにも、規則正しい生活を心掛けましょう。
また、不規則な生活はただ太るだけでなく、自律神経のバランスを乱す原因にもなります。
その結果、眠れない、めまい等様々な悪影響を及ぼします。
来年も良いスタートが切れるように、羽目を外しすぎないようにしたいです。

スタッフブログ(172)田中(宣)
 

子供なのに膝痛!(14)オスグッド病・対策(9)
2012.12.24 [Mon] 08:00

 オスグッド・シュラッター病は炎症性の疾患です。炎症性疾患にはいわゆる“RICE”が適用されます。“RICE”は以下の4つの頭文字です。

1 Rest=休息
2 Icing=冷却
3 Compression=圧迫固定
4 Elevation=挙上

1の「休息」は先にも述べたとおり極力キックやジャンプをしない事です。これを実行するには本人の理解が欠かせません。その際、周囲の説得も重要です。

2の「冷却」は“RICE”の中でも最も効果的です。一旦オスグッド・シュラッター病を発症してしまうと、練習をすると必ず炎症を起こし脛骨粗面は熱を帯びます。極端なところ歩くだけでも軽度とは言え炎症を起こしてします。

●HP
・部位別・症状別 カイロプラクティック治療 膝痛

吉祥寺センター小澤ブログ(172)小澤秀明