貧乏ゆすりの効能2
2012.10.31 [Wed] 08:00



今回は前回に引き続き貧乏ゆすりの効能についてです。

そもそも貧乏ゆすりは日本人に限ったものではありません。貧乏ゆすりという名前は貧乏人が寒さに震える様子に由来しているなど諸説ありますが、海外でも同じような動作を、そわそわする、落ち着かない足の揺れ、などと表現したりします。精神面の影響も確かにありますが、人間が生まれ持ったものだと考えられています。

前回は股関節の軟骨の再生についてお話しましたが、貧乏ゆすりには他にも様々な効果が分かってきました。20〜40歳代の女性4人に貧乏ゆすりをしてもらい、ふくらはぎをサーモグラフィーという温度観測装置で観察したところ、皮膚の温度が5分後に平均で約2度上昇し、最も上がった人は3.3度だったそうです。(国立長寿医療研究センター調べ)

この結果からも分かるとおり、足の冷えに悩んでいる方や、足のむくみに悩む女性の方にも朗報ですね。これは貧乏ゆすりによってふくらはぎの筋肉が伸び縮みし、それによって血管が圧迫されたり開放されたりすることで血流が良くなると考えられます。血流が良くなれば血栓ができにくくなり、エコノミークラス症候群の予防にも繋がります。

このように貧乏ゆすりには様々な効能があるので、少し見方を変えて意識的に貧乏ゆすりをしてみてはどうでしょうか。
参考文献 日経新聞より

スタッフブログ(164)井田

 

子供なのに膝痛!(6)オスグッド病・対策 (1)
2012.10.29 [Mon] 08:00

 オスグッド・シュラッター病はオーバーユース(スポーツのやり過ぎ)による、言わば外傷性の病気です。怪我をした時、何より最初にしなければならないのは「休息」です。

本人が出来る対策で「休息」に勝る良薬はありません。ところがここに重大な問題が存在します。そもそもオスグッド・シュラッター病になるような子供は、スポーツやる気満々のサッカー少年であり、バスケットボール少年、バレーボール少年です。彼らに「今すぐ練習を中止しなさい。」と言うのは大変酷であり、かなり無理があります。

ここは親御さんの説得しかありません。これからご紹介する対策で「休息」期間を最短にする事が出来る事をきちんと解説して、本人に納得してもらう必要があります。納得のないところに実行はありません。

●HP
・部位別・症状別 カイロプラクティック治療 膝痛

吉祥寺センター小澤ブログ(164)小澤秀明
 

DNAから分かる人相
2012.10.27 [Sat] 08:00

 
 目の位置や鼻の高さなどに影響を与える遺伝子5種類を使って、人間の顔かたちを決めることが出来ると、オランダの大学を中心とした国際チームが米国の科学誌を通じて発表した。
 
欧州のドイツ、オランダ、オーストラリアに住む約5000人を対象に、DNAの個人差がある箇所と顔の形の3次元測定を行い解析した。顔かたちは生後の環境より遺伝の影響が大きく左右すると考えられいる。
 
研究チームは磁気共鳴画像装置(MRI)利用して、DNAの調査対象者や顔かたちの測定点を増やして解析すれば、顔かたちを決める遺伝子が見つかるとしている。
 
今回の発見はMRIを使って、鼻から上の27箇所の位置関係を測定し、DNA塩基配列の個人差がある箇所と関連あるかについて調べ、関連ある箇所を含む遺伝子を探し出した。
 
この遺伝子特定が科学捜査に使われれば、将来は犯罪捜査の際、容疑者のDNAから人相書き(似顔絵)を推定することも十分可能である。
参考資料:YAHOO!ニュース exciteニュース

Dr.中島の健康コラム


中島カイロプラクティックセンターカウンセリング受付中
 

脊柱管狭窄症3日で階段の上り下りまで出来た
2012.10.26 [Fri] 08:00

患者さんよりいただいた体験談をご紹介します。

脊柱管狭窄症3日で階段の上り下りまで出来た

4年前に整形外科で脊柱管狭窄症と診断を受け、一時は良くなったと思っていましたが、今年1月4日の朝、起き上がれない程の腰痛に襲われました。
2ヶ月経っても良くならなかったので、友人に相談した所、こちらのクリニックを紹介されました。
カイロプラクティックを知らなかったので最初は半信半疑でしたが、思い切って来院してみました。
今までは病院に行くにも家の前までタクシーで来てもらう程歩くのに苦労していました。階段の上り下りは全く出来ず、エスカレーターを利用するしか方法がありませんでしたが、通院して3日目でなんと階段の・・・(続きを読む

他にもたくさんの体験談をいただきました。
中島カイロプラクティックセンター体験談

事務局からのお知らせ(59)
 

実りの秋です。
2012.10.24 [Wed] 08:00


こんにちは。吉祥寺センター受付の安藤です。
異常に長かった夏日もやっとひと段落ついて、短い秋がやってきました。朝晩は冷えるので、皆さん体調管理にはくれぐれもお気をつけください。
さて秋といえば、○○の秋とよく言われますがみなさんはその○○に何を入れますか?
私はやはり食欲の秋です。実りの秋ですからこれから美味しい食材が沢山出てきてついつい食べ過ぎてしまう秋です。食べすぎはよくないですが、旬の食材をバランスよく食べることは体にとってとても良い事です。
例えば秋の味覚の代表格のさつまいもは、食物繊維もたっぷりで整腸作用と美肌に効果があります。またきのこもローカロリーですしコレステロール値を下げる効果があります。他にも鮭や栗なども沢山の栄養が含まれています。
ぜひ旬の食材で季節を感じながら、食生活を見直してみるのはいかがでしょう。

スタッフブログ(163)安藤