ビールに意外な可能性!
2012.09.26 [Wed] 08:00


 例年にない酷暑の夏が終わり、ずいぶん過ごしやすく、秋らしくなった今日この頃ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。新宿センター受付の西田です。

“暑い夏にはビール”という方は、これから秋の季節にもビールを美味しく飲まれる事と思います。そんなビール好きの方に朗報です!
徳島大学大学院の研究チームの行なった実験で、ビールに含まれるホップの成分に筋肉の萎縮を抑制する作用があることが分かったそうです。この実験はホップに含まれるプレニル化フラボノイドを混ぜたえさを約2週間与えたマウスが、通常のえさだけのマウスと比べ、ほとんど筋肉量が減少しなかったことで証明されました。
ただ、人が同様の効果を得るにはビールを毎日数十リットル〜数万リットル飲み続ける必要があるとのことです。
それでも今後、乳酸菌飲料といった機能性食品の開発などに応用できれば、寝たきりの高齢者らの筋肉老化防止につながると期待されているようです。

参考資料:yahoo!ニュース

スタッフブログ(159)西田

当センターHPやNMNでも、ビールの特集をしています。
●NMN
気になる食材 ビール
気になるサプリメント ビール酵母
※NMNは当センターが制作運営しています。
 

子供なのに膝痛!(1)オスグッド病
2012.09.24 [Mon] 08:00

 膝の痛みと言えば、誰でもすぐ高齢者を思い浮かべるほど膝の障害は高齢者に多い疾患です。実際、整形外科に通院する患者で膝の痛みを主訴とする高齢者の割合はトップランカーです。更に男女別では女性の高齢者に頻発する疾患です。多くは膝の軟骨が磨耗し、骨が接近して変形する「変形性膝関節症」です。

ところが10代男児に頻発する膝関節障害が存在します。これを「オスグッド・シュラッター病」といいます。最近ありがちなゲーム好きでインドア志向の子供ではなく、スポーツを好む活発な子供に多く発症します。

今回はこのオスグッド・シュラッター病について、判定法、その発症の原因、対策などを詳しく紹介して参ります。

●HP
・部位別・症状別 カイロプラクティック治療 膝痛

吉祥寺センター小澤ブログ(159)小澤秀明
 

残暑
2012.09.19 [Wed] 08:00


こんにちは。吉祥寺センターの田中(宣)です。

9月半ばになりますが、厳しい残暑が続きますね。

この時期に気をつけなければいけないことは、急激な気温の変化です。

それが、体温を調節している自律神経にストレスを与え、免疫力や抵抗力が弱まってしまいます。

実際、私は風邪をひきました。本当に久しぶりの風邪でしたが、私意外にも最近の電車の中では、くしゃみをする人を良く見かけました。

この時期に体調を崩しやすい人は、日頃の生活リズムや食事のバランスに気をつけましょう。

私も気をつけます。

スタッフブログ(158)田中(宣)
 

肘痛だけど問題は手首です!(21) 類似疾患
2012.09.17 [Mon] 08:00

 テニス肘と同じく肘関節の外側に発生する障害がもう一つあります。テニス肘が肘の反復する動作によって発症するのに対して、こちらは瞬間的な外的力によって発症します。これを「肘内障」と言います。

肘内障は成人には起こらず、多くは2〜4歳ぐらいの小児に発症します。親が子供の手をぐいと引っ張った時などに、急に肘をだらりと下げて痛みを訴えたら肘内障を疑って下さい。

前腕は小指側の尺骨と親指側の橈骨から成り、尺骨は直接上腕骨と滑車状に関節し、橈骨は輪状の靭帯で結ばれています。肘内障はこの橈骨が輪状靭帯から外れかかった状態を言います。

掌を上に向けさせ、ゆっくりと内側に捻りながら肘を曲げるとカクッと輪状靭帯にはまり込んで元に戻す事が出来ます。一度肘内障になると靭帯が緩むため再発しやすくなるので、肘に強い外力を加えないように注意して下さい。大概7,8歳頃になると靭帯が強くなって発症しなくなります。

●HP
・部位別・症状別 カイロプラクティック治療 テニス肘

吉祥寺センター小澤ブログ(158)小澤秀明
 

貧乏ゆすり1
2012.09.12 [Wed] 09:55


今回は貧乏ゆすりについての意外な効能についてです。

貧乏ゆすりといえば行儀が悪くあまりいいイメージはありません。私自身も学生の頃にテストを受けていて、隣の学生に貧乏ゆすりをされて長机がカタカタ揺れて、とてもイライラした覚えがあります。しかしそんな貧乏ゆすりにも、とてもすばらしい効能があることがわかってきました。
 
加齢や運動不足、肥満などが原因で起こる変形性股関節症などの股関節の軟骨が減ってしまう疾患に対して、貧乏ゆすりが軟骨を再生させる効果があり、実際に貧乏ゆすりを積極的に勧めている病院もあります。軟骨は継続的な刺激により少しずつではありますが再生するのだそうです。
 
患者さんの中にも膝や股関節に大きな損傷を受けた方を診ることがありますが、大概の場合はその状態をどう悪化しないように維持していくかを考えます。しかしこのように簡単な方法で改善が見られることがあるので、ぜひ皆さんにもお勧めしたいと思います。貧乏ゆすりのしすぎで関節痛などの悪影響はまずないそうですが、やはり他者への配慮は心がけていきましょう。次回は貧乏ゆすりの他の効能についてお話します。
参考文献 日経新聞より

スタッフブログ(157)井田