善玉菌を殺す高脂肪の食事
2012.03.31 [Sat] 08:00


 今メタボリック症候群などや消化器系のがんなどが多くなっている。これは胆汁の働きが関わっている。脂肪の多い食事を摂ると、胆汁が大腸の善玉菌を殺して腸内細菌のバランスを壊してしまうことが北海道大学の研究でわかった。

この胆汁によってメタボリック症候群や大腸がんを発症する可能性が明らかにされている。この研究結果ではラットの餌に高脂肪食で分泌される濃度に近い胆汁を混ぜて10日間食べさせ、盲腸の細菌の変化を調べたものである。
その結果、通常大腸や盲腸で約1000種類の細菌が見つかるところ、4種類しか残っておらず、この菌は米国の肥満患者と同じ傾向であった。乳酸菌などの善玉菌に至ってはほとんど見つからなかったという。
 
善玉菌を保つためには低脂肪の食事が必要である。しかし、現代社会は食の欧米化により味の濃いものや高脂肪の食品が多い。その為肥満が増えている。
肥満にならない為には乳酸菌などの善玉菌が働かなければならない。この乳酸菌によって悪玉菌を減らし腸内バランスをとることが出来るのである。こうした研究結果を知り、我々現代人は食生活を見直すことが求められているのではないだろうか。
参考資料:yahoo news
 
Dr.中島の健康コラム


中島カイロプラクティックセンターカウンセリング受付中
 

3月勉強会―現在の医療について
2012.03.28 [Wed] 08:00


 こんにちは。吉祥寺センターの田中(宣)です。

当センターの3月勉強会では、現在の医療について問題点を挙げました。
その中で多かった意見が、医療者から患者への説明不足です。

実際、私も十分な説明をされず薬を出されることがあります。
ある医療者が次の様に言っています。

医療で一番大切な事は、
(1) 医療者が自分の治療を信じること。
(2) 患者側もその治療法を信じること。
(3) 医療者と患者が互いに信じあうこと。

この三角形が成立したとき、その治療はどのようなものであっても有効性を発揮するとの事です。
医療者は、不安が与える体への悪影響が想像以上に大きい事を認識すべきだと思います。

スタッフブログ(133)田中(宣)
 

足の親指が曲がってきちゃった!(15)外反母趾・対策(8)
2012.03.26 [Mon] 08:00


 外反母趾対策として日常生活で最も大切なのは歩行法です。歩行法が間違っていてはせっかくの対策も水泡と化してしまいます。何故なら足にかかる負担は歩行時が最も大きいからです。

足の機能を十分に発揮する歩行法は足の縦方向と横方向のアーチを作る足底腱膜と母趾内転筋を十分に使う歩行法です。足底腱膜と母趾内転筋を収縮させて歩くには1.踵と2.趾球(足の付け根の膨らんでいる部分)と3.指先の3点を地面に着かなければなりません。

この3点を1.2.3の順で地面に着くように歩きます。最初は一歩一歩意識して歩いて下さい。特に最後に指先で蹴り出すように歩くのがコツです。踵、趾球、指先の順で地面に着くように歩くには少し歩幅を広げてみて下さい。小幅歩行だと最初に指先が地面に着いてしまってかえって外反母趾を促進してしまいます。注意して下さい。

吉祥寺センター小澤ブログ(133)小澤秀明
 

ダイエットと睡眠の関係
2012.03.24 [Sat] 11:44


 ダイエットに取り組む時に大切なことは良い睡眠である。睡眠の専門家達で作られた睡眠改善委員会によって、睡眠不足によって起こる調査結果を発表した。その結果、慢性的な不眠ではなくても睡眠に対して悩みや不満を抱えている人の食欲は増加しやすく、体重が減りにくいということがわかった。
 
睡眠中はタンパク質の合成や成長ホルモンの分泌が促進されるので、寝ることで良質な筋肉が作られ基礎代謝が高まるのである。これが睡眠不足となると、筋肉量が低下し基礎代謝も下がり、体重が減りにくいと感じるようになるのである。
反対に、筋肉を鍛えボディラインを引き締めて基礎代謝を上げていけばおのずとダイエット効果がある。ダイエットとは筋肉を痩せさせてしまうことではなく、筋肉を引き締めることである。
 
体を引き締めると人間はしっかり体が固定され、本来の力が働く。その為には運動と同時に睡眠が非常に重要なポイントとなる。しっかりした睡眠が良い筋肉を作るからである。女性はそれを目標にすれば誰でも理想の体は作ることが出来る。
参考資料:日経ウーマンオンライン

Dr.中島の健康コラム


中島カイロプラクティックセンターカウンセリング受付中
 

震災から1年
2012.03.21 [Wed] 08:00



新宿センターの井上です。
震災から1年経ちました。被災された方々には、改めてお悔やみ申し上げます。
あっという間だった方、長かった方それぞれの思いがあると思います。

当時私は、初めて避難所で過ごすという体験をしました。
何時間も歩き、疲れはて避難所に入ってはみたものの眠ることなど出来ませんでした。

この日は、沢山の方がそういった体験を沢山されたと思います。
恐怖や緊張感が常にある状態。

そして、1年経ったにもかかわらず今も余震は続いています。原発は問題が山積です。
皆さん、心と身体が疲れ果てていませんか。

こういった時は、副交感神経を促進し頭と身体をリラックスさせて睡眠に入るようにしましょう。温かい飲み物を飲んだり(カフェインが入っているものは除く)、アロマや音楽などもお薦めです。

そして、目覚めとともにカーテンを開け全身に太陽の光をあてましょう。
雨の日だって大丈夫。太陽のエネルギーは必ず届きます。

そうすると、全身がリセットされ「今日も1日頑張ろう」と言う気持ちになれますよ。
是非お試し下さい。

スタッフブログ(132)井上