地震後の体調不良(11)地震酔い・対策(5)肩こり対策
2011.05.30 [Mon] 08:00

 「地震酔い」を感じている方は同時に「肩こり」を感じているようです。当座の肩こりの改善は「地震酔い」の軽減に役立ちます。

肩こりは端的に申し上げると頭を支える筋肉群の疲労が原因で起こります。疲労している筋肉にはいわゆる疲労物質が蓄積しています。この疲労物質を筋肉から搾り出すと肩こりを改善することが出来ます。

搾り出しの原理は雑巾搾りと同じです。先ず、首を右に回して体幹を左に回します。そのコツは右肩を前へ出すことです。その姿勢を10秒から20秒維持します。次に首を左に回して体幹を右に回します。左肩を前にせり出して下さい。これを2、3回繰り返します。

入浴後などに毎日習慣にしてみて下さい。「肩こり」は徐々に改善いたします。この方法は頚椎捻挫や頚椎ヘルニアなど頚椎に疾患をお持ちの方は避けて下さい。

地震酔いの他、地震発生後体調不良をお感じの方は遠慮なくご相談下さい。

吉祥寺センター小澤ブログ(90)小澤秀明
 

低栄養に注意(2)
2011.05.28 [Sat] 08:00


 お年寄りが低栄養状態になってしまう原因として、専門家は加齢による食欲減退などを挙げている。
低栄養にならないためには、バランスよく3食摂るのはもちろん、食事を多様化することなどで防止を図るのが重要だという。 

日本では外国の食材が7割程を占めてきた。日本で育って、日本の土地で採れたものを食すのが理想である。しかし、最近はどうもそれが狂っているようだ。

市場にはインスタント的なものが多く、温めれば食べられる、混ぜればできるといった商品が多い。栄養だけではなく酸化剤や防腐剤など化学物質が多く入ってくるため、体の中が変化してしまうようだ。
その為、栄養が行き届かないと、血液中の赤血球などが滞ったり固まったりしてしまう。体の毒素となって病気を起こす要因となってくる。 

低栄養はやはり危険である。低栄養にならないためにはバランスのよい食事を摂るに限る。出来るだけ旬のものを摂る。昔から「地産地消」という言葉があるように、出来るだけその土地のものを摂ることが体の状態を安定させることに繋がる。

毎日の食事を考えて摂ること、それが健康につながっていく。
参考資料:読売新聞より 

Dr.中島の健康コラム
 

食中毒
2011.05.25 [Wed] 08:00


こんにちは。新宿センターの古川です。
5月も下旬になり夏日の日も多くなり、また関東でも梅雨の時季に近づいてきました。
先日、食中毒に関するニュースが取り上げられていましたが、特にこれからの季節は、食品の取り扱いには注意が必要です。
加熱して料理する食品は十分に加熱をすることで、食中毒菌を殺すことができるといわれています。
また、食品を触る前に手をしっかり洗うことはもちろん、包丁、まな板なども、使った後すぐに洗剤と流水で良く洗いましょう。洗った後に熱湯をかけたりすると消毒効果があるといわれています。こちらにも詳しく書いてあります。
これからの季節は特に念入りに行うようにしましょう。

スタッフブログ(89)古川
 

地震後の体調不良(10)地震酔い・対策(4)ブランコ
2011.05.23 [Mon] 08:00

 運動が苦手で「地震酔い」防止法の前方回転と後方回転が出来ない方は以下の方法を試みて下さい。「地震酔い」防止法の原理は揺れを伴う素早い動きの繰り返しです。これに慣れさせることで「酔い」を起こさない脳が出来上がります。

前方回転と後方回転に代わる身近なトレーニング法はブランコ乗りです。家の近くの公園にはブランコがあるものです。いい大人だからって恥ずかしがらずにブランコに乗ってみて下さい。最初は小さな揺れでも気持ち悪くなるかもしれません。気持ち悪くなったらその日のトレーニングは終了です。翌日は少しずつ回数と振幅を増やして行って下さい。

身近にプールがある方には水泳をお勧めいたします。「地震酔い」対策に有効な泳法はクロールです。水の中での不安定な動きと呼吸をする時の首振り運動が適度な「揺れ」を起こします。毎日少しずつ泳ぐ時間を増やして行って下さい。

地震酔いの他、地震発生後体調不良をお感じの方は遠慮なくご相談下さい。

吉祥寺センター小澤ブログ(89)小澤秀明
 

宮田さんの還暦と20周年のお祝い
2011.05.21 [Sat] 08:00


 5月18日(水)、診療を終えてから『宮田さんの誕生日&還暦の祝い』と『ゆびっこくらぶ設立20周年の祝い』に出席した。ゆびっこくらぶさんには生活セミナーや健康セミナーなどの講師をさせていただいたり、交流会に参加したりして親交を深めてきた集まりだけに私にとっても特別な思いがある。
また、くらぶのメンバーの大半の方たちの健康を私が預からせていただいている。
 
今回のお祝いの会は新宿御苑近くのお洒落な中華料理店CHEF'Sで行われた。午後7時開始だったが、診療があるので7時半過ぎに駆けつけた。会場はなんと全員が女性で、唯一私だけが男性だった。しかし、ほとんどの人が顔なじみなので自然と打ち解けた。
 
宮田さんとの付き合いは長く、24年前私のクリニックに始めて来院された。当時宮田さんは30代半ばで、私も40才前だった。宮田さんの最初の印象は体が大きく、無口で何か怒っているような雰囲気を醸し出していた。
今から考えると彼女自身が相当精神的にも肉体的にも負担がかかっていたらしく、自然と厳しい表情をしていたようである。本人に直接聞くと、やはり辛かったと当時を振り返ってお話されていた。
 
それから20年以上経って、ゆびっこくらぶのメンバーの1人が治療に来院された関係から、再度宮田さんとお会いするすることになり、引き続き治療を引き受けた。今回おいでになられて年齢も50代後半で、以前と違い体もスリムになり穏やかな女性になっておられた。

美味しい中華料理を頂きながら、Cherry's Clubのベンバーの素晴らしい歌やトークあり、時の経つのを忘れさせてくれた。最後に私が宮田さん、小田さん(同じ誕生日)やくらぶの皆さんに宮田さんとのエピソードを交えて還暦についてなどスピーチさせて頂いた。
多くの方々の参加で盛り上がり、盛会のうちに楽しいパーテイーが終わった。ゆびっこくらぶの益々の発展と宮田さんのご健勝をより願うばかりである。

 
中島院長ブログ(28)