熟睡のカギを握る脳波
2010.10.29 [Fri] 08:00


 睡眠にはレム、ノンレムという脳の波長がある。深く眠る、浅く眠るこの繰り返しによって睡眠は作られている。今回、熟睡するために騒音から守る働きがある紡錘波(ぼうすいは)と呼ばれる脳波が研究された。
 
紡錘波は14Hz前後の速い波で、この脳波が出現し始めると眼球運動は停止し呼吸は規則正しい寝息になる。
この紡錘波は全ての人から検出され、視床という脳の一部によって制御されている。
睡眠時に現れる脳波については未知の部分が多くあり、紡錘波の量が人によって異なる。理由もまだわかっていない。
 
現代社会では中途覚醒に悩まされている人が多く、そのために不眠症になってしまう人もいる。その大きな原因は生活騒音にあると言われている。
それを克服するために今回の研究が行われたようだ。現在は紡錘波の状態を調べて、個人が持つ騒音に対する耐性を予測できるかという研究が進められている。実現すれば生活環境の選択など、睡眠に悩む人の症状改善につながることであろう。
 
都会の喧騒が肌に合わない人には参考になるのではないだろうか。何といっても健康の秘訣はしっかりした睡眠をとることである。
参考資料:gooニュース より
 
健康コラム
 

研修旅行2日目
2010.10.27 [Wed] 08:00

     
 こんにちは。新宿センター受付の竹部です。今回は研修旅行の2日目のことを書きたいと思います。2日目の朝は女性陣と男性陣に分かれ、女性はサンドイッチとマッシュポテトとフルーツの入ったお弁当を愛情込めて作りました。男性陣は昨晩の片付けや掃除をし、楽しかったログハウスを出発しました。

バスの中で朝食を頬張りながら向かったのは諏訪大社です。諏訪大社では寅・申年の7年目ごとに社殿の建て替えを行うとともに山中より巨木を伐採してきて神社の周囲に4本ずつ立てる御柱祭が有名です。迫力溢れるビデオ上映を観賞した後は北澤美術館へ行きました。エミール・ガレと東山魁夷の作品を鑑賞したのち皆で美味しいランチを食べてガラスの里でお土産を購入して帰りました。

美しい景色や芸術に触れ、美味しい食事をいただきとても充実した心洗われる研修旅行となりました。企画から実行まで皆で協力しあったからこそ豊かな旅になったのだと思います。そしてまたこの養われた元気を発揮して仕事に励んで参ります。

スタッフブログ(59)竹部
 

足首の捻挫(8)悪化予防
2010.10.25 [Mon] 08:00

 一旦捻挫を起こしてしまったら、その後どう過ごすかで捻挫が回復するか否かが決まります。その決め手は“杖”です。

「たかが捻挫ごときで杖を使うなんて!」とお思いでしょうが、その考えが捻挫を長引かせる最大の原因です。捻挫直後からしばらくの間杖を使うと驚くほど痛みを軽減出来、回復を促すことが出来ます。

最近、介護用品の普及で杖を使う方が増えました。そのお陰で手軽に杖を購入することが出来るようになりました。デパートの介護用品売り場、ディスカウントショップはたまた100円ショップでも売っています。

さて、杖の使い方の基本は捻挫を起こした反対側の手で杖を持つと言うことです。杖の役割は痛めた足の補助です。捻挫を起こした足を前に出す時杖を持った手も前に出して足にかかる荷重を軽減します。そこで右足首の捻挫の場合は左手、左足首の捻挫の場合は右手で杖を持ちます。

吉祥寺センター小澤ブログ(59)小澤秀明
 

20分間の昼寝でリフレッシュ
2010.10.23 [Sat] 08:00


 休憩時間を生かして効率的に疲れを取りリフレッシュしたいというサラリーマンやOLの間で昼寝グッズやホテルでの仮眠サービスが好評だという。
 
昼寝グッズではマッサージ機能付きのクッションや、机の上にうつ伏せで寝る時の枕代わりになったり、腰や足のフットレストにもなる使い勝手の良いクッションが人気を集めている。
 
また、都内4つのホテルで客室の時間貸しを始めている。昼寝は体にとっていい習慣である。食事をするとエネルギーが高まり血流が各臓器に周ってくる。
その時に運動もしないでそのまま仕事をしていると血流が悪くなり臓器の周りに集中してくる。
 
しかし、昼寝をすると体がリラックスし体全体に血が巡ってくる。
通常昼寝は20分程度が一番良いとされている。30分以上寝ると逆に疲労してしまう。私も毎日昼寝を20分している。そのため内臓の調子が良くなり午後からの仕事も活発に行える。
 
昼寝は素晴らしいと思う。幼稚園や保育園だけでなく小学校や中学校でも行うべきである。そうすればもっと健康的な成長期を迎えることが出来るであろう。体に良いとされていることは積極的に取り入れていくべきではないだろうか。
参考資料:日本経済新聞 より
 
健康コラム
 

研修旅行
2010.10.20 [Wed] 08:00

 こんにちは。新宿センターの石原です。
今回は10月10、11日の連休を利用して行われた研修旅行についてお話しさせて頂きます。
今回、初めて研修旅行に参加する私は当日をとても楽しみにしていました。しかし当日はあいにくの雨。。。 だったのですが、私たちの普段の行いが良いからでしょうか、長野県に入る頃には快晴になり、最高の研修旅行日和になりました。


途中、小諸城址である懐古園を観光。歴史が感じられ、ゆっくりした時間が流れていました。
そしてDrお勧めのお蕎麦屋さんへ。早く食べたいという気持ちが勝ち、お蕎麦の写真を撮り忘れてしまいました。。。


天気も良く、雲が手で届きそうな距離です。


ログハウスに到着しバーベキューです。火起こしはかなり大変です。
その夜にはDrからの貴重なお話もあり、一日目が終わりました。

今回の研修旅行を通して「一体感」というものの大切さを学びました。
このような機会を頂いたDr、お世話になっているスタッフの方々に感謝し、明日からまた頑張っていこうと思います。

スタッフブログ(58) 石原