NMN更新情報
2010.01.30 [Sat] 08:00

DrNakashima.com Plodact NMNが更新しましたのでお知らせします。
ナチュラルメディスンネットワーク更新情報


●【カラダ美人】眼輪筋のアイソメトリックス
(1) 眼輪筋のアイソメトリックス体操とは・・・

眼輪筋は眼の周りを輪状に覆っている筋肉です。その働きは上下のまぶたと閉じることです。また、目頭側では上下の筋肉が合わさり靭帯を形成して、涙がたまる袋状の器官涙嚢(るいのう)の前側を通り骨に付着しています。そのため眼輪筋が動くたびに涙嚢を押したり緩めたりすることで、スポイトのように眼にたまった涙を吸い取って、円滑な涙の循環を助けます。 ・・・(続きはこちら
http://www.nmnweb.net/exercise/iso25.html

●【BOOKS】Dr.中島お薦めの本
「新版 万病を治す冷えとり健康法」
http://www.nmnweb.net/books/index.html#osusume

事務局からのお知らせ(26)
 

当センター更新情報
2010.01.29 [Fri] 15:52

当センターのホームページが更新しましたのでお知らせします。
中島カイロプラクティックセンター更新情報


●【自然医療】Dr.中島 回想録
アメリカ編56 〜Dr. Roy Barnesとの出会い(1)〜

大学も今学期を残すのみとなり、卒業予定者は就職やインターン先を求めて活動しだした。私は卒業後、アメリカ本土の最東北部にあるメイン州に行く予定にしていたが、友達の話では1年の半分以上が冬であるというのを聞いて寒さに弱い私にとっては苦痛と思い、急遽ニューメキシコ州アルバカーキ市でインターンすることを決めた。そのため時間が空いたので、Dr.V.L.HagenといっしょにSOT(Sacro Occiptal Technique)の本部があるネブラスカ州オマハで開催されている・・・(続きはこちら
http://www.drnakashima.com/rinen/nakashima.html

●【治療内容】更年期障害のためのカイロプラクティック
http://www.drnakashima.com/naiyo/konenki.html

●【Web健康百選】体験談〜「元気が湧いてきた」〜
http://www.drnakashima.com/kenko/taiken1001.html

事務局からのお知らせ(25)
 

ストレッチング(2) 種類
2010.01.27 [Wed] 08:00


 今回は1回目に紹介したストレッチングの種類について簡単に紹介していきたいと思います。

●静的ストレッチング
反動や弾みつけずに、筋肉を自己の限界付近まで伸ばしていき、その状態を維持するストレッチング。現在、一般的に「ストレッチング」とはこの方法を指しています。「NMN」で紹介しているストレッチングはこれになります。
運動後のクーリングダウンに適しています。逆にやり過ぎてしまうと運動前に行うと運動効果や競技パフォーマンスが低下する可能性があります。

●動的ストレッチング
動的ストレッチングは2つに分かれます。
○ダイナミックストレッチング
動きの中で行うストレッチング。
手足を様々な方向に動かすことにより、関節可動域を拡大させ、動作を円滑にしてくれます。運動前のウォーミングアップ に適しています。
ラジオ体操はこれに当てはまります。
○バリスティックストレッチング
反動をつけ、弾むように行ストレッチング。
最初から大きく反動をつけて行ってしまうと筋肉傷めてしまう可能性があるので最初のうちは小さい反動から初め徐々に  大きくしていきましょう。
適切に行えば動きの中での関節可動域を広げることができます。

これ以外にもPNFストレッチやカウンターストレッチなど様々なストレッチングがありますがかなり専門的になりますのでここでは諸略したいと思います。

簡単に分けると以上のようにストレッチングは分類されます。
そのときの場面に合わせてストレッチングを上手く使い分けて行ってみてください。

参考文献:ストレングス&コンディショニング〈1〉理論編 (単行本)
NSCAジャパン (編集)

スタッフブログ(20) 古屋
 

NMN更新情報
2010.01.26 [Tue] 08:00

DrNakashima.com Plodact NMNが更新しましたのでお知らせします。
ナチュラルメディスンネットワーク更新情報

●【気になる食材】ゼラチン
〜美容以外にも効果有り〜
ゼラチンとは・・・
起源である古代エジプトではゼラチンを天然物が原料の接着剤、ニカワ(膠)として使われていました。このニカワは化学接着剤が発明されるまで幅広く利用されていました。
1700年頃よりヨーロッパで工業的生産が開始され、その後1800年頃から純度の高い食用ゼラチンが生産されるようになりました。日本には推古天皇の時代にやはりニカワとして中国から伝えられたとされています。・・・(続きはこちら
http://www.nmnweb.net/shokuzai/zerachin.html

●【ヒポクラテスの癒す力】(49)病は風の変化によって起こる
http://www.nmnweb.net/hipo/hipo49.html

●【健康食生活】血液型別おいしい健康レシピB型〜恵方巻き〜
http://www.nmnweb.net/shoku/recipi59.html

事務局からのお知らせ(24)
 

ホントに高血圧?(4)血圧に関わるありふれたやり取り
2010.01.25 [Mon] 08:00



 血圧が気がかりな年齢になると、病院で以下のようなやり取りが行われることがあります。普段の血圧130/85の方がある日の診察時に140/90になって、医師に「血圧が高いですね。」と言われます。それ以後この方は血圧のことが気になり始めます。

次の来院の際、血圧のことが気がかりな心理状態で血圧計測をすると、再び血圧値が高く出ることがあります。医師は「血圧が高くなってきましたので、血圧を下げるお薬をお出しします。」と言います。

血圧は環境の影響を受けやすい非常にデリケートなお体のサインです。例えばいつもなら20,30分待合室で待ってから診察していたのに、たまたま来院してすぐ診察室に通されて血圧計測したとします。この状態では誰でも血圧は高くなります。

吉祥寺センター小澤ブログ(21)小澤秀明