女性にしかわからない苦痛・生理痛(6)運動療法
2009.12.28 [Mon] 08:00

 
 機能性月経困難症すなわち子宮の筋肉痛を和らげるための運動療法は子宮のストレッチとポンプ運動です。この運動療法を行うと子宮の血行が良くなり、子宮に蓄積した痛み物質を取り除くことが出来ます。

一般的な内臓は膜組織で緩く連結しているだけですが、子宮は直接靭帯という強い繊維で骨格(骨盤)に連結されています。そこで骨盤を動かすと子宮のストレッチと筋肉のポンプ運動を行うことが出来ます。

先ず、四つんばい姿勢になります。肘を曲げずに伸ばしたまま、ゆっくり骨盤を左右に振ります。これを10往復朝晩、排卵日から月経終了まで毎日行います。

持病のように考えられがちな月経痛ですが、諦めずここでご紹介したことを数ヶ月続けてみてください。

吉祥寺センター小澤ブログ(17)小澤秀明
 

温泉事故を防ぐ
2009.12.24 [Thu] 08:00


 本格的な冬になり、冷たい風が体に突き刺さるように感じると行きたくなるのが温泉である。
忙しい中、時間をやりくりして強行日程で行く温泉旅行には思いもよらぬ事故や危険がひそんでいる。
温泉は様々な効能があり、実際、治療に効果を発揮する。2泊ほど旅館でくつろぎながら温泉を楽しめれば、気分もリフレッシュして健康によい。しかし危険も潜む。
 
60才以上の場合、42度以上の高温浴は良くない。血小板が活性化し血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞につながりかねない。
 
また温泉に加え美味しい料理やお酒も旅行のだいごみだが、実は危険が潜んでいる。
お酒と入浴はどちらも血管拡張と利尿の作用がある。血管拡張により血圧が下がり、利尿で血液が濃縮すると脳の血流が下がり血液が固まりやすくなってしまう。
お酒と温泉、同時に楽しむのは非常に危険だと医療者が指摘している。
 
また到着してすぐの風呂は脱水症状の危険がある。それに、朝風呂は覚醒していない体に負担をかけるので起きて1時間くらいはおいて入りたい。
 
推計ではあるが、交通事故の死者より家庭での入浴を含めた入浴時の事故死者の方が年間で圧倒的に多い。こういった危険を良く知った上で温泉を楽しみ、体も心も癒されてほしい。
参考資料:産経新聞 より

健康コラム
 

吉祥寺症例ホーコク 3日目
2009.12.23 [Wed] 08:00

 
 こんにちは。吉祥寺センター勤務の久保田です。
今回は急性腰痛(ぎっくり腰)について紹介してみようかと思います。

ぎっくり腰の多くは、ほんのちょっとしたきっかけで突然起こります。
引き金となる動作には重いものを持ったり、かがんだり、腰をねじるなど
いくつかのきっかけがありますが、特にきっかけもなく起こることもあります。
くしゃみやせきをした拍子に起こることもあります。

ぎっくり腰が起こる原因はその人が持つもともとの背骨の特徴にあります。
日常の動作では圧倒的に前かがみになる労働が多く、この労働の積み重ねが腰部の筋肉が緊張しやすい姿勢を見事に作り上げてしまいます。背骨の形状は遺伝的素因も関係します。この姿勢の特徴を変えない限りは筋緊張を起こしやすい姿勢をいつまでも持ち続けるので何度でもぎっくり腰を繰り返すことになります。
これが「ぎっくり腰はクセになる」と言われる所以です。
吉祥寺センターではそのもともとある身体に悪影響する原因を取り除くことを日々行っております。

スタッフブログ(16)久保田
 

女性にしかわからない苦痛・生理痛(5)栄養
2009.12.21 [Mon] 08:30

 月経痛を和らげる栄養補給の仕方はあるのでしょうか。機能性月経困難症の原因が主に子宮という筋肉の塊の筋肉痛であるからには通常の筋肉痛対策が少なからず有効です。

筋肉痛対策のための栄養補給の基本はプロティーン・タンパク質摂取です。排卵日から月経開始までプロティーン食品またはアミノ酸食品を摂取します。もしこれらサプリメントに抵抗があるようでしたら、タンパク質の多い食品を積極的に摂るようにしてください。ただし肉類は子宮収縮の原因であるプロスタグランディンの産生促進をしてしまいますので、大豆など植物性タンパク質をおすすめします。

そして筋肉痛を起こした子宮内の乳酸を減少するためにクエン酸を多く含む食品を食べると良いでしょう。クエン酸を多く含む食品は梅干と柑橘類です。

また、この時期に塩分を過剰に摂取すると子宮が水分を溜め込んで固くなり、月経痛を増大しますので出来るだけ塩分を控えめにすることも重要です。

吉祥寺センター小澤ブログ(16)小澤秀明
 

年末・年始休診のお知らせ
2009.12.19 [Sat] 08:00



●診療時間について

新宿臨床センター12月29日、吉祥寺センター12月30日から
1月3日まで休診とさせていただきます。

新年は、1月4日(月)より平常通り診療いたします。


●年末・年始のWebカルテのご予約について

ホームページでのカルテのご記入・ご予約はいつでもご利用いただけますが下記日程につきましては制限がございますのでご注意下さい。

・12月29日(吉祥寺センター)・1月4日5日<初診予約>ご希望の方
12月28日18時までにお申し込み下さい。
18時以降のお申し込みはご希望に添えない場合があります。

なお、それに伴いご予約確定のご連絡も遅れる場合がございます。

●カウンセリング及びお問合せについて

年末・年始の期間中カウンセリング及びお問合せの回答はお休みいたします。
1月4日以降、順次回答させて頂きますので今しばらくお待ち下さい。

●ホームケア商品の発送業務について

年末・年始の期間中ホームケア商品の発送業務はお休みいたします。
1月4日以降、順次業務を開始いたしますので今しばらくお待ち下さい。


ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承の程よろしくお願いいたします。

事務局からのお知らせ(18)