最近多い男性の骨粗しょう症
2005.07.27 [Wed] 14:31

 骨粗しょう症は更年期以降の女性の代名詞のように言われていたが、最近高齢男性の30%が骨粗しょう症で悩んでいることが分かった。その比率は高齢女性の2倍であるといわれている。

アメリカの医学誌によると、「男性の骨は通常、生まれつき女性に比べて丈夫であるとされ、それに対して女性は閉経により骨量が減少する。」と報じている。

骨粗しょう症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化であり、全身性の骨の病気である。原因としては、低体重、運動不足、ステロイドや抗けいれん薬の過剰投与、長期の安静や固定、喫煙、アルコール過剰摂取、偏食、ビタミンD、Kやカルシウムの不足などが挙げられる。骨粗しょう症は男性では50歳代から起きてくると言われているのに対し、女性は40歳代から発生し、特に閉経を境にその比率は急増する。60歳代では33%、80歳代では60%を超える比率になる。

日本には約900万人の骨粗しょう症者がいるといわれ、長寿社会の悩みの種となっている。本症の症状としては円背、背部痛、腰痛などである。

骨粗しょう症に関連する病気として甲状腺機能亢進症、ネフローゼ症候群、更年期障害、大腿骨頸部骨折などが起こってくる。もちろん腰痛症や変形性脊椎症も多く関連する疾患である。
これらの疾患で最も恐ろしいものとして大腿骨頸部骨折があり、現在5万?7万件発生し、寝たきり老人の主な原因とされている。

骨粗しょう症の予防としては、次のことが考えられる。先ず1番目としてカルシウムとビタミンDの摂取。2番目として牛乳、乳製品、さかな、海藻類を中心とした食事。3番目として、適度な運動を行うこと。もちろん年令にもよるが、運動の種目は何でも良く、一日に60分程度、週に3,4日がベストである。また、夏は日陰で30分、冬は1時間程度の日光浴(特に顔や手にさせる)も予防に有効である。
今まで骨粗しょう症は女性の問題とされていたが、50歳以上の男性にとっても深刻な問題なので、普段から予防につとめ、健康な生活に役立てたいものである。

■関連サイト

・骨粗鬆症ってどんな病気?―財団法人 骨粗鬆症財団

健康コラム
 

湿気がからだにもたらす影響
2005.07.04 [Mon] 16:11

 季節の移り変わりは生活に変化をもたらす一方、人体にも影響をきたします。
梅雨に入るとからだの不調を訴える人が多く出てきます。「体のだるさ」「頭重感」「むくみ」など主な症状です。

湿気の最大の特徴は「重いこと」、人間は元々体内に湿をもった体質の人が体外の湿気に呼応して症状が誘発されることが多くあります。中国の言葉に「同気相求」というのがあり、意味は、“同類は自然に集まる”という事です。
外界の湿気が体内の水分代謝に大きく関わる臓器は脾臓です。脾臓は血液・リンパの調節や、飲食物から水分を摂取してからだ全体に及ぶ働きをします。この臓器が弱ると体内に余分な水分がたまってきます。この余分な水分がむくみ、体の重だるさ、倦怠感、下痢などの症状を起こします。

暑さのためにのどが渇いたといって、冷たいものを多く取りすぎると脾臓を痛める原因になります。
また脾臓は消化とも密接な関係をもっており、この時期での水分や生ものの取りすぎに注意し、もし水分を取るときは温かいものを取りましょう。食物としては温野菜なども効果的です。果物は体を冷やすのでなるべく少なくしましょう。
もし、温かい料理を取るとすればカレーライスなどの香辛料の効いたものが意外とこの時期にお勧めです。

健康コラム