生命を守る血液
2003.08.27 [Wed] 16:55

 血液は人間の体重の13分の1を占め、量にして4?6・あります。血液とは、動物の体内を循環する体液の一種で、脊椎動物では血球(赤血球・白血球・血小板)及び血漿(けっしょう)から成り立っています。

血液の役割は大きく分けて2つあり、1つは全身に酸素や栄養分を送り、全身から二酸化炭素や老廃物を運び出す事です。もう1つは人体の内外の敵から体を守る砦として働きます。

最近、血液がサラサラ、ドロドロといって、その流れ易さが健康のバロメータとして注目を集めています。

血液がサラサラである場合は、赤血球が全身を50?60秒のスピードでくまなく一周します。

血液がドロドロの状態とは、化学物質と添加物の塊のような加工食品や、ジャンクフードと呼ばれるものを食べる事によって、細胞成分のしなやかさが失われてしまい、互いにくっ付きやすくなっている状態で、その結果血液の循環が悪くなり、動脈硬化などの病気を作り出します。

動脈硬化の原因の代表的なものは、コレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)です。

コレステロールは血中での濃度が高まると、血管障害を起こしやすくしてしまいます。

中性脂肪は、動物の脂肪細胞の中に脂肪の貯蔵をするもので、皮下脂肪として蓄えられます。

このコレステロ?ルと中性脂肪などが血管の内膜下に沈着すると、高血圧、狭心症などの成人病を発症するもとになります。

その予防として、血液をサラサラににして、それを保つ必要があります。日々の食事で魚や野菜、梅干しや酢、黒豆、にんにくなどを食べるようにすると血液の流れがよくなります。そして、食べ過ぎや栄養の偏り、運動不足、ストレスは血液のドロドロ状態の原因となるので、これを避ける事が必要です。

食生活の見直しや適度な運動をして、喫煙やアルコールを控えれば血液はサラサラになります。

もう一度生活の見直しを。

健康コラム
 

生命を守る血液
2003.08.27 [Wed] 16:49

 血液は人間の体重の13分の1を占め、量にして4?6・あります。血液とは、動物の体内を循環する体液の一種で、脊椎動物では血球(赤血球・白血球・血小板)及び血漿(けっしょう)から成り立っています。

血液の役割は大きく分けて2つあり、1つは全身に酸素や栄養分を送り、全身から二酸化炭素や老廃物を運び出す事です。もう1つは人体の内外の敵から体を守る砦として働きます。

最近、血液がサラサラ、ドロドロといって、その流れ易さが健康のバロメータとして注目を集めています。

血液がサラサラである場合は、赤血球が全身を50?60秒のスピードでくまなく一周します。

血液がドロドロの状態とは、化学物質と添加物の塊のような加工食品や、ジャンクフードと呼ばれるものを食べる事によって、細胞成分のしなやかさが失われてしまい、互いにくっ付きやすくなっている状態で、その結果血液の循環が悪くなり、動脈硬化などの病気を作り出します。

動脈硬化の原因の代表的なものは、コレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)です。

コレステロールは血中での濃度が高まると、血管障害を起こしやすくしてしまいます。

中性脂肪は、動物の脂肪細胞の中に脂肪の貯蔵をするもので、皮下脂肪として蓄えられます。

このコレステロ?ルと中性脂肪などが血管の内膜下に沈着すると、高血圧、狭心症などの成人病を発症するもとになります。

その予防として、血液をサラサラににして、それを保つ必要があります。日々の食事で魚や野菜、梅干しや酢、黒豆、にんにくなどを食べるようにすると血液の流れがよくなります。そして、食べ過ぎや栄養の偏り、運動不足、ストレスは血液のドロドロ状態の原因となるので、これを避ける事が必要です。

食生活の見直しや適度な運動をして、喫煙やアルコールを控えれば血液はサラサラになります。

もう一度生活の見直しを。

健康コラム