疲れ眼・眼精疲労(14)対策(2)
2019.11.25 [Mon] 08:00

「眼精疲労」の多くの原因である極ありふれた視覚異常の矯正不良を眼科医に診てもらう良い点は、視覚異常以外に眼の疾患の有無を発見出来る事です。

まずは「白内障」です。白内障はいずれ誰でも罹る加齢現象による眼の疾患です。カメラで言えばレンズに相当する水晶体が混濁する事により発症します。視力検査で矯正しても十分な視力が得られない場合、白内障を疑います。その場合、スリットを通した光を当てて顕微鏡で水晶体を検査する細隙灯顕微鏡検査が行われます。

当座、混濁の度合いが低ければ、水晶体のタンパク質変性を抑える点眼薬による治療が行われます。そして何と言っても進行した白内障治療の決定打は眼内レンズに置換する手術です。

吉祥寺センター小澤ブログ(531)小澤秀明