Dr.中島の講話のお知らせ
2019.11.20 [Wed] 14:55

11月22日(金)、富山県小矢部市倫理法人会で講話をいたします。会場は小矢部市商工会館で午前6時からです。テーマは『自分の健康は自分で守る』です。近隣の方は是非おいでになってください。またとない機会ですので沢山のことを吸収していってください。
詳しくは下記をご参照ください。

 

健康観
2019.11.20 [Wed] 08:00

 健康は、古くは「病気ではない状態」ととらえられてきた。
健康を静的な「状態」としてとらえる立場から、動的なものとしてとらえる立場が表
れてきた。その一つの表れが「過程としての健康」である。
“健康”と“健康破綻”は連続体であるとされ、
リスクファクターではなく健康生成要因に着眼する視点が、
医療社会学者のアントノフスキーによって生み出された。
 この「健康生成」と呼ばれる考えは、病気と健康のパラダイムは異なるとする立
場、すなわち病気を予防・治療することと、健康を生成することは異なるという革新的な
立場を取っている。
 「状態」としての健康が客観的な病気ではない状態であれば、
過程としての健康は固有で多様なものとなる。
病気を予防・治療することと健康をつくることは異なるとの発想に加え、
健康生成で興味深いことは、健康生成力と表される Sense of Coherence(SOC)が、
「環境や周囲の人々との関係性を不可分にもった」「拡大された自己概念」「人間の
体の内外は明確にしていない」と表されていることである。

参考文献
・Henje Blom EC, et,al(2010 Jun 10) Health Qual Life Outcomes10;8:58
・Karancan E,et al.(2014 Apr 27) J Pediatr Adolesc Gynecol(2)72-7
・Braun-Lewensohn O, et al,(2011 May 24) Anxiety Stress Coping(3)327-41

スタッフブログ  石井(510)