青い宝石
2019.09.11 [Wed] 08:00


夏休みに爬虫類展へ行ってきて、とても綺麗なカエルを見ました。
コバルトヤドクガエルです。名前の由来は、
昔、吹き矢の矢に毒を塗って動物を倒していたことから、ヤドクガエルとなったそうです。
見た目は、とても鮮やかで美しいですが、これは警告色で、外敵に自分は毒を持っていることを知らせる役割りがあります。
毒は、アルカロイド系の神経毒を持ち、動物や人の命を奪うほどの猛毒です。
一方で、この神経毒が注目されており医学面での研究が行われているそうです。
この様に、自然界から得た知識が医学や科学に影響を与える事は、少なくないですね。


スタッフブログ (500)藤田