寒さによる頭痛
2019.01.30 [Wed] 08:00


最近、具合が悪い訳ではないのに頭痛がする日が増えました。
なぜだろうと思い調べてみたら、冷えや寒暖差が片頭痛や緊張性頭痛の原因になるケースがあるそうです。
凍えるほど寒かった日は、「熱いお湯で温まりたい!」と思う方が多いかもしれませんが、実は冷え対策には、熱すぎない38〜40℃ぐらいのお湯にゆっくり入るほうが効果的なのだそうです。熱いお湯では短時間しか入れないため、芯まで温まりません。時間をかけてつかることで、体を芯からじっくり温めることができます。
全身浴で10分以上、半身浴なら20分以上を目安に入浴しましょう。
入浴すると血行が促され、疲れや痛みの原因となる物質が代謝されるので、肩こりや腰痛、生理痛をやわらげる効果もあります。
「そういえば寒い日や天気が悪い日に頭痛がする」という方は、湯船にじっくりつかる習慣を身につけて、気になる不調を改善したいですね。

スタッフブログ(468)山中