ケニアの旅を終えて
2018.01.09 [Tue] 15:41


 6日夜、ケニアから帰国した。昨年12月30日成田を発ってドバイ経由でケニアの首都ナイロビのジョモ・ケニアッタ国際空港に到着した。そこから最初の目的地ナクルまで156km(3時間)かかり、日本から出発してなんと25時間も要した。到着した時はぐったりした。




今回はナクリ湖国立公園、マサイマラ国立公園、そして、アンボセリ国立公園にいる動物の生態を見た。動物は生きていくために必死になって生活をしている。人間は思考が強く働くため様々なことを考え行動する。それが時とし争ったり、騙したり、危害を加えたりする原因となる。




以前南アフリカ4か国を旅したが、今回見ることができる動物とは違っていた。このケニアには中々見られない動物がいっぱいいる。特にビックファイブ(ライオン、ヒョウ、バッファロー、サイ、象)はケニアでないと見ることができないと聞いていたので、期待があった、案の定全部見ることができ満足であった。やはり野生の動物の生態は凄いの一言である。
詳しくは、当センターホームページNMN「世界探訪」に記載するのでご期待ください。