黒眼が変!翼状片(7)治療
2017.10.16 [Mon] 08:00

「翼状片」の治療の決定打は手術です。「翼状片」に伴う眼の充血予防の為の点眼薬などもありますが、「翼状片」自体を小さくする事は出来ません。

一般的に「翼状片」は手術で切除しても再発する事が多い疾患です。そしてサイズが大きい程、発症年齢が若い程再発し易い傾向があります。

従って若い方は小さい内は観察して、高齢の方は小さくても状況により早目に手術で切除する事が勧められます。

また、「翼状片」が大きく角膜上に増殖すると角膜を歪めてしまい、切除後も乱視が回復しない場合もあります。その意味で手術をする時期の決定は難しいと言えます。

吉祥寺センター小澤ブログ(421)小澤秀明