人体最大?の弱点アキレス腱(22)治療(9)
2014.05.19 [Mon] 08:00

アキレス腱断裂の「保存治療」に於ける運動療法には幾つかの注意点があります。その理由は一言「再断裂防止」です。

まず何より重要なのはアキレス腱に急激な力を加えない事です。特に断裂したアキレス腱が繋がるために良くない急激な力は、足首が背屈する動きです。歩行では患側の足を後ろにした時です。

また運動療法の際、患部の痛みに従って決して無理をしない事です。痛みは炎症の発生を意味し、再断裂の危険信号です。断裂部の結合が進むに従って徐々に痛みが起こらなくなります。

運動療法開始前に患部をウォームアップすると痛みが起きづらく、再断裂防止効果が上がります。ウォームアップは徐々に負荷を増して筋肉と腱の温度を上げるのが原則ですが、蒸しタオルやホッカイロなどで筋肉と腱を温めて、更にマッサージをしてから運動療法をすると良いです。

吉祥寺センター小澤ブログ(245)小澤秀明