人体最大?の弱点アキレス腱(21)治療(8)
2014.05.12 [Mon] 08:00

アキレス腱断裂に於けるギプスを使わない「保存治療」の利点は治療の初期段階から固定装具を取り外し可能な点です。固定装具を取り外した際、下肢へのマッサージが可能となり、浮腫み防止が出来ます。また下肢全体のマッサージは断裂部周辺の血液循環を良くし、回復を促します。

また、「手術治療」などによるギプス固定だとギプスを装着している間はシャワーや入浴が出来ませんが、着脱可能な固定装具だと早い段階からシャワーや入浴が可能です。シャワーや入浴は患部の新陳代謝を促します。それは血液循環の改善、すなわち回復を意味します。

そして何よりシャワーや入浴は固定による皮膚の痒みなど不快な症状を解放し、治療に伴うストレスを軽減してくれます。これも副次的には治療の環境改善につながります。

吉祥寺センター小澤ブログ(244)小澤秀明