山陰・山陽の旅C 四季の美と日本画の魅力を堪能
2019.05.14 [Tue] 10:36

3日目、玉造温泉を出発して島根県安来市にある足立美術館を訪れた。横山大観をはじめとする近代から現代の日本画の名作や陶芸、童画などを所蔵する美術館と枯山水庭、白砂青松庭、苔庭、池庭など、50,000坪の広大な日本庭園は四季折々の美しい佇まいを見せ心行くまで堪能した。


この美術館は、地元安来出身の実業家、足立全康氏によって開館された。名園と魅力ある日本画をW美の感動”として接してもらいたいという深い願いを込めて創設されたといわれている。特に、日本画の巨匠横山大観の作品が数多く展示され、他の美術館では見られない作品を鑑賞できたことは素晴らしい。


私の患者さんの中にも日本画の有名な画家がおられるが、この美術館ほど数多く展示されているところがあるだろうか。また日本一の日本庭園をじっくり味わせてくれるところもない。


足立美術館を見学後、一路岡山駅に向かった。途中あられ混じりの大雨に見舞われたが、幸いなことにバスの中だったので助かった。私はどうも海外に行っても国内でも旅に行くときは雨に打たれたことがない。まさに、晴れ男である。

参考資料:足立美術館パンフレット 
 

山陰・山陽の旅B 国宝五城の一つ松江城
2019.05.10 [Fri] 10:29


出雲大社参拝後、日本のお城好きの私にとって一度は訪れたいと思っていた松江城に行った。
平成27年の7月8日、松江市のシンボル「松江城天守」が国宝に指定された。その松江市のシンボル「天守閣」に登城した。面積は姫路城に続く2番目、高さは姫路城、松本城に次いで3番目、そして古さでは5番目となるお城で、全国に現存する12天守のひとつ。そのうち、国宝はここを含め5城だけである。


松江城の見どころは、黒いボディがクールでカッコイイ四重五階の現存天守であり、城を囲む堀は、一部埋め立てられてしまっているが、外側の堀・内側の堀ともにほぼ完全な状態で残っている。水堀を進むと宍道湖へと繋がり水上交通も抜群の立地に築かれていた。因みに、松江城が築かれたのは関ヶ原の戦いが終わり、江戸幕府が開かれたのちのことである。
松江城見学後、玉造温泉に宿泊した。

参考資料:松江城パンフレット クラブツーリズム

 

山陰・山陽の旅A 出雲神話のゆかりの地
2019.05.08 [Wed] 14:53

5日早朝、ホテルを出発して、2日目の訪問地出雲大社に約2時間半位かけて向った。
お昼前、出雲大社に到着した。早速、古より伝わる4つの鳥居をくぐって御仮殿(拝殿)に向かった。先ず、松並木の参道を渡り手水舎でお清めしてから御仮殿(拝殿)に行き、参拝後後、本殿へ「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」が祀られていたところです。ここでは、地面にあるピンク色の3つの丸い跡があつた。ここは、昔高さ48mの場所に神殿が作られたときの柱の痕跡であるとガイドさんが教えてくれた。
出雲大社のおまいりは「2礼、4拍手、1礼」で他の神社と違うのが特徴である。


出雲大社ご本殿裏にある「素鵞社(そがのやしろ)」には、大国主大神様の親神 スサノオノミコトが祀られている。素鵞社は、出雲大社の隠れパワースポット!素鵞社の砂を家の四隅の置いておけば、家を守ってくれるとも言われている。
素鵞社の裏には八雲山が見られ、ここから強いパワーを感じられた。それもそのはず、この山自体がご神体となっているという。私は敏感なので強い霊気を感じられた。


次に、神楽殿(かぐらでん)に向かった。ここにある“大しめなわ”は1本の太さを比べても、両手一杯に広げても有り余るほどの大きさだといわれている。日本一の太さのしめなわである。驚いたのは、このしめなわは、島根県飯南町の頓原村で、十数名のおじいちゃんおばあちゃん達が手作りで作ったものだとガイドさんが説明してくれた。この神楽殿でお祓いをしてもらってから本殿の中を見せてもらった。
出雲大社の神様は、神話「因幡の白兎」でサメに襲われたウサギに傷を治す方法を教えたことから優しさと癒しの神様といわれている。また、出雲大社の神様は、あらゆる「ムスビ」の神様なので、男女の縁、子宝の縁、仕事やお金の縁など、さまざまな縁を結んでくれるあらゆる「ムスビ」の神様である。この大社の「だいこくさま」のお力をあやかりたいものである。

参考資料:LINEトラベル クラブツーリズム





 

山陰・山陽の旅@ 平安時代を彷彿させる安芸の宮島
2019.05.07 [Tue] 19:37


ゴールデンウィークの後半の4日から6日、2泊3日で安芸の宮島と、出雲大社、松江城、足立美術館を旅した。

4日早朝、東京駅から新幹線のぞみで第一日目の訪問地広島に午後1時過ぎに到着した。バスで宮島行きフェリー口まで行き、そこから対岸の宮島口までフェリーで渡った。





宮島は日本三景(松島・天橋立)の一つで、世界文化遺産に指定された「嚴島神社」がある。大鳥居は高さ16m、棟の長さ24mあり、主柱(おもばしら)は社殿から見て左側が香川県の楠木、右側は宮崎県の楠木だそうである。この大鳥居は、海面は「嚴島神社」、社殿面は「伊都岐島神社」と書かれてあった。





大鳥居の後、「嚴島神社」を見学した。この神社は海を敷地とした大胆で独創的な配置構成で、平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美として知られるだけあって立派なものだと感心した。私が訪れたときは干潮で海水がなく、大鳥居まで歩いて行くことができ、くぐり抜けまでしてきた。特に、朱塗りの廻廊はで結ばれた社殿は、潮が満ちてくるとあたかも海に浮かんでいるような不思議な建築美を見せてくれるようだ。残念ながらその状況は見られなかった。


 

目黒雅叙園での講話
2019.04.22 [Mon] 12:51


4月16日(火)、目黒倫理法人会に出講してきた。日本一の会場 目黒雅叙園で行われるセミナー
は有名で多くの方が参加される。
今回のテーマは『逆からの発想法』と題して約40分話させていただいた。倫理法人会は若い経営者の方が多いので、私のお話しすることが参加者のお役に立てば幸せである。
私のプロフィールから始まって倫理との出会い、入会の動機などを簡単に説明して、本題に入った。


事業を成功させるためには、目的(企画)と目標(計画)の明確化が必要である。必ず会社を立ち上げるときは、5年や10年の計画を立てて現在から未来に向けて的確な方法を考えないといけない、そのためには仮説検証法が重要である。目的は自分のあるべき姿″を描くことである。そこに意思と自信を入れることである。
参加された人たちは、初めて聞く話のせいかとても熱心に聞いておられた。セミナー後の朝食会はすごく盛り上がった。