教育セミナーを受講して
2014.05.26 [Mon] 18:00


25日(日)、日本統合医療学会の教育セミナーが昭和大学医学部入院棟・臨床教室で開催された。今回のテーマは「統合医療の総論と総合討論」で、7人の講師陣で行われた。




午前の部は、東京大学大学院薬学部特任教授の津谷喜一郎氏が「日本の統合医療の課題」、帯津三敬塾クリニック理事長の坂村論子氏が「一臨床医の視点から」、東北大学名誉教授・の本統合医療学会理事長の仁田新一氏が「統合医療の今後の課題について」を講演された。その後、3人の先生方と受講者の総合討論がなされた.

午後の部は、まだらめクリニックが「自律神経免疫治療による線維筋痛症の治療効果」、石川島記念病院整形外科の千葉直樹氏が「緩和ケアとアロマセラピー」ほか2名の先生の講演と受講者の総合討論がなされた。私も各講師陣に分からないところや疑問点について質問をさせてもらった。



日本における統合医療の現状と問題点を抽出し、統合医療分野における科学的根拠を真剣に考え講義と討論を行い、今後の統合医療の研究課題にしようというもので、講師も受講者の私達も日常の臨床に関わるので熱気のある討論がなされた。



私自身も、難しい患者さんや慢性の患者さんのために日々研鑚に励み治療力のアップに努めたいと強く思っている。
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存