モロッコとチュニジアの旅を終えて
2020.01.06 [Mon] 20:01


幻想のモロッコと魅惑のチュニジア旅行を終えて1月6日に帰国した。以前よりモロッコに行ってみたいと思っていただけに今回それが実現したことは、私にとっては幸運であった。
モロッコ王国は想像していたより昔からの歴史的建造物が多く、近代的建物が少なかった。
貧富の差が激しく、金持ちは立派な家に住み下流階級は家に住めないような状況であった。


チュニジアは、革命後カルタゴ遺跡はしっかり残っていたが、バルトー博物館は、昔の建物はすっかりなくなり、今は近代的な建物にモザイクやタイルが展示されていた。しかし、モザイクの所々が破壊されて白く塗られていた箇所が見られた。また、ある場所は、当時の銃弾の跡がくっきり残っていた。しかしチュニジアは私が訪れた2012年以後急激な成長を遂げ、益々近代化されていたのには驚いた。
詳しくは、世界探訪NMNで詳しく報告します。 
 
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存