ハロウィンの由来
2019.10.09 [Wed] 08:00


ハロウィンのもともとの由来はヨーロッパ、アイルランドやスコットランドなどの古代ケルト人の秋の収穫感謝祭にあります。ケルト人というのは紀元前のヨーロッパに住んでいたケルト語を話す民族のことです。
昔のケルト人の一年は10月31日で終わり、つまり10月31日はケルト人にとって大晦日でした。この日には新たに一年を始める日の前日、大地の恵みに感謝する日、死者が家族の元に帰ってくる日、という様々な意味が込められていました。
しかし死者だけでなく悪霊や魔女も同時に現れ、これが作物を荒らすと思われており、この悪霊や魔女を追い払うという意味が込められておりました。
ここに、現在のハロウィンにもある「仮装」の起源があります。悪霊や魔女が現世にやってきてあの世に連れて行こうとするので、悪霊や魔女と同じ格好をして仲間と思わせるためにお化けの格好をしたのだとか、あるいはいろいろな格好をすることで悪霊や魔女を驚かせて退散させる意味があったのだとか。
このように、ハロウィンに仮装する理由は色々と説がありますが、いずれも元々は「魔除け」の意味合いから仮装する風習が受け継がれていったのです。

スタッフブログ(504) 山中
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存