低血糖症A
2019.08.14 [Wed] 08:00



低血糖の状態になると脳がエネルギー不足となり思うように活動できなくなる為に頭がボーッとしてきて、気力もなくなってきます。
そこで脳は低血糖の状態から脱しようと、アドレナリンというホルモンの分泌を促し体内に蓄積されている糖分を血液中に出して正常な血糖値にするよう指令を出します。

このとき分泌されるアドレナリンというホルモンは別名「攻撃ホルモン」とも呼ばれ、気分が高揚しときに攻撃的になってしまうという特徴があります。
あなたもお腹が空いたときに、イライラしたり怒りっぽくなることはないでしょうか。
あれは血液中の糖分が足りなくなり、アドレナリンが働き始めた証拠なのです。

低血糖症の場合、この状態が長く続くことになるので、精神的にも肉体的にも最悪の状態といえるでしょう。


スタッフブログ(496)大山
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存