冷房病
2019.07.10 [Wed] 08:00


人間が急激な温度変化に対応できるのは5℃以内といわれています。私たちの体は、夏になると体内での発熱を抑制し、さらに熱を逃がしやすい体質に変化します。毛細血管を広げ放熱しやすくし、汗をかいて体温を下げようとします。しかし、その夏の体質のため、冷房の効いた室内にいても体内の熱が逃げすぎて冷えたり、外出先との激しい温度差によって自律神経のバランスが崩れたりしてしまいます。

自律神経は体温調節や発汗などのコントロールをしていますので、バランスが崩れると「冷え」に対しての抵抗力が弱くなってしまいます。足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など、「冷え」によって起こる様々な症状が冷房病と言われるものです。

予防法として、まず外気との温度差を5℃以内にするよう心がけましょう。室温設定は27〜28℃が理想です。オフィスなどの冷房の効いた場所では、ひざ掛けやカーディガン、大きめのスカーフを一枚用意するなど、冷気を直接肌に当てないようにすると良いでしょう。
また、毎日の入浴習慣も大切です。夏はついついシャワーだけで済ませてしまいがちですが、お湯につかることで身体を温め、冷えて滞った血行を回復させましょう。特に、全身の血行をよくする半身浴や足湯が効果的です。

さらに、暑いときこそ栄養のある温かいものを食べると良いです。冷えた体を内側から温め、夏バテ予防にもつながります。

自分自身の生活スタイルに合った予防法を実践し、快適な夏を過ごしましょう。

スタッフブログ(491) 山中
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存