低血糖症@
2019.06.19 [Wed] 14:41


お菓子や炭酸飲料などの摂り過ぎによって引き起こされる血糖値の異常、それが低血糖症です。
血液中の糖分濃度(=血糖値)が正常の範囲を超えて下がる為、身体は常にエネルギー不足の状態に陥ってしまいます。
この影響を最も受けるのが、「脳」です。
脳は、血液中のブドウ糖を唯一のエネルギー源に活動する器官で、血糖値が下がった状態のままでは正常に働くことが出来ず、頭がボーッとし、集中力がなくなり、無気力になっていきます。
菓子類に含まれる糖分は身体へ吸収されるのが速い為、急激に血糖値が上昇します。
危険を感じた身体は、血糖値を平常範囲へ戻そうと膵臓からインスリンを分泌し、血糖値を急激に下げていきます。
菓子類を多く摂る生活が長く続くと、膵臓が疲れてうまく機能しなくなり、必要がなくてもインスリンを分泌し続けたり、少しお菓子を食べただけで過剰に反応し、必要量以上のインスリンを分泌するなどして、常に血糖値が下がり過ぎた状態が続くことになります。これが低血糖症です。

スタッフブログ(488) 大山
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存