カレーの効能
2019.06.05 [Wed] 08:00


 
カレーの効能

「なかなか疲れが取れない」「体がだるい」という時は腎(主に腎臓+副腎)が弱っているかもしれない。腎臓には、体の老廃物の排出や血圧のコントロールなど、全身の健康を司るさまざまな機能があり、働きが衰えると、疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなるなどの不調が起こりやすくなる。

身近な食材の一つカレー粉には多くのスパイスが使われていて、病気や老化の予防・改善に役立つ。カレー粉に含まれるフェネグリークは、糖尿病やメタボリック・シンドロームの予防・改善にも使われるスパイスで、脂肪代謝を促す。ウコンも体内の代謝を適切にし、尿疾患にも有効。コリアンダーやカルダモンは、排尿を正常にする働きがある。

暑い夏を乗り切るのに、カレーはお勧めだ。

スタッフブログ(486)西田
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存