眼が見えない!網膜色素変性症(8)検査
2019.05.27 [Mon] 08:00

(3)暗順応検査
私達の眼は明るい環境から暗い環境に変わる際桿体細胞の働きにより暗さに慣れて来ます。これを「暗順応」と言います。又、それとは反対に暗い環境から明るい環境に変わる際に明るさに慣れて来るのを「明順応」と言います。

正常であっても「明順応」が1分以内であるのに対して、「暗順応」は30分以上かかってしまいます。

「網膜色素変性症」は桿体細胞に異常を来して暗部での視覚が衰える病気です。

暗順応検査は暗順応計を用いて、自覚的にどれ位の暗さの光を認識出来るか時間経過と共に調べる検査です。

吉祥寺センター小澤ブログ(505)小澤秀明
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存