角膜の歪み・乱視(5)治療
2019.03.11 [Mon] 08:00

一般的に「乱視」治療は眼鏡とコンタクトレンズによって行なわれます。

「乱視」の多くを占める「正乱視」に対しては円柱レンズの眼鏡とコンタクトレンズで矯正が可能です。

感染症や外傷により角膜表面が不規則に歪んで起こる「不正乱視」に対しては角膜に密着して矯正する必要がある為、ハードコンタクトレンズでの矯正となります。

いずれも事前の詳しい検査の結果に従って適応するレンズを選択する事が重要です。

吉祥寺センター小澤ブログ(494)小澤秀明
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存