11/30(水) 「アイランド」の画像

2005年11月30日(水) 23時26分
今日は

先日見た「アイランド」の画像をアップしたいと思います。

http://www.sbc-fujisawa.com/blog/blog.cgi?page=1&n=270

監督・製作は「マイケル・ベイ」氏で

過去の有名な作品は

・バットボーイズ(1995)
・ザ・ロック(1996)
・アルマゲドン(1998)
・パール・ハーバー(2001)
・バットボーイズ2(2003)

等です。

P.S.パール・ハーバーはいまいちだった気がします。

11/29(火) クローン人間 Part1

2005年11月29日(火) 21時59分
今日は

ユアン・マクレガー主演の「アイランド」という

映画を見ました。

「マイノリティ・リポート」や「アイ・ロボット」の

映画と同じように2019年を舞台にした近未来映画です。

クローン人間というと、最近は韓国のソウル大で

政府の全面的バックアップで世界初のクローンES細胞バンクが

設立され、3日間で1万以上が登録したと報道されましたが

現在過去の卵子提供で倫理的問題が浮上している。

映画の方は、自分の体の保険として、1体約5億円で

自分のクローンを作るというもので、その作られたクローン人間は

普通に隔離施設で生活するというものである。

2019年というと、今から14年後の設定になるが

現在、韓国を先駆けに「細胞バンク」を行っているのだから

非現実的な話として片付けるのは早計である。

次回に続く。

11/28(月) 耐震偽造 Part3

2005年11月28日(月) 22時52分
昨日は

「耐震偽造 Part2」についてコメントいただき

ありがとうございました。読んでみて深く考えさせられました。

掲載しますと

「一般家庭では、住まいは一生で一番大きな買い物であることが多いので
 選ぶのも購入するのも本当に悩んで決められるでしょう。
 それが改ざんされつくられたものだと見抜くことは不可能で、被害者の  方々は本当にお気の毒だと思います。
 命にかかわる事だし、諦めて簡単に捨てたり交換できる物ではなく、
 今も大きな不安を抱えて生活されてることでしょう。

 私は自分で選んで購入したんだから、全て「自己責任」・・とは
 言い切れないし、営業を休止しているホテルで働いていた人たちも
 この先どうなるのだろう?と気がかりです。
 かと言って、何が一番良い方法かもわかりません。

 資金面について言えば、責任の所在に関わらず、巨額の税金が当てられる となると、私たちに責任があるのか?個人の財産を補償するのか?
 とまた納得いかない感じが出てきてしまいますが、
 国に責任があるならその分は国が補償するのは当然か?とも思います。
 税金の使い道も私たち個人が直接決められるものではなく
 私たちが選んだ人たちが決めることですから。

 まず一刻も早く住んでる方々の安全が確保される事を祈ります。」

>仰る通りですね。

今日もニュースを見ると

さらに何件か偽造が発覚したようです。

ぼくは賃貸なのでいざとなったら引っ越しますが

最近、友達でもローンを組んで購入した人たちがいるので

少し心配しています。

今の様子ですと

なんとなくですが、芋づる式に「偽造」が

発覚するような気がします。

予感が当たらなければいいのですが・・・

11/27(日) 耐震偽造 Part2

2005年11月27日(日) 20時10分
今日 

ニュースを見ると、「ヒューザー」の社長が

耐震偽造のあった「コンアルマーディオ横濱鶴見」

と神奈川県藤沢市の「グランドステージ藤沢」を

106%で買取ると表明していた。

この前ブログで書いた「グランドステージ藤沢」が

買取りになっていたので少し驚いた。

買取り資金は、銀行からの借り入れで賄う予定のようですが

小島社長は、「国民の生命と財産が守られるように

確認検査業務の機能していない部分を、早急に対処してほしい」と

伊藤公介・元国土庁長官へ申し立てしているので、責任の所在を

国土交通省へ方向転換しているようにも思われる。

となると

国にも責任があるということで

資金源は、「国民の税金」より捻出する可能性が出てくる。

木村建設が「破産宣告」をしているように

「ヒューザー」も破産宣告をすれば、資産から

債権者や被害者に割り当てられるが、お金はほとんど

戻ってこないと考えるのが妥当である。

となると

被害者の方々は、国土交通省が指定した民間検査会社イーホームズ

や自治体へ対して、賠償金を国へ求めることになるが
(既にしていると思われるが・・・)

ここで一つ問題となるのは、「自己責任」である。

つまり、被害者にはお気の毒であるが、自分たちで選択し

自己責任において購入した物件である。

こういってしまうと厳しいように思われるが

「自己責任」ということで、国からの支払いを拒否するか

あるいは、国民の税金を何百億〜何千億円、被害者の方々へ

分配するか、皆さんはどう思われますか?

11/26(土) 小切開術

2005年11月26日(土) 19時54分
今日は

比較的、二重の手術が多い日でした。

埋没法が数件、切開法が一件あり

特に小切開法を行った患者さんは

かなり難易度の高い手術でした。

というのも

全体に渡ってかなりマブタが厚く

右目の皮膚が左目と比べて少し垂れ下がっているため

目を見た瞬間、「これはかなり難しい」と思ってしまいました。

正直、一回の手術でキレイな二重にする自信はなかったので

患者さんには、「微調整も含めて2回ぐらい手術の必要があるかもしれません」と説明して

手術を行いました。

モニターさんではないので公開はできませんが

今後の経過を見ていきたいと思います。

11/25(金) マンションの耐震偽造 Part1

2005年11月25日(金) 17時41分
最近

マンションの耐震偽造がニュースやテレビで

報道され、昨日も不動産会社「ヒューザー」の社長が

テレビで生出演していた。

倒壊の恐れのあるマンション等の二十一棟のうち

大半の建築主となった不動産会社三社が

「シノケン」、「サン中央ホーム」、「ヒューザー」である。

関与している姉歯設計事務所は

国土交通省による聴聞に対して、「鉄筋量を減らせ」と

「木村建設」、「ヒューザー」、「シノケン」に指示され

計算書を作り直したと述べている。

姉歯建築士も不動産会社に対して反論をしたみたいだが

「それなら、ほかの設計事務所に代える」と言われ

姉歯建築士は「仕事がないと生活に困るので応じた」

と述べている。

姉歯建築士の気持ちもわからなくもないが

かといって「構造計算書」を偽造してもいい道理はない。

物件を購入した方々にとっては、とんでもない話である。

実は

藤沢駅徒歩4分のところに

グランドステージ藤沢(神奈川県藤沢市)というマンションがある。

売主は「ヒューザー」

施工会社は「木村建設」なので、現在問題になっていると思われる。

次回に続く。

11/24(木) ハウルの動く城

2005年11月24日(木) 23時58分
今日は

巨匠宮崎駿氏の「ハウルの動く城」を鑑賞しました。

<リンク:http://www.sbc-fujisawa.com/blog/blog.cgi?page=1&n=264 >http://www.sbc-fujisawa.com/blog/blog.cgi?page=1&n=264

もともと、「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」も大好きで

今回の映画も楽しみしていました。

宮崎駿氏の作品は、あまりに深すぎて

たまに理解できない所もあるのですが

今回の「ハウルの動く城」はとても理解しやすい映画だったと思います。
(といっても子供には少し難しいと思いますが・・・)

映画に登場するキャラクターもかわいらしく、創造性あふれる

素晴らしい作品でした。

また久石譲氏の音楽も聞き入ってしまいました。

映画に込められたメッセージは

「誰かを深く愛すると、素晴らしいことが起きる」

だそうです。皆さんも是非見てみてください。

11/23(水) 目の下のくぼみ

2005年11月23日(水) 18時37分
今日は

目の下のくぼみに脂肪注入を行った。

患者さんは、舞台役者さんであり

お顔が仕事なのでかなりプレッシャーであった。

今日も手術をしながら、時折患者さんに鏡を見せて

リアルタイムでくぼみの状態をチェックしてもらった。

やはり、このやり方が一番確実である。

カウンセリング時に患者さんと

一緒にデザインし、同時にイメージを聞くのだが

どうしても口頭によるものなので、曖昧になってしまう。

患者さん自身も、くぼみに対してどれくらい脂肪を入れれば

適切なのか、実際やって見なければイメージがわからないというのが

本音だと思う。

という理由で

段階的に脂肪を入れ、実際に見てもらうことによって

患者さんにさらに脂肪を追加していくか

または部分的に脂肪を追加していくか

術中に相談しながら、決めていく。

このやり方であれば、患者さんの満足度も高いと思う。

11/22(火) フェザーリフト 画像あり!!

2005年11月22日(火) 13時19分
今日は

口内炎の話題を変えて

今月に手術を行ったフェザーリフトの

患者さんを紹介したいと思います。

写真はこちらへ
http://www.sbc-fujisawa.com/blog/blog.cgi?page=1&n=262

元々モニターさんではなかったのですが

「フェイスラインがとても引き上がった」と

喜んでいただいたので、ブログの公開を快く

承諾していただきました。有難うございます。

写真は、術後一週間なので

少しホホ(エラ)の部分が腫れていますが

術前と比べて、だいぶフェイスラインが引き上がったと思います。

糸は、ワプトス糸をフェイスラインに各2本(計4本)入れました。

術後一週間なので、今後多少の戻りはあると思いますが

逆に、ホホ(エラ)部分の腫れも引いて自然な感じになると思います。

ドクターによって見解が違うと思いますが

ぼくにとってフェザーリフトは難易度の高い手術だと考えています。

今後の経過をまたブログで公開したいと思います

11/21(月) 口内炎の画期的な治療法!?Part3

2005年11月20日(日) 23時37分
今日も「口内炎」について書きたいと思います。
(しつこいですかね・・・)

今日朝起きてみると

少しだけ口内炎の痛みが緩和したように感じたが

歯を磨くと、やはりまだ痛かった。

今日も朝からショックである。

さすがに頭にきたので

医師として、まじめに口内炎の治療法を考えてみた。

治療法としては

1.ステロイド軟膏の塗布

2.鉄分、ビタミンB群、ナイアシンの摂取(経口あるいは注射、点滴)

3.硝酸銀で患部を焼く(今ではほとんど行われていない)。

4.レーザーで患部を焼く。

その他

対症療法として、痛みを緩和させるために

5.患部を被覆材で覆う。

6.2%キシロカインゼリー(麻酔のゼリーです)を塗布。

などなど、いろいろと治療法があるわけですが

即効性を求めると、レーザーで患部を焼くしかないので

対症療法として、6番目の「麻酔ゼリーの塗布」を選択しました。

ただ、当院には2%キシロカインゼリーより

強力な小児用の注射等で使用されている10%リドカインゼリーが

あるので、少しだけ綿棒につけて患部を塗ると

痛みが全くなくなりました。まさに完全無痛状態です。

最初は塗りすぎて、少し味が苦ったですが

今は少しなぞるだけで「完全無痛状態」になります。

あとは効果の持続時間です。

おそらく30分〜1時間で少し痛みが出てくるので

今は1時間ごとに患部を綿棒で塗っています。

全く痛みがないので、本当に感動です。

自分で言うのもおかしいですが、医学の力をあらためて実感しました。

P.S.コメントいただきありがとうございます。
早速、ハチミツを舐めてみたいと思います。
2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ふぁーーーっくwwwwww
» 3/6(月) 今日で1年・・・ (2009年05月12日)
アイコン画像すかし
» 3/6(月) 今日で1年・・・ (2008年10月18日)
アイコン画像コンプ
» 3/6(月) 今日で1年・・・ (2008年10月04日)
アイコン画像汁大臣
» 3/6(月) 今日で1年・・・ (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» 3/6(月) 今日で1年・・・ (2008年09月26日)
アイコン画像50t
» 3/6(月) 今日で1年・・・ (2008年09月24日)
アイコン画像どら美
» 3/6(月) 今日で1年・・・ (2006年04月07日)
アイコン画像どら美
» 3/6(月) 今日で1年・・・ (2006年04月07日)
アイコン画像オオイ商店
» 10/14(金) 村上ファンド (2005年10月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drmyoken
読者になる
Yapme!一覧
読者になる