夫の小遣い/昼飯はおやつか? 論争 その3

November 28 [Mon], 2005, 0:58

サラリーマンの小遣い、 1カ月の平均は3万8300円。
 
ところで、小遣いの額は1999年までは4割以上の家庭で夫が決め、妻が決める家庭は約2割しかなかったが、最近は妻に決定権が移っているという。

         2003年  2002年  2000年  1999年  1998年
夫が決める  35.3%   35.2%   36.0%  43.0% 42.2%
妻が決める  42.7%   39.2%   22.6%   21.2%  19.3%
夫婦で相談  20.3%   24.6%   38.3%  32.5%   35.5%
(愛媛銀行2003年調べ)

 7年前まで夫が決めていたのだが、いまや完全に形勢が逆転(笑)。42.7%という数字には、 
妻「私が決定します!!」

 みたいな……(笑)、なんともいえない“迫力”が感じられるのだが、いかがだろう。
 別に奥さんが決めてもいいと思う。
 過不足なく渡されるのであれば。

夫の小遣い/昼飯はおやつか? 論争 その2

November 23 [Wed], 2005, 0:39

 前回のカキコミに対して、コメントを寄せてくださった皆さんでは、夫の昼飯代は、小遣いではない、という意見が多いようだ。 
 私も、そう思う。

 さて、では話をより深くするために、まずこの資料を見ていただこうか。

【資料1】
消費者金融のGEコンシューマー・ファイナンスが昨年発表したサラリーマンの小遣い調査によると、
1カ月の小遣いは平均3万8300円と昨年より4400円減少した。 平均で3万8300円と22年ぶりに4万円を割り込んだ。使い方では、昼食代金を切り詰めている人が目立つ。調査は全国の男性サラリーマン500人(平均年齢39.8歳)を対象にインターネットを利用して実施したもの。

【資料2】
一方、週刊誌「SPA!」が2000年に実施した調査では、200人のサラリーマンに小遣いに関するアンケート調査の結果、平均小遣い額は4万4000円。3年前(1997年)に行った調査の平均が、6万9000円、この時点で2万5000円も減少しているという結果だった。  

  私が気になったのは、【資料1】の、「使い方では、昼食代金を切り詰めている人が目立つ」という部分。
 この部分から、 夫の昼食代って、いつの間に小遣いに含められたのか?(笑)との考えに至ったのだ。

 したがって、私は夫の小遣いの中に、昼食代を含めるのは断固反対である。

 ところで、そうであるならば、新婚の当時、夫の小遣いは、いったいいくらが妥当な額なのだろうか?
 また、その小遣いには、何が含まれ、何が家庭からの出費になるのか?

 このあたりをはっきりしないと、この小遣い論争、いつまでたっても結論は出ないように思えるのだが…。

夫の小遣い/昼飯はおやつか? 論争 その1

November 20 [Sun], 2005, 16:32



 先日のことだが、ある新婚夫婦が夫の小遣いのことで口論をしていた(笑)。そして、小耳にはさんだ夫の小遣いに関する話題は、この「カフェ・ド・堂上シルブプレ」で大いに議論すべきテーマであると感じた。 
それは以前から個人的に疑問を感じている点があったからだ。
 
 なぜ夫のお小遣いは昼飯をインクルードしているのか? という点だ。
 夫の昼食代って、いつの間に小遣いに含められたのか?(笑)。
 大の大人の生命活動を維持するための神聖なる昼飯が、なぜ小遣いに分類されているか?
 この点を深く考えてみようではないか。

 小遣いで食べる、というイメージからは、高校生がクラブ活動の帰りに、コンビニのスナックやお菓子なんぞを食べているイメージしかもてないのだが、どうだろうか。
 つまり、おやつである。
 1日三食の埒外に存在する、エクストラフーズ、そんなイメージしかない。
「おやつ、かよッ」 といいたくなるではないか。

 皆さんどう思いますか?


席次の問題は深い

November 17 [Thu], 2005, 1:18


みなさん、ご覧になっただろうか?
紀宮さま、黒田さんの結婚報道。

実にめでたく、我、慶祝の気持ちに揺るぎなし、の心境なのだが(笑)、こんなブログを開陳している私は、一方では婚礼ジャーナリストでもある。

テレビや新聞で報じられるご成婚の内容を知るにつけ、いちいちごもっとも、ああ、それがいい、おっと、そういう方法が、みたいな(笑)テレビを観ながら、新聞を読みながらひとりでかってにうなづいたりしてみた堂上であった。

ところで、私の持論は、セレブリティのウエディングは波及効果がある、である。
指輪交換をされなかったこと、ケーキ入刀をされなかったこと、など、一般マスコミはそのことに目を向けていたが、私はむしろ、挙式スタイルと披露宴の席次こそ重要と、もっぱらその部分に注目していた。

当初、館内神殿で挙式されるとわれわれ一般庶民には伝わっていたのだが、実際は宴会場を使い、特設の神殿を造ることで結びのセレモニーは行なわれた。
そして、披露宴の席次。

明日はロイヤルウエディング

November 15 [Tue], 2005, 1:35
ここのところ忙しくって他の方のブログを観る余裕すらなくて、大変申し訳なく思っているのだが、それでも今日は大切な日。
私は仕事の途中で、皇居坂下門までお祝いの記帳に訪れようと思っている。
祝意を奉納差し上げたいという、ただそれだけのことだが…。

 が、もちろん職業柄もある(笑)。
 そして、どんな挙式スタイルで行なわれるか、どんな披露パーティになさるのか、これまた興味津々なのだ。
 媒酌人はもう…、みたいな話とか、
 御下がりでもお母さんの着物は…、みたいな
 一般の花嫁の参考になりそうなことが数々…、いやいや、かってな憶測記事を書くことはできない。明日を待たねばならない。

フィジーさん、きゅうさんおめでとう

November 11 [Fri], 2005, 18:09
今日だけは更新しておかなければ…
ちょっと早いが、まあ、いいでしょう。

フィジーさん
きゅうさん
ご結婚おめでとう

なんとか晴れそうで、良かった良かった。
あれこれ余計なことは考えずに、ひとりの男と女として(笑)、おもいっきり楽しんでください。
Tマネージャーもガンバレ(笑)

買い替え時期に悩む

November 06 [Sun], 2005, 2:04

 多忙でなかなか更新する時間が持てないでいるが、みなさんお変わりないでしょうか。
さてさて、先日、うちのビデオが予約録画ができなくなったので、新しいビデオデッキを買いに行ったのだ。
「アストロ球団」や「アカギ」、「刑事ナッシュブリッジス・ファイナル」などが観たいために購入の必要を感じたのだが、改めて考えてみると、いまビデオやテレビって、買い換えるにはすごくビミョーな時期だ。

 なにしろ、地上波デジタル放送対応でなければならない。
 少なくとも10年はもたせようと考えて買うのならば、当然、対応していてくれなくっちゃあ困る。
 ビデオも、DVDに変わりつつあるが、これも地上波デジタル放送対応チューナー付きの録画できるDVDデッキが欲しい。
 さらには、テレビもそろそろぶっ壊れそう。これももし寿命ということになれば、新たに買うのは、地上波デジタル放送対応ハイビジョン薄型大画面でなければならない。 
しかし、これらの商品、まだまだかなり高いのである。

 そんなことを考えていると、キリがない、いま現実に予約録画したい番組があるのだからと、結局、アナログの超安いビデオデッキを買った。
 まあ欲をいえば3年もってくれれば、そのころにはもう地上波デジタル放送対応チューナー付きのDVDデッキが、かなり安くなっていると踏んだのである。
またテレビは、来年の年末商戦あたりから、ガクっと値段が下がるとみている。なにしろサッカーのワールドカップが終わっているのだから。

 いま新婚の皆さんは、どう考えてテレビ、DVDを買っているのだろうか?
 
2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ビジネスマナーさま 堂上です
» 結婚式のマナー パンその1 (2011年11月10日)
アイコン画像ビジネスマナー
» 結婚式のマナー パンその1 (2011年11月08日)
アイコン画像<フィジーさま>堂上
» 81ダイバーにはまりまくり (2008年06月22日)
アイコン画像フィジー
» 81ダイバーにはまりまくり (2008年06月19日)
アイコン画像<ミーさま>堂上
» ヤンキース松井秀喜選手の結婚 (2008年05月21日)
アイコン画像ミー
» ヤンキース松井秀喜選手の結婚 (2008年05月20日)
アイコン画像<ミーさま>堂上
» ヤンキース松井秀喜選手の結婚 (2008年05月09日)
アイコン画像ミー
» ヤンキース松井秀喜選手の結婚 (2008年05月06日)
アイコン画像<ミーさま>堂上
» ヤンキース松井秀喜選手の結婚 (2008年04月24日)
アイコン画像ミー
» ヤンキース松井秀喜選手の結婚 (2008年04月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:doujyo
読者になる
婚礼記者歴30年。それ以前はテレビ雑誌の記者でした。結婚式、新生活までの一連の流れを語れる唯一の存在としてブライダル業界にも重宝される存在です。また医療関係の取材・ライティングも行っています。2016年12月時点で取材したドクターは120人を突破。各種メディアからのお問い合わせ&詳しいプロフィールは
ホームページ「オリ婚☆堂上」
http://orikon-doujyo.com/
に記されておりますのでよろしくお願いします。
Yapme!一覧
読者になる