リーマン瀬田、公演後日譚。
2008.07.29 [Tue] 19:31

(瀬田のケータイが鳴る。着信相手は“柏木幸太郎”。)

瀬田「もしもし、こーちゃん?公演お疲れ!無事に終わってよかったね。」
柏木「リョージ、今どこ?」
瀬田「ぇ?」
柏木「どこいんの?」
瀬田「品川、営業で。」
柏木「新宿で安い居酒屋ない?これから打ち上げなんだけど、人数は9」
瀬田「僕の元バイト先の店は?かなり日本語通じないけど、多国籍な感じで。」
柏木「だったらお前も来いよ。お前居たほうが安くなるんじゃね?」
瀬田「んーまだ残業あって・・・」
柏木「豊原仁美が“今回色々お世話になったから瀬田さんにお礼を言いたい”ってそーいえばいってた。」
瀬田「♪ いぐ(行く)」
柏木「それと 次のデニホパでどーしても必要なものがあんだけどさー・・・、おい、リョージ??
   ・・・(電話)切れてるし。」

瀬田亮治は走りだした。

「ダブルブッキング」はまだ終わらない。


孤立無援





(文・写真・たけおかずま)