皆様へ
2008.07.29 [Tue] 17:47

笠原秀幸です。
ダブルブッキングを観劇された皆様、
本当にありがとうございました。

今回僕は、この作品の上谷という役を作り上げる中で、
こんなポイントに神経を使いました。

まず、この二劇場同時往復公演という誰が聞いても面白い企画に負けないだけの芝居。
そしてその芝居は、守りで無く、攻めなくてはいけないという事。

稽古をしていく中で、僕がだんだんに感じ始めていたのは、
僕が一番楽しく芝居をしていた、あの時期の事でした。
そう、岩井俊二監督のリリィシュシュのすべてという作品に参加した時に、
一番気をつけていた、自分に近いところでの芝居。

たぶん役者って、自分と離れたところで芝居をするのって、
テクニック的には非常に容易だと思うんです。
でも、自分に近いところで芝居をする事、
果てしなく素に近いところで芝居をするのって、
非常に難しい事だと思うんです。

だから僕は、今回は敢えて挑戦しました。
これは、ともすればナメてるのかとも思われる作り方なので、
まずは稽古場からキャスト、スタッフを相手に自分のフィールドは真剣なんだと、
貫いてきました。

横には、誰もいなくて孤独だったし、
暗闇を走るのは、怖くて、険しかったけど、
17年間やってきて、一番楽しくて、ドキドキして、
てっぺんから爪先まで神経が行き渡ってるなという感覚が呼び起こされたのは、
本当に大きな収穫でした。

だからこそ、今回は人の評価がうんぬんではなく、
笠原秀幸としてやり通せたと自負しております。

近々で言えば、8月2日 21時から
NHK広島開局80周年ドラマ『帽子』という作品が、放送されます。
戦後に力強く生き抜いた、帽子職人を熱演してございますので、是非とも。

それと、水谷あつしが熱演する、青山円形劇場の作品も見にいきましょうね。

僕は、経験という武器をまた一つ手に入れました。

本当にありがとうございました。

 

生もの
2008.07.29 [Tue] 16:37

舞台は生ものです。
その日の体調、その日のお客様によって多少は変化があります。
僕らが舞台上から投げたパワーを受け取ってくれて、
逆にこちらも盛り上がることもあります。

僕らは今回13回やりましたが、毎日新鮮な1回きりの芝居をしました。
お客様にとっても、1回きりのはず。

難波プロデューサーが3年前からやりたかった夢。
作・演出家の堤さんだからこそ、自分の経験から生み出した素敵な台本。
演劇人の憧れの紀伊國屋ホールとシアタートップスを同時に立たせてもらった奇跡。
完璧なキャスティングのもと集結した役者陣、スタッフ陣。
何か一つ欠けてしまったら行きつくことが出来なかった。
でも何一つ欠けることなくやりきったという結果が残せた。

それはね、お客様がいなければ、自己満足で終わるんだよ。
だから、だからね、来てくれたお客様に心の底から言わせてほしい。
『ありがとーう!!!』

藤崎は、松田一輝にとって大きなきっかけになりました。
劇場は認めてくれる?
お客様は認めてくれる?
さぁ勝負だっ!という気持ちで毎回舞台に立ってました。
藤崎の葛藤、天空旅団と雨宮さんへの想い、伝わったでしょうか?

また藤崎として紀伊國屋とトップスに帰ってきたいな。
ルルやってるとことか(笑)

だから、再演を期待してさよならは言いません!
また会えるのを信じて、、、
またね(^O^)/

松田一輝の今後も見守ってて下さいねm(__)m

『ダブルブッキング』に参加出来たことに感謝致します。




P.S.今日は夕日が綺麗です。


2008年7月末


松田一輝as藤崎竜一
 

天空旅団ダダンダダン
2008.07.29 [Tue] 15:21

皆様応援ありがとうございました。
キャスト、スタッフの皆さんもお疲れっす!

この暑い、いや熱い2008年をあつしは忘れません。(一応「あつ」でかかってっから!)
ほんとに劇団の様な座組でね、千秋楽の皆の初々しい涙も忘れません。
きっと皆でまた紀伊國屋ホールさんとシアタートップスさんに立ちたいね。
それまでに僕も頑張るから皆も頑張っててね。また皆で芝居したいもん。

楽な事より、辛い事の方が後でたっくさん幸せになれるの。
だから手抜かず、かっちょつけず、がむしゃらに、一途にやろうよ。

うんうん、これ自分に言ってる。(笑)

落ち着いたら皆でバーベキューしたいね。
あっついの慣れたし。(笑)
あっつい日にあっついところであっついもん食べようよ。あっしと一緒に。
あっしはあつし。あつしはあっし。
暑さでチャーリー可笑しくなってます。

次は8月17日から青山円形劇場にてPURE BOYSの新作にゲスト出演します。
PURE BOYSは笠原秀幸と競るくらいのイケメンでいっぱいです。
と言ったところで〜バーベキュー仕切りヒデ頼む!

最後に〜〜
チャーリー「天空旅団!」
皆様「ダダンダダン!」
チャーリー「これからもよろしくお願いします!」




チャーリー若松あつし
 

千秋楽。。。
2008.07.29 [Tue] 11:25

ダブルブッキングのメンバーに会えたコト、本当に嬉しかったです。

観にきてくださったみなさん、ありがとうございました。

また再演があることを願って。。。




まほ。
 

こういうの欲しかったんだよ!
2008.07.29 [Tue] 03:23

「ダブルブッキング」あっという間に終わってしまいました。
今の僕は人間の形をしたただの抜け殻です。

(沼男風に)あれは忘れもしません。
出演のお話を頂いたのが確か5月の初め頃でした。
最初はこんなこと本当に出来るのか!?
でも実現したら凄いことになるな!
なんて凄くワクワクした気持ちになったのを覚えています。
しかし、本番を通して僕を待ち受けていたのは
あの時想像した「ワクワク」とは比べ物にならない「ワクワク」でした。
今まで、たくさん舞台はやってきましたが、
その中でも忘れられない大切な作品になりました。

沼袋沼男の言葉を借りれば、
まさに「こういうの欲しかったんだよ!」な気分です。

ご来場頂きましたお客様、そしてキャスト、スタッフに心から感謝の気持ちを送ります。

(声を枯らし気味に)ありがとうございましたー!!!



川本裕之
 

ダブルブッキング!!
2008.07.29 [Tue] 01:08

この作品に出会えて本当に幸せでした。

毎日が楽しくて楽しくて、1ヶ月がうそのように早く過ぎてしまいました。
気がつけば、千秋楽でした。

千秋楽も無事に終えることができました。

1シーン、1シーン演じながら稽古の時の思い出が蘇ってきて、
泣きそうになるのを必死にこらえて頑張ったのですが、
カーテンコールはこらえきれず泣いていました(;_;)

本番前にプロデューサーの難波さんがこう言っていました。
『今日の千秋楽は、終わりではなく始まりだ!』

今日から、またスタートです。

今度またダブルブッキングのキャスト、スタッフが集まったときに、
今よりもっと素晴らしい役者になっていられるように頑張ります。

さぁ、明日から頑張るぞ〜!!


賢章
 

別々の階段へ☆
2008.07.29 [Tue] 00:26

皆さん、本当にありがとうございました☆
『ダブルブッキング!』千秋楽を終えることができました!

きついこともありました。
脱水症にもなりました。
でもそんなの、楽しさ、気持ち良さに比べたら小さ過ぎて
忘れちゃってあっと言う間の約一ヶ月でした☆

また走りたいな。
また階段駆け上がりたいな。

前代未聞、歴史的な作品に参加できたことを誇りに思い、
これから別々の階段を昇っていく僕らですが、
いつかまた一つの階段を駆け上がれる日まで…☆

本当にありがとうございました☆




上杉 輝
#ゞ(゜∀゜)
 

たくさんの、
2008.07.28 [Mon] 16:30

昨日、全13公演を無事終えました(o^-^o)
見て下さったみなさんありがとうございました!!

そしてたくさんの方からのお祝いと励まし
本当にありがとうございました\(*^Ο^*)/

一昨日と昨日はみんなで打ち上げもしました
一昨日はスタッフさんも来てくれての打ち上げでした〜
そこでスタッフさんから一人一人の出演者に
大きい写真をプレゼントして頂きました
(いつ撮ったんだろ!?)(笑)

そんなサプライズや一人一人のコメントに感動して
こらえるのにいっぱいいっぱいなねみでした(;ε;)

しか〜し、最後のカーテンコールでは涙が止まらなかったです
みんなで頑張ってきた1ヶ月間の思い出、
楽屋入ってからもみんなで泣いてました。

本当に楽しい、楽しい初舞台になりました!!

みなさん、この1ヶ月間、本当に、本当にありがとうございました

o(*´▽`*)o〃


with love
念美(柴さゆり)
 

ライターの三ツ木でした
2008.07.28 [Mon] 14:36

ダブルブッキング
終わりました。
あっと言う間でした。

素敵な共演者

素敵なスタッフ

素敵なお客様

幸せな、大切な時間でした。

皆にまた会えることを願って。

みんな、みんな、ほんとうにありがとうございました。



山崎広美
 

泣いても笑っても。
2008.07.27 [Sun] 09:59

始まりがあれば終わりがある。



この道を走り続けていたいけど、今日で最後。




心残り無きよう、本日も走り抜けます!