« 遠い、遠い。 | Main | あけぼの。 »
目に見えない。 / 2007年04月02日(月)
何か形に残るものより

目に見えないものの方が大事ってこと

思ってる以上にある。

たくさん、たくさん。


4月です。

確実に「いる」んだけど、
目に見ない謎の物体と共存生活3日目。

壁の中から、
ガサバサ音がします。。
多分、鳥・・・
すごく枕元で、怖い。。

多分何かをどうにか間違えて壁の隙間に入ってしまった鳥さんが
出たいともがいているんだけど、
どこにいるかも突き止めれず
結局どうもできないまま。。

怖いです。

今静かなんだけど、
それが逆に怖かったり。

この土日は特に何をするでもなく、
家族に連れ出されてラーメンを食べたくらいで。

ダリンとの連絡の取れなさに驚いた。
思ったより取れているかもと思っていたけど、
丸々1日連絡が取れないとなると、
流石に心配になる。

そんな中、
よくアタシのトコに足跡を残すダリンのマイミクさんが
またまた訪問され、
大義名分踏み返して、
|∀゚)チラッ と日記を覗いたところ。

連絡取れないダリンが。
その彼女のとこに

「あなたのこと好きだわ」

と、書いていた。

胸が痛すぎて苦しかった。
眠気も吹っ飛んで、泣きそうで
寝ようと思ってたけど、
MMO一緒にやってる友達に話し聞いてもらって。
2時間くらい、すごくたくさん話してくれた。

「何か自分の中で譲れない一線を引かない限り
 アナタは一生男にとって都合のいい女だよ」

って、言われた。

ダリンが、その人のトコに書いた「好き」は、
恋愛感情じゃないことくらいわかってる。
考え方、思想、感情表現、そゆ人間的な内面が、

自分と合ってる、共感できる、から、

「好き」

って書いたんだと思う。
解ってるんだよ。
解ってるのさ。
でも、「好き」っていう言葉は、
少なくとも女の子には「アタシだけ」に「特別」に使われるものだと思っていて。
そうじゃないっていうことを知ってすごく悲しかった。

苦しかったし、痛かったし、嫉妬した。

アタシはまだアタシのことを全然わかっていなくて、
大事にもしてなくて、
譲れない絶対的なとこも持ってない。

だから、
「大事にされてないんじゃないか」って思っても
別れれないし、
言い返せないし、
「いやだ」って、言えない。

そう気付かされた。

相手がどうとか言う前に、
自分のこと考えないといけない。

ほんと、そう思った。

こんなにスッパリハッキリ言ってくれる人、
初めてで。
すっごく嬉しかった。

泣いたまま電話したら、
ダリンが出て。

いつも通りの、何もなかったかのような、そんな感じ。

しばらくして、

「何で泣いてるの?」って言われて、
「もう忘れられたかと思って寂しかった」ってちゃんと言った。

連絡くれないと心配だとか、
せめて寝る前と起きたときにくらい連絡してほしいとか。

そしたら、
「起きたらメールするよ、わかった」って、言ってくれて。

「ちゃんと覚えてるし、必要だから」

って、言ってくれた。

あー
本当に、お菓子与えられたときだけ喜んでる感じ。
でも恋愛ってそんなものかな。

そう友達に言われて。

もうゴチャゴチャになって、寝た。笑

ダリンのメールで目が覚めて。
コンビニ行ってくるねって写メ来てて。
何日ぶりに来たかなメール。
嬉しかった。

すごく色々考えた2日間。

ダリンのこと、アタシのこと、

もっと考えないと。
まず、自分から。

でもやっぱり

嫌いにだけは、なれないよ。
ほんと、バカだなぁアタシ。
Posted at 01:55 / 【Days】 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/dornroschen/archive/26
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

< div class="side_left">
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
【Comments】
   
GMO Internet, Inc.