シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱 感想

December 07 [Sun], 2014, 12:44


「僕には心がない」
美しい目をした彼女は、いまだ死体袋の中に横たわりながら言った。
 (P.25より)
オススメ:★★★★

女性化ホームズ&ワトソン作品。
女性化という事以外にも原作と比べるとびっくりするような改変が多々とありますが、他方で徹底的なディティールへのこだわりも感じさせるからか、そういった独特の設定も無理なく受け入れる事が出来ました。
テンポ良く話が進んでいくので読み易くもあり、各キャラクターも個性的です。

何より名前だけ借りてるのかと思いきや、思った以上に本家「緋色の研究」を要所要所で踏襲していて、ちょうど今年それを読んでた自分にとってはそれだけまず楽しかったですし、作者の並々ならぬ原典へのリスペクト、あるいは愛を強く感じました。
でもそれでいて真相は本家とは全く別物、しかも女性探偵ならではの視点とトリックで、男性探偵の主人公ではまず使わないだろうネタを用いており、読んでいてなかなか斬新さを感じました。
タイトルの「緋色の憂鬱」自体、そういう意味合いだったのかと分かった時にはちょっと衝撃でしたね…苦笑
惜しい点を挙げるとするなら、トリックの不確実さと動機の弱さかなと思いますが、思いもよらない殺害方法にはびっくりする事間違いなし…ではないでしょうか。

それにしてもこの作品、色々と奇抜な設定があり、一見ホームズの方がエキセントリックに見えるんですが、読み終えてみるとワトソンの方がよっぽど闇が深い事が分かったり…。今後の展開が気になります。
個人的にはワトソン君は真面目で温厚なイメージが好きなので、ワトソンがビッ○(byホームズ)というのはちょっと頂けない部分もありますが、でもまぁ、原作でもワトソン君結婚したりしますからね。

いずれにせよ、続きが楽しみな作品です。
  • URL:https://yaplog.jp/dokusai/archive/1419
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Blog parts
ナノの最近読んだ本
最新コメント
アイコン画像ナノ
» 謎解きはディナーのあとで 感想 (2012年04月06日)
アイコン画像ナノ
» 遅ればせながら (2012年04月06日)
アイコン画像ナノ
» フィギャー! (2012年04月06日)
アイコン画像あさはお
» 遅ればせながら (2012年01月09日)
アイコン画像凍空
» フィギャー! (2011年12月20日)
アイコン画像そう
» 謎解きはディナーのあとで 感想 (2011年09月10日)
P R
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナノ
読者になる
色々愛したいけど間に合ってない雑食人。
https://yaplog.jp/dokusai/index1_0.rdf
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31