仮面ライダージオウ EP34 「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」 感想

May 05 [Sun], 2019, 11:28
 注:以降ネタバレ有り

 元号が変わり、サブタイにも盛り込まれた響鬼編後半。
 元号が変わる時期に「継承」がテーマとして響鬼編を持ってきたのは意図的にらしいですわよ奥さん!

 
 
 ウォズの「祝う」要素のギャグはもっとどっかんどっかんやってええんやで!と
 序盤の鎧武編の字幕芸とか好きなんでもっとコメディ描写やって欲しいんスけど、最近レジェンド要素にウエイト置いててそこら辺は抑えめな感じあります

 
 今週はなんだか「行間が空きすぎている」という印象はちょっとだけありましたね……
 ツトムが何故鬼の修行を辞めたのか。
 ヒビキさんは今どうなっているのか。
 そこら辺一言台詞で言うだけでも違うと思うんですけど、情報が提示されないせいで受け手の気持ちがうまいとこ乗っていかない感じが

 
 結局のところ、日高仁志ことヒビキさんに関しての情報が開示されず当時の映像を使った回想すら無いせいでまるで故人みたいな扱いなのがどうにもモヤったところはあります
 細川さんも今複雑な状況に置かれていますし、ゲイツ役の押田くんの事務所が同じ系列なせいで揉めるとまずいとか色々ありそうなんですけどね
 
 
 
 しかしながら。
 京介が一時的に響鬼に、という「継承」の物語はあの京介が!という点を加味するとやっぱり感慨深いものがあったんですよ!
 順一郎おじさんへの態度は良くないし、ヒビキの名を騙ったりで相変わらずの問題児っぷりはありながらも、「ツトムにとってはあんたがヒビキだったんだ」「誰かの心の拠り所であれた、そしてそうあろうとしている」という形で鬼を続けてきた京介を13年越しのフォローを入れたのはなかなか……と思いますね
 響鬼後半は白倉さんがPだったので、当時騒動のヘイト役になってしまった京介へのフォローだったのかなと思わなくも無かったり
 
 
 ここで日菜佳さんの名前が出るのも、日菜佳役の神戸みゆきさんが若くして亡くなったことへの「キャラクターは生きている」という形でのエールだったのかなって
 
 
 そして、次回は……

 
 次回、EP35「2008:ハツコイ、ウェイクアップ!」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像度近亭心恋
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年05月03日)