週刊少年ジャンプ 2016年42号 感想

September 20 [Tue], 2016, 23:17
・こちら葛飾区亀有公園前派出所

 さらっと「30周年の時にやりませんでしたか?」って台詞が出てくるのがこち亀の凄いところだと思います
 「最終話の載ってるジャンプと200巻同時発売! しかもオチが違うから買ってね!」とか最後まで全力で笑い取りに来てんなーと
 それを「同時中継」と称すのもクセになる

 編集長ネタもさらっと出てきてますけど、今の瓶子編集長って『遊☆戯☆王』の担当をやってたこともあったんですよね……
 『遊☆戯☆王』が連載始まった時、こち亀は既に連載20周年でコミックス100巻ってのを考えるとこち亀の歴史の重みが解ります

 6〜9位の復活キャラは最初から登場させる気無いからってすげー適当に選んでんなと
 音田弘って「H.ONDA」っていうパロディの為の一発キャラじゃねーか!
 ホノルル市警のポール、家にあるコミックス2巻を読み返したら全然キャラ違ってて笑った(所謂テンプレ的な『カン違い系ガイジンキャラ』でしたね)
 星逃田がオチに使われるのはまー予想通りでしたね

 
 『こち亀』という作品が漫画界に持っていた影響力、というのは半端なかったと思います。
 『ONE PIECE』『DRAGON BALL』『ジョジョの奇妙な冒険』『SLAM DUNK』『北斗の拳』『遊☆戯☆王』『NARUTO-ナルト-』『BLEACH』……
 時代を動かす作品をいくつも紙面に載せ、間違いなく日本で一番と言える漫画雑誌、『週刊少年ジャンプ』
 その誌上においてただひたすらに突っ走っていった結果、いつの間にか『こち亀』はジャンプの、ひいては日本の漫画界の守り神とも言えるような存在になっていったんだよな……って

 こち亀の凄いところは、連載40年という長さを誇りながら決して「古く」ならなかったこと。
 時代と共に画風も少しずつ変わり、常にアンテナを張ってアップデートしていく漫画なんですよね
 これは秋本先生が幅広い興味を持つ趣味人だったことと、『こち亀』という作品がやろうと思えば何でもできるという作品の土壌を持っていたからこそだと思います

 「あって当たり前」だったものが無くなってしまう寂しさ、というのは勿論あります
 けれど、40周年かつ200巻という「節目」で有終の美を飾れるのならそれはとても誇らしく美しい。
 来週からの「こち亀の無いジャンプ」にどんな気持ちを抱くのか、それは自分でも解らない。
 けれど、『こち亀』という作品から得た多くのものを胸に、新しい気持ちで自分たち読者も、日本の漫画界も、また来週以降も歩いていけるんじゃないかなとポエミィな気持ちになってみたり

 というわけで……
 
 秋本先生、両さん、40年間お疲れ様でした!


・ONE PIECE

 サブタイが二重の意味になってますねこれは

 こうして見ると、ジェルマのモデルってメンバーは戦隊モチーフだけど「ナチス・ドイツ」「ショッカー」なんじゃないかなーと
 鷲のマークとかまんまじゃねーか!
 レイジュは良い人に見えるけど弟たちを止めたりもしない辺り色々あるのかなって

 ダイジェストで見てもやっぱりサンジとゼフの回想は泣けます
 「クソお世話になりました!!!」はワンピの『義理』『人情』が詰まっててほんっと大好きなシーンなんですよおれ

 そしてラストの人造人間工場っぽいのも気になるところ。
 考えると死体をゾンビにして尊厳を傷つけてる奴はいたけど、人間を作るっていう倫理に踏み込んでくる相手は今までいなかったですし新鮮


・僕のヒーローアカデミア

 上鳴君は男見せたな! と
 「個性を使う時に周りを巻き込んでしまう」ってのを気にしてたのもいいですよね

 雄英の脱落者ゼロ、とは言いますけど、相手校側のキャラがまだそれ程立ってないせいで盛り上がりには欠けたかなーと
 このまま「二次試験」編に進むんでしょうか


・食戟のソーマ

 雑な両さん眉毛ノルマで草いいすか

 熊肉ハンバーグは久々に「ウマそう」と思えた一品でした
 なんか読んでるとがっつり肉食べたくなってきますね今回の話

 「潤のためだ」
 うん知ってた! そーじゃねーかと思ってた!
 ここまで来ると汐見教授が地下牢に鎖で繋がれてても驚かねーッスよ 
 
 
・背すじをピン!と 〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜

 「私とサラは、負ける気などサラサラない……!」って洒落かよっていう
 しかしまあノルマとは言え「眉毛お兄さん」で笑うわ

 咲本さんほんと圧倒的なまでに「強者」として描かれてるなーと思うんですよ
 今後咲本さんを越えるレベルの強者キャラとか出せんのかよォォ〜〜? ってぐらいには
 麹町くんのリアクションとか、バトルものなら「圧倒的な強者の前に戦う前からビビって一歩下がる名有りモブ」ぐらいのあれですもんね

 御木君の「かつて教えを受けた相手と対峙し力の差を見せつけられる」って流れとかもうほんと主人公だよなあっていう
 考えると今週部長組まともな出番ねーな!


・トリコ

 トリコとスターは兄弟! しかもアカシアとフローゼの子!
 これ、トリコはアカシアとの対峙にあたって親殺しの覚悟もしなきゃいけないとか相当ですよね

 オーガーとの対話凄く良いシーンだったのに、その後の眉毛ノルマが物凄いシュールでギャグマンガ以上に笑っちゃいました
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像度近亭心恋
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年05月03日)
アイコン画像えるしゃーる・れいとん
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年04月30日)