ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第24話 「シアーハートアタック その2」 感想

September 10 [Sat], 2016, 21:50
 注:以降ネタバレ有り

 今週は原作の「シアーハートアタック そのF」から「シアーハートアタック そのJ」まで。

 
 
 吉良がチンピラに絡まれるシーン、原作よりも人通りの無い場所になっていたのはベネです
 往来の真ん中であの流れは目立ちすぎますもんね

 
 「でも、あーゆートコの『会員』ってのはどうなんだろうな? 一週間もフロに入ってないヤツがチンポいじった手で同じダンベル持ち上げたり、プールに入ったりするのかな?」

 この台詞好きなんでカット無しは嬉しい!
 ラスボスとの対峙、という緊張感の中にもこういう日常を感じさせる会話が為されるのが四部の魅力ですしね

 「この男……想像していたよりも『普通っぽい顔をしている』と思った……。(以下略)」
 
 一方で、このモノローグはカットされてましたね
 ジョジョ四部のアニメは、原作では『魔少年ビーティー』の麦刈公一君の流れを汲んで織り込まれていた「康一君のナレーション」が「康一を特別な語り部にせず、一人の仲間として描く」って点を重要視してカットされることが多いんですけど、ここは正直削らないで欲しかったです……
 吉良吉影の魅力である「普通っぽい顔」「コンサートピアニストのような指」といった部分を初見の康一君の印象で語るからインパクトあって好きなんですけどネ

 
 康一君に煽られて一瞬涙を浮かべる吉良のシーン、めっちゃ好きなんですよね……
 「超人的な精神を持っている悪党だって完璧じゃない」「強く恐ろしいものがふと垣間見せる『弱さ』」ってところに心惹かれるのかなーと
 
 
 【エコーズ ACT3】のスタンドパラメータ。
 シンプルな人型のフォルム、バランスの良い各パラメータの数値と、康一君の成長をそのまま示すかのようなスタンドの進化だと思います
 「相手を重くする」ってのは「言葉の重み」からで、今までの能力からの系譜でもあるんですよね
 この段階でも成長性:Aだしまだまだ成長しそう

 
 前回に引き続き、スタープラチナのオラオララッシュのシーンでは「スターダストクルセイダース」が!
 
 
 ここで帽子のつばをなぞる「おれが裁く!」の動作が入っているのも嬉しいです
 アニメだとスティーリー・ダン戦でも見せたりと、「承太郎の精神を象徴する動作」になってるんですよねこれ
 気が早いですけど、六部アニメでも演出として入れてくれると嬉しいですね

 
 アニメで色がつくと、顔を入れ替えられた川尻浩作の死体結構グロいですね
 若干デフォルメが効いてることもあって黒塗りは無しでしたけども 

 
 「吉良吉影はどいつになったんだ!?」のところ、よく見ると裕也、エニグマの少年、ミキタカがいますね……
 1話の群衆のシーンに形兆兄貴たちがいたのを思い出しますね
 
 
 次回、第25話「アトム・ハート・ファーザー」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント