仮面ライダーゴースト 第47話 「呼応! それぞれの覚悟!」 感想

September 05 [Mon], 2016, 17:08
 注:以降ネタバレ有り

 
 
 ここに来て「天空寺龍殺害の下手人はアデル」という驚きの新事実。
 ダヴィンチ眼魔は……とも思ったんですけど、『ジェネシス』の時って1話のタケルの回想と龍さんの死んだ場所が違うからなーとずっと思ってたんでこっちが正史ってことで良いんじゃないですかね
 ドライブ側からは『ジェネシス』が正史になってるんであれは「ドライブの世界のゴースト」とも考えられるんですけど、それだと『伝説! ライダーの魂!』の「ドライブ? 泊さんの?」に説明がつかないわけで……あーもうややこしい!
 
 いやまあ、「サプライズ・フューチャーの矛盾」といい作り手はそこまで考えてないってのが正直なところではあるんでしょうけどネ

 
 義憤にかられる御成と、信念と自らの気持ちの間で揺れるタケルって構図は結構好きです
 タケルの場合「尊敬している大切な父さんだから」ってのがありますけど、御成は龍さんとの出会いや過去が描かれていないので、そこがあると「あそこまで義憤にかられる理由」が見る側にも解って気持ちが入っていきやすかったんじゃないかとは思いますね

 「ゴーストハンターだったタケル殿のお父上は、ゴーストに命を奪われたのですぞ!」「死んでもお元気とは流石先代!」みたいに、結構龍さんとの面識や尊敬しているような台詞でなんとなく察することは出来るんですけど、それだけだとやはり材料不足ですよね

 
 とうとうオリジナルの意識を学習しすぎてオリジナルと遜色ない存在になったもう一人のマコト、ってのは面白いんですけど、あと3回しか無いのにこの問題未だに解決してねーのどうなの? とも
 先週も書いたけど、既に最終決戦は始まってるのに今一つ緊張感が足りないんですよね

 
 
 でもここの「登場人物どころか視聴者にも本物がどちらか解らない」ってレベルに到達するのは演出として見事だと思います
 最後のシーンを見るまで本当にどっちがどっちか解らない流れになってましたもんね

 
 
 ダークゴーストに関しては正直、こういう使い方するかー……と
 レギュラー大御所俳優さんの変身枠、って点では去年の仮面ライダー純に相当するんでしょうけど、純が「量産型のマッハ」という位置づけで新規にキャラクター造型されたのに対して、ダークゴーストって最初の変身者であるアルゴスのイメージありきのキャラクターだから勝手が違ってくるんですよね

 
 それを踏まえて考えると、こうやって既存のキャラクターのイメージがある姿で大して面白くもねーおふざけかますのどうなの? と
 しかしまあ、アルゴスが仙人に利用された存在だったのを考えるとライダーの力を自分を利用した元凶に使われた上におふざけってほんと彼浮かばれないッスね

 
 次回、第48話「終結! 悲しみの連鎖!」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像度近亭心恋
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年05月03日)
アイコン画像えるしゃーる・れいとん
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年04月30日)