ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第23話 「シアーハートアタック その1」 感想

September 03 [Sat], 2016, 23:39
 注:以降ネタバレ有り

 今週は原作の「シアーハートアタック そのA」の冒頭から、「シアーハートアタック そのE」まで。
 
 
 「観察しろというのは……見るんじゃあなくて観ることだ……。聞くんじゃあなく聴くことだ」
  
 「アニメにする時この台詞どうすんだろ」と思っていたこのシーンは劇中で文字を出すことで対応してました
 元々書き文字が普通に演出されるアニメですし、違和感なく入ってきましたね
 
 
 しかしまあ、アニメで連続した流れで見るとここの康一君結構イラッときますね……
 もともと「調子に乗って失敗する」ってシーンではあるんですけど、「承太郎さんを人生の教師と思うべきった」「本当の後悔はこの後やってきた」ってモノローグがカットされて「精神的な成長」が解りづらくなってるとは思います

 
 「なぜ殺人鬼のために、ぼくがビクビク後悔して『お願い神様助けて』って感じに逃げ回らなくっちゃあならないんだ? どうしてここから無事で帰れるのなら、『下痢腹かかえて公衆トイレ探してる方がズッと幸せ』って願わなくっちゃあならないんだ……? ちがうんじゃあないか?」
 
 この「成長」のシーンはそういう部分を加味してこその燃える展開であって、アニメの流れだと「なんかムカついたら覚醒した」って感じにも見えるんですよね、どーも

 
 一方で、スタープラチナのオラオララッシュの時にちゃんと三部の劇伴「スターダストクルセイダース」が流れているのは良演出。
 小野さんの「オラオラ」の言い方も三部の時に比べると少し落ち着いた感じで演技してるのが「承太郎の十数年の間における成長」を表していてディモールト・ベネッ!
 
 
 あと、シアーハートアタックが「熱を感知するスタンド」ということもありサーモグラフィー風の視点演出があったのも良かったです
  
 
 【シアーハートアタック】のスタンドパラメータ。
 厳密に言うとあくまで「キラークイーンの能力の一部」なんですけど、なぜか個別にパラメータがあるんですよね
 能力として登場したのは実はこの話だけなんですけど、スタープラチナのオラオララッシュが通じない、吉良吉影の正体に迫るエピソードに登場した、ということもあってかなり印象に残っているスタンドです

 名前の由来は、【キラークイーン】に引き続きQUEENの楽曲、及びアルバム・タイトルの「SHEER HEART ATTACK」から。
 テンポよくジャカジャカ行くタイプの曲なんで、静かに、しかし力強く襲ってくるこのスタンドのイメージ先行で聴くと結構ド肝抜かれるかもです
 
 
 エコーズACT3の登場シーン、作画が驚くほどに荒木先生の絵そっくりでちょっと驚きました
 シンプルなデザインですし似せやすかったんですかね(先々週のキラークイーンから目を逸らしながら)

 でも、登場するときはもうちょっと「タメ」が欲しかったかな
 (原作のタメにタメまくってエコーズACT3が出るとこめちゃめちゃカッコ良いんで……)

 
 次回、第24話「シアーハートアタック その2」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像度近亭心恋
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年05月03日)
アイコン画像えるしゃーる・れいとん
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年04月30日)