仮面ライダードライブ 第38話 「悪魔はなぜ進化を求め続けるのか」 感想

July 19 [Sun], 2015, 23:59
 注:以降ネタバレ有り

 
 板垣くんが実は融合者じゃない、ってのは先週の段階で予想がつきましたけど、それ以外の二人で融合者とロイミュードだったのは「あっ、そっかあ」と
 ただ、「ゲストキャラの心情やドラマ」がこの回は後半以降ハートとメディックの関係を描くことに割かれてて希薄になってたのが勿体無いなあって感じ。
 先週板垣君がソースを持ち出した理由も触れられなかったですし……

 
 ハートはちょくちょく「王の器」と言われますけど、この正々堂々とした描写で見る側にもそれを印象付けている感。
 目的自体は去年のレデュエとそう変わらないだけに(人間を支配し管理する、って辺りが特にネ)、描き方でこうも変わるのかといったところ

 
 未だ身体を与えられていないブレン。
 しばらくこのままマスコットキャラ的なポジションになるんですかねw

 
 マッハの名乗りも久々。
 剛がまた前みたいに明るいキャラに戻っていく兆しになれば良いんですけど

 
 この辺りの流れや、チェイスや072のように人間とも解りあえたロイミュードもいただけに、ロイミュードは単に「倒して終わり」という決着のつけ方にはならなそう。
 ただ、ハートは最終的な目的がどうしても相容れないし、それに一直線な所が好感もてるので改心して欲しくないってのはありますね……

 
 超進化してるしラスボスになるとは思うんですけどどうだろう
 ブレンは琢磨君みたいな形で生き残るかもですけど、オーズだとコミカル路線突っ走ってたウヴァが最後の最後で暴走したりしてるんで
 
 
 今週一番驚いたポイントは、やはりここ。
 クリス・ペプラー氏の演じるこの人物は果たして何者なのか。
 実はクリム・スタインベルトが生きていたのか、はたまたクリム・スタインベルトをコピーしたロイミュードなのか。
 もしくは劇場版とのリンクなのか……

 ちゅーか、クリス・ペプラー氏のダンディな容姿も相まって、ハリウッド映画のヴィランみたいな容姿ですよね 

 
 劇場版告知も兼ねた一分間ストーリーも今週からスタート。
 クリム・スタインベルトと「仮面ライダードライブ」に支配された2035年の未来を舞台に、進ノ介の息子・泊エイジが現代にやって来るまでを描く内容。
 取り敢えず今週はそういった世界観の説明の印象を受けたんで、何かしら話が動くのは来週以降かな

 
 次回、第39話「旋風の誘拐犯はいつ襲って来るのか」
 008が行動を起こす回のようですけど、やはり気になるのは「チェイスが免許を取る」方ですよねwww
 時期的にこうやってがっつりコミカルな回をやるのも最後になりそう

仮面ライダードライブ 第37話 「究極の味覚を狙うのはだれか」 感想

July 12 [Sun], 2015, 23:59
 注:以降ネタバレ有り

 今週は新展開半分、コミカル要素半分といったところ。

 
 公式サイトでも作られてるリストとほぼ同じ。
 ここで前回の話と今回の話の間に倒されたロイミュードが言及されてるのは『クウガ』の未登場グロンギを思い出したり
 よく見ると、春映画で倒された102、合体スペシャルで倒された089、ハイパーバトルDVDで倒された027もしっかりカウントされてますね
 
 
 ロイミュードが減っていく一方で、残りの「シングルナンバー」である006と008が来日。
 これで「シングルナンバー」で詳細が解ってないのは004だけになりましたね……

 参考までに。

 001/フリーズ・ロイミュード→死亡
 002/ハート・ロイミュード→目下リーダーとして行動中
 003/ブレン・ロイミュード→コアのみで存命
 004/???→詳細不明
 005/バット型→第0話とてれびくんDVDで交戦、死亡
 006/マフィア風の男→来日
 007/ソード・ロイミュード→多賀始と融合して、初の「融合進化態」に。多賀と分離させられチェイサーに敗れ死亡
 008/カウボーイ風の男→来日
 009/メディック・ロイミュード→目下幹部として暗躍中


 001〜009までが幹部として特別扱いなのは、石ノ森先生の「サイボーグ009」のオマージュでもあるんだと思います
 
 
 また、006は生身で拳法主体のアクションシーンを披露したり、その口調からどうやらチャイニーズマフィアの模様。
 サイボーグ009の「006」も中国人でしたしね
 ちなみに006の人間態を演じている松浦新さんは、太極拳で世界三位、元日本チャンピオンというとんでもない経歴の持ち主だったりします 

 
 あと、コアのまんま這いずり回ってるブレンには正直笑ったw

 
 
 平成二期に入ってからの、時に「過剰」とも取られるコミカル描写は賛否有りますけど、自分は結構好きだったり。
 コミカル要素はいわば「スイカにかける塩」って感じで、コミカルな一面も描くことでキメの時のカッコ良さが引き立つ、ってのもまた表現の方法としてはアリなんじゃないかと
 「クウガの時はこんな表現は〜〜」って言説もたまに見ますけど、もう『クウガ』から15年も経ってるわけで……
 時代と共に表現を色々模索していく方が、革新的かつ挑戦的で発展に繋がるとは思います
 平成ライダーをクウガからずっと追いかけて来た身としては尚更
 普段はコミカルな一面が多いながらキメる時はキメる、って要素が強い『カーレンジャー』が特撮の原体験ってのも自分の場合はありますね 
 
 
 今週の怪人はクック・ロイミュード。
 融合するシーンで板垣くんが映って無い辺り、本当の融合者は別人なんだと思います
 奥村さんか増川さんじゃないのかなあ
 
 
 遂にメディックの暗躍もハートに露見する形に。
 ハートにしてみれば複雑なんだろうなー、と
 「友達」を次々と手にかけた相手でもあるけれど、自分の「友達」の一人でもあるわけで……
 
 
 「超進化への道は……自ら切り開いてこそ価値がある!」
 と宣言する辺りは主人公っぽくもありカッコ良いです
 
 
 次回、第38話「悪魔はなぜ進化を求め続けるのか」
 予告の内容からして、いよいよ以前から気になっていた
 「『人間』だったら犯罪者だろうと助ける。……じゃあ、『ロイミュード』だったら倒しても(殺しても)良いのか?」
 という部分に踏み込むみたいですね

 072やチェイスの一件があって、「人間とロイミュードは本当に相容れないのか?」という部分は以前から提示されていましたし……
 こういう部分にも踏み込む辺り、ドライブももうすぐ終わるんだなーと実感してちょっと寂しくなります

仮面ライダードライブ 第36話 「銃弾はどこに正義を導くのか」 感想

July 05 [Sun], 2015, 23:59
 注:以降ネタバレ有り

 今週で遂に、25話から始まった「12年前の事件とロイミュードの進化編」とでも言うべきシリーズは完結。

 
 
 
 
 先週から引き続き「ろう城事件」ということで特状課での進ノ介と仁良さんのやり取りがメインだった回ですけど、もうとにかく飯田さんの演技力が大爆発w
 最後の登場エピソードということもあってか、いつも以上にノリノリだった気がします

 
 
 気になったのはここ。
 荒木先生の『漫画術』で「主人公が間抜け(撃とうとした銃が弾切れ、みたいな)、というのはストーリー上のタブー」とおっしゃっていましたけど、それは敵も同様にそうだと思います。
 だからこそ、「狡猾な悪党」のブレンがここで「ついうっかり」口走ってしまうのはどうにもロジカルじゃ無い気がして……
 「狡猾ぶってるけどやはりどこか抜けている」という描写とも取れますけど、少しばかりお粗末な気はします

 
 
 それと、この映像がいったん消えるシーン、最初見た時は「映像が消えている間に進ノ介たちがなにか仕込んでいるのかな」と思ったんですけど、全然そんな事が無かったってのがちょっとがっかりなんですよね
 ブレンのギャグシーンとして以上の意味合いは無かった、っていう

 
 てっきりこのシーンとなにか関連があるのかと思ったんですけど(電波ジャックした影響で混線して、みたいな)
 
 
 ディメンションキャブで被弾を避けていた、っていうアイディア自体は凄く面白かったと思います
 シフトカーの有効活用になっていますし、進ノ介の台詞でベルトさんがその意味に気付いていた、ってのは王道パターンですしね

 
 
 何気にこの回で初めて「トリプル変身」も披露。
 ただ、まだ剛とチェイスの関係に決着がついているとは言い難いので「ここで見せちゃうかー」という気も。
 キャラクターの心情が伴って初めて、「同時変身」というのは燃える訳であって……
 これだと「ただ一緒に変身しただけ」になってる気がするんですよね 

 
 戦闘シーンで一気に6体下級ロイミュードを倒した辺り、いよいよ在庫整理に入って来たかなという印象。
 ロイミュードは個体数が多いから、
 
 ・005(第0話、てれびくんDVD)
 ・027(ハイパーバトルDVD)
 ・089(合体スペシャル)
 ・102(春映画)


 と色々な媒体で処理したりと頑張ってるんですけどね
 多分夏映画にしか出て来ないやつもいるでしょうし

 
 
 
 真の下手人だった仁良さんの逮捕によって、12年前の事件にも決着がついた形に。
 仁良さん役の飯田さんも東映公式によると今週でオールアップとのこと。
 ほんと名演技をありがとうございました、って感じです
 
 
 仁良さんは逮捕という形で退場しましたけど、ブレンはまだコアが残っており生存という形になる模様。
 ロイミュードのコア設定はここら辺便利でもあり、一方でカタルシスを削いでいるのでは、という気もします
 何だかんだでここまでで幹部クラスで倒されたのって真影/フリーズだけですし……


 今回は、「面白い!」という部分と「もやもやするなあ」という部分が半々と言ったところ。
 仁良ブレンコンビの退場、泊親子の12年越しの勝利といった部分はやはり燃えポイントであり面白かったんですけど、その一方で心情の伴っていないトリプル変身、いまいち釈然としないブレン周りの描写などは「うーん、これはどうなんだ?」とも。
 
 25話〜36話を一つの章とするならば、敵としての脅威は中盤のフリーズで進ノ介の死を伴ったりと盛り上がりが最高潮になっていて、仁良ブレンコンビだとどうしても「最後っ屁」感が否めない。
 「真影と仁良が繋がっていて、仁良が下手人と解るも真影と仁良、ブレンの三人が世論を操作し捜査を阻み、怪人としてもパワーアップして難航、けれどライダー三人で力を合わせて真影を倒し、協力者だった仁良を捕まえる」ぐらいの流れの方が良かった気もします
 「真影が黒幕だと思っていたら真の下手人は他にいた」って流れが作りたかった、ってのも勿論解るんですけどネ
 
 
 
 次回、第37話「究極の味覚を狙うのはだれか」
 いよいよ最終章に突入。
 メディックはここから頭角を現していくっぽいですね……
 残りの「シングルナンバー」も登場するみたいですし、来週も楽しみです

仮面ライダードライブ 第35話 「ろう城事件はなぜ起きたのか」 感想

June 28 [Sun], 2015, 23:59
 注:以降ネタバレ有り

 
 
 今週は冒頭で「ろう城事件」という結果を先に提示し、それに至るまでの経緯を順を追って描いていく、というミステリでは割と王道の作劇。
 時間のカウント描写もその流れに説得力を持たせていましたね

 
 
 
 予告で見た時は「これどういう状況だよ」と思った、海岸でのブレンとメディックのシーン。
 ブレンは進化態を手に入れて調子づき、メディックに意趣返し……って感じでしたけど、ブレン役の松島さんがもうノリッノリw
 アゴが遊戯王アニメの城之内みたいになってるぞ
 メディックはここしばらく真影やブレンの躍進に押されて影が薄かったですけど、これはそろそろ彼女にも何か動きがあるってことでしょうか

 
 先週の段階では単なる方便かと思っていた「私が新たなシーフロイミュードになってあげましょう」も実行されてたのがちょっと驚き。
 てっきりブレンは嫉妬のエネルギーを手に入れたら仁良さんを切り捨てるものかと思っていたので……
 胸元のナンバーがブレンの「003」に変わっている以外は特に差異はなし。
 
 
 こうしてアップで見ると、シーフ(泥棒)だけに、コントのイメージから形作られた「泥棒の被っている風呂敷」の唐草模様が刻まれてるんですよね
 スーツ自体はボイスロイミュードの改造ながら、良デザインだなーと
 
 
 
 悪党二人組の仕組んだ策によって特状課が追い詰められていく、ってのはなかなか上手いと思いました
 過去の個人回で特状課メンバーがロイミュードと関わりを持っているのを逆手に取っているのが見事と言わざるを得ないというか
 
 ・りんなさん→ボイスロイミュード/笹本
 ・ゲンさん→ジャッジロイミュード/橘
 ・究ちゃん→バット型072/西城究
 ・霧子→チェイス

 
 ってのは劇中で順を追って説明しているから解るんですけど、これだと課長はなんで逮捕されたんですかね……
 特状課全員の管理責任ってことでしょうか

 
 
 今週はいつにも増して仁良さんのコミカル描写が多かったんですが、これは
 「進ノ介が仁良を追い詰めたと思ったら、実は仁良によって追い詰められていた」
 と言う部分の強調としての演出だと最後まで観ると解るようになっているのが上手い。
 
 
 冒頭の進ノ介が追い詰めたシーンにやっと時系列が繋がるも、実は進ノ介がろう城事件の犯人に仕立て上げられてしまっていた……
 というところで引きにしたことで、ほんと来週が待ち遠しい! って感じになるのは作劇としてはかなりの良演出だと思います

 
 
 今週のクスリときたポイントは、この「ベルトさんロボ」w
 そんな移動の仕方があったなんて……!w
 ちょっと実写トランスフォーマーのデバステーターに似てる
 
 
 あとはこれ、仁良さんの記者会見ダブルピースw
 こういう細かなところで笑いを差し挟んで、湿っぽくならないのが観ている側としても楽しいです

 
 
 
 次回、第36話「銃弾はどこに正義を導くのか」

仮面ライダードライブ 第34話 「だれが泊英介の命を奪ったのか」 感想

June 14 [Sun], 2015, 23:59
 注:以降ネタバレ有り

 
 今週は盗難事件、という事件パート自体がドラマパートの為の前振り(というか前座)として機能しており、メインはサブタイトル通り「だれが泊英介の命を奪ったのか」という点について。

 
 改心、というよりは「旨味のある方につく」といった形で特状課と結託した仁良さんでしたが、先週の予想通り、泊英介を殺したのは彼でした。
 コミカルな小悪党、と思わせてからのどうしようも無い人間の屑っぷりが、悪党としての魅力を出してくれたなーって感じです(真影からも「君のような人間の屑は、必ず我らロイミュードの進化の役に立つ」と評されてますしね)
 以前予想した、「進ノ介に突っかかって来るのは泊英介と何かあったんじゃないか」ってのが当たった形になりましたね……
 
 あと、先週の記事「タイバニのマーベリックみたいに」って言ってたけどそれもある意味当たってたって感じ。

 「主人公の身近にいて、親を殺した仇ながら記憶を操作して自身の罪を隠蔽、それどころか主人公の協力者面」
 という辺りが一致してて

 マーベリックの場合は自分の「能力」で記憶操作してて、社会的にも周りから慕われる好人物って違いはありますけどネ
 バニーちゃんこと森田さんが蛮野博士の声になったんでそれで思い出した、ってのもありますけど……

 
 そもそも、

 根岸がゆかりに銃を構えて撃つ
 ↓
 英介がそれを庇う
 ↓
 銃弾が英介に


 だと、「弾丸が発射されてから英介が動くまでのモーション早すぎない? 弾丸より早く動いたってことでしょ?」という疑問はあったんですけれども、「まあ作品の演出なのかな」と納得していたんですよね(実写映像作品だと表現の限界もあるし、まあしょうがないかな、と思える些末な要素ではありますし)

 しかしながら、実際は

 根岸がゆかりに銃を構える
 ↓
 英介がそれを庇う
 ↓
 それを見て腰の引けた根岸が銃を下ろす
 ↓
 激情に駆られた仁良が丸谷の銃を奪い、英介に発砲

 
 という流れだったことで、「弾丸の発射されたタイミング」の矛盾が実はしっかりと伏線だったという、なかなかミステリとして上手いロジックに仕上がっていたと思います

 
 このシーンも、犯人だと解ってから見ると意味が変わってくる辺りが話運びが丁寧。

 
 哀しいかな、「同期の泊がずっと妬ましかった」って部分は完全には否定しきれないんですよね……

 
 勉学、スポーツ、仕事、趣味……。何か物事に本気で取り組んだことのある人ほど、「妬み」も経験してきてるってのはあって、自分もまた少しばかり仁良さんに共感したってのはあります(仁良さんの場合も、同期でずっと自分のそばで英雄のように評価されてる英介に勝ちたい、と思って権力に走ったのに、よりによって本人から「警察官の魂を信じるぞ」って言われるのは正直辛いモンがあると思う)
 SAOの須郷さんも、茅場への「妬み」があったからか嫌いになれないキャラでしたし
 しかしながら、それで人を殺して良いかといったらまた別(劇中でも進ノ介が「何でそんなことで人の命が奪えるんだ!」と否定してくれてますし)。
 好きなキャラだからこそ、罪は罪としてしっかり捕まって償って欲しいですね

 
 少し話は逸れますけど、仁良さんの魅力の一つは演じる飯田さんの演技の妙にもあると思います。
 コミカルな小悪党の演技も、妬みにかられて同僚を殺した人間の屑としての演技も、どちらも真に迫っていて引き込まれる。
 ベテラン枠の役者さんは必然的に悪党か「おやっさん」ポジションが多いですけど(ウィザードの小倉さん【輪島さん】と池田さん【笛木】もどちらも良い芝居してましたね)、なかなかの良キャスティングだったと思います
 キバの神田博士の時も短い出番ながら、良い芝居してくれましたしね…… 

 
 そして、その醜くどうしようも無い「嫉妬」を、真影から「嫉妬という感情を学んだ」と評されたブレンが、自身の超進化態への進化に利用する形に。
 実は児童誌の記事バレを事前に目にしていたので、ブレンと仁良さんが融合することは知っていたんですけど、先行バレを感想に書くことほど無粋なことも無いので今まで伏せてました(いつも冒頭に書く「ネタバレ有り」も、「この話の核心についても書いてますから、まだ観てない人は注意ですよ」って意味合いですしね)。
 融合と言ってもすぐに仁良さんが弾かれていたので、「感情」だけを吸収する形になった模様。次回は次回で、また融合して戦闘に臨んだりするのかもですけど

 
 
 その一方で何だかんだで笑わせてくれるのがまた魅力的w
 感極まって抱き着いたブレンに「え、ええーっ……」って若干引いてる所で笑ってしまった

 
 ライダー側の話。
 今週はこの「背中合わせで変身してから互いに激突する」って構図が密かな見どころ。

 タイヤカキマゼールは、CMで先行公開されてた「ピーポーセイバー」と、「コウジゲンバー」
 
 
 ピーポーセイバーはジャスティスハンター、マッドドクター、ファイヤーブレイバーと緊急車両のシフトカーの合成なだけに、サイレンの「ピーポーピーポー」って音と、「people」をかけてるのが上手いですね
 
 
 コウジゲンバーはランブルダンプ、ローリンググラビティ、スピンミキサーの工事車両の合成。
 モチーフでひとまとめになってると解りやすいですよね
 
 
 次回、第35話「ろう城事件はなぜ起きたのか」
 流石に仁良さんとはこの回で決着でしょうか
 来週はゴルフでお休みなので、楽しみにしつつ二週間待ちたいと思います

仮面ライダードライブ 第33話 「だれが泊進ノ介の命を奪ったのか」 感想

June 07 [Sun], 2015, 23:59
 注:以降ネタバレ有り

 
 満を持しての最強フォーム登場回。
 今年は三週かけたちょっと特殊な構成となりました。

 
 剛の一連のエピソードも、今週で同様に決着がついた形に。
 特異体質、っていうか強い意志があると記憶操作には対抗できるっぽいんで(先週の描写を見るに)、そっちで攻めれば良かったんじゃないかなーと
 「特異体質」の人間が多すぎて「特異」の部分が意味を成さないですよね……
 
 
 咄嗟のことは言え進ノ介を見殺しにする形になって苦悩する剛はやっぱ良い奴だよ、うん

 
 ちなみに、剛が必死になって手に入れたタブレットの中に保存された蛮野博士の人格の声は森田成一さん。
 特撮ファン必見のアニメ、『TIGER & BUNNY』でバーナビー・ブルックスJr.(バニーちゃん)を演じられているので割と馴染み深い人ですね
 
 
 
 今年の最強フォームは、車モチーフのライダーということで色々な車をモデルにしたタイヤを使ってきましたけど、最後の最後でドライブにとって一番身近な「車」であるトライドロンのシフトカーを用いてトライドロンと一体化するという発想がすごく面白いと思います。
 仲間全員の尽力で死から復活する、ってのも熱いですし……
 ただ、シフトトライドロンが今週になって唐突に出てきたんで(今まで特に前フリも無かったし)そこはちょっとあれかなー、と
 
 去年の極ロックシードは「黄金の果実」という点で事前に前振りがある程度成されていた。
 一昨年のインフィニティーリングは魔法を失う、という最大限のマイナスを受けた上で、「全ての涙を宝石に変えてやるぜ」という歌詞の通りに自分の涙を最強のリングに変えた。
 その前のコズミックスイッチは事前に「スイッチは40個」と定められていて、その最後のナンバーをいよいよ解放という納得のある理由付けが出来ていた。

 これらを踏まえると、「開発を進めていた」と今週の段階で言われてもちょっと乗り切れないかなーという点はありますね。
 おもちゃ好きとしてはおもちゃの魅せ方もやっぱり大事だと思うので……(つーか実質今のライダーって『壮大なストーリーのあるおもちゃのCM』って見方も出来ますし)
 
 
 「能力」は3つのタイヤを合成する「タイヤカキマゼール」
 フォーゼコズミックステイツのスイッチ融合を思い出す、今までのコレクタブルアイテムを活用した戦闘法ですね。
 コレクタブルアイテムがマストになった平成二期らしい形態ながら、今までのを集めていなくても最強フォーム用アイテムで全てのアイテムを活用した遊びが楽しめるところは去年(極ロックシード)の良い所をうまく流用した感。
 
 今週使ったのはマックスフレア、ミッドナイトシャドー、ファンキースパイクを融合した「アタック1・2・3」
 特に能力やモチーフに類似性が無い3つ(メタ視点ですと初期装備という点がありますけど)の融合ながら、なかなかに強力。

 ただ、折角お披露目回なんであと2つぐらいカキマゼール使って能力をフレキシブルに見せても良かったんじゃないかと
 全部で7種類しか無いからあまり見せすぎると弾が無くなるっていうのもあるんですけど、どうせ今のCMの段階でピーポーセイバーとコウジゲンバー見せちゃってるんで……
 全部乗せ系最強フォームは立て続けに使った方が絵的に派手だし強さが解りやすいってのはありますね(極アームズの武器連続使用とか)

 
 気になる点としては、苦肉の策とは言え復活に伴って進ノ介とベルトさんの心が融合してしまったこと。
 今はまだ戦闘時の人格交替で済んでますけど、これが後々響いて来る可能性も十分にありますよね……
 正直最強フォームを使うとデメリットが、っていうのあまり好きじゃないってのもあるんですけど(ハイパーカブトとかライナーフォームとかコズミックステイツみたいにガンガン使ってくれた方が楽しいってのはある)
 
 
 個人的なポイントは、ベルトさんに人格交替すると喋る時に咳払いをしている点。
 10年以上生身の身体で喋っていないから、「喉を通して喋る」って感覚に慣れていない(忘れかけてる、と言った方が正しいか)という演出なんだろうなーと
 こういう細かな部分の演出が大事ですよね

 
 フリーズ・ロイミュードに関しては、折角超進化態にまでなったのにどうにもこうにもその強さが上手く出ていなかったというのが正直な印象。
 進ノ介を殺したという点は凄いんですけど、肝心の能力が進ノ介にも剛にもチェイスにも効いてないから、いまいち「ヤバいぞこいつは」という部分が解りにくい。
 サーキットでトライドロンの加速を妨害して来るシーンもあっさりしすぎてて……

 最期の言葉や予告の内容といい、彼を倒したことで進ノ介の父の死に関わるすべてが終わった訳では無い様子。
 ここら辺は次回以降どう展開していくのか、という点に期待ですね
 
 
 次回、第34話「だれが泊英介の命を奪ったのか」

 やべぇ……。これ、仁良さんが犯人かも知れない……
 予告で特状課で一緒に「お父さんのためにも真実を掴め!」と笑い合ってる辺り、これってフラグじゃん、と……(タイバニのマーベリックみたいな)
 仁良さん、あれで結構憎めない所のあるヤツなんで死亡退場はご勘弁願いたいっちゅーか
 まあ、ドライブは「罪を憎んで人を憎まず」の精神を地で行ってて悪人でも殺さないでしっかりと罪を償わせるスタンスなんで(というかそれが人として当然ですよね)、多分大丈夫かな、と

仮面ライダードライブ 第32話 「進化の果てに待つものはなにか」 感想

May 31 [Sun], 2015, 23:59
 注:以降ネタバレ有り

 「記憶操作誘拐事件」は今週で区切られるも、最強フォーム(タイプトライドロン)の登場は来週になる模様。
 平成二期の最強フォーム登場回は大体31、2話と相場が決まってるんですけど(商品の販促的に)、今回は進ノ介の死を挟んで次週(33話)に持ち越しという形になりました。
 
 
 こうやって大々的にテロップ出したり、予告が最初はBGM無しとかなり気合入ってるんですけど、「まあ最強フォーム出す為の前フリだし予定調和だよな」とも。
 でも、それは毎年シリーズを見ている自分だから出る感想なんですよね。
 ドライブで「初めて仮面ライダーを見る」子供には、主人公が死んでしまうという展開に驚いたり、泣いてしまう子もいるんじゃないかなーと
 「これ前にもやったじゃん」というのは経験に基づくものであって、その経験を蓄積していないのであれば新鮮なものとして映ると思います

 
 しかしながら、肝心のフリーズ・ロイミュードの「強敵」感は先週に比べて弱くなってしまった気がします。
 今週は「一度やられることによってさらに『屈辱』を学び、超進化態になる」という感じでしたけど、如何せん一度やられてるからなあ、という点と、記憶操作の方の「能力」が今週破られてしまっているんで、どうにもこうにも「強そう」という描写が若干希薄になった感は否めない。
 ゲストキャラの記憶操作を打ち破った描写がとても素晴らしかっただけに余計に(「俺にとっちゃ世界一の親父なんだよ!」でめっちゃ泣いた)

 
 あと、今週のターニングポイントは仁良さん。
 真影に見限られたことによって特状課に助力し、特状課が誘拐事件の被害者を助け出す為の力になる、というなかなかに頼れる面を見せてくれました。
 良くも悪くも一番「人間らしい」のが彼の魅力だと思います。

 
 とは言えまだ中盤ですし、ここであっさり仲間になるとは個人的には思えない。
 今のところは「真影という後ろ盾を失った以上、今どう立ち回るべきか」と考えて特状課についた感がありますし(捜査一課課長という超エリートだけのことはあって、どうすれば自分に「旨み」があるかという点をしっかりと解ってる)、「本当の仲間」になるのは終盤かなーと

 
 また、個人的な見どころは「ゲンさんがロイミュードの名前を間違え続けていたのは、001の能力の影響だった」というもの。
 ぶっちゃけ、これはギャグシーンを逆手に取った「後付け」だと思います。

 
 でもそれが悪いことかと言ったら全然そんなことは無くて、むしろ見事、という感じ。
 演劇やってたからちょっと解るんですけど、「伏線でも何でもなかったものを伏線であるかのようにしてしまう」というのはストーリーを作る上での「テクニック」の一つと言っていい。
 結果として、出来上がった作品のみを享受する「見る側」「あれって伏線だったのか―! すげー!」と思うわけですからね。
 ここら辺はクドカンが「いま、なんつった?」で書いていたのでそちらも参照して頂ければ……

 ちょっと話は逸れますけど、前作の『鎧武』が失敗してしまったのは、「最初っから最後までの流れを決めて作ろうとした」からなんだろうなと
 結果として、「販促の為に鎧武を優先して勝たせなければいけない為、戒斗の勝つ描写が少なくなってしまった」という、見る側からしたら「弱い癖にデカい口を叩く厨二臭い痛い奴」という印象を与える構図が出来上がってしまうわけで……
 虚淵氏はエロゲ―だったり1クールアニメだったりと「ある程度流れを決めて物語を作れる」環境での仕事が多い人なので、そこら辺も影響してると考えると一概に悪いとも言えないんですけれども

 「先のことなんて解んないけど、その場の流れをうまく取り込んでいこうぜ」ぐらいの方が、4クールという長期スパンの物語には適しているんだと思います
 そこら辺が上手くいけば、急ごしらえのレモンバロンなんて無くても、「戒斗ってカッコ良いな」と思わせる事は十分に出来た筈。

 鎧武外伝は面白かっただけに、「サブライターがガバガバ本編の尻拭いさせられてるよなあ」という印象を与えてしまう訳で……(「ヨモツヘグリ同様失敗作だった」はそれでも無理やり感あったけど)

 ストーリーというものは見る側が受ける印象という「結果」が全て。
 「こういう意図があって」なんていう作り手の「過程」なんざ、見る側からしたら「知らねーよ」って感じですからね

 
 次回、第33話「だれが泊進ノ介の命を奪ったのか」
 剛が元に戻ってるっぽい描写があるのが気になるところ

仮面ライダードライブ 第31話 「大切な記憶はどうして消されたのか」 感想

May 24 [Sun], 2015, 23:59
 最強フォーム登場までのこの流れはやっぱ燃える 

 注:以降ネタバレ有り

 あらすじ
 
 001の正体が国家防衛局長官の真影壮一と判明し、進ノ介はこれを打倒せんと奮起する。
 そんな中、特状課に「行方不明になった父を捜してほしい」との依頼が舞い込み……


 
 
 001の正体を掴んだことでブレンに接触するも、マッハの猛攻に敗走するドライブ。
 そろそろ辛くなって来たのでなんとかしてあげてくれ…… >剛

 
 この進ノ介とベルトさんのぶつかりあう構図が、疑似的に「父と息子」の対比になってるんですよねー
 ドライブの実質的なテーマの一つが「家族」って感じになってきましたし

 
 特状課に依頼に来た青年、藤木徹。
 このエピソードが短いながら結構好きな感じでした
 「ケンカした時、いつも親父と一緒にどら焼きを食べてた」とかちょっとウルッと来ましたね……
 やっぱり親子の絆って良いよな

 
 それだけに、記憶を改竄して人々を苦しめる001への怒りが観る側にも伝わってくるのが上手いなーと
 
 
 進化態に変貌する001。
 こういう、「実力のあるキャラクターがいよいよその真の力を見せる」ってのも少年漫画的かつ解りやすく強キャラ演出の出来る上手い構図ですよね

 
 
 「ミスターX」なる人物から送られてきたメールで、かつて真影長官が執り行った伝染病対策の検診のリストが。
 おそらく、この検診によって国民の「何か」を調べたんじゃないかと

 よく見ると、メールの中に究ちゃん宛で「マーマーファクトリー」から「商品状況確認番号」のメールが来てるのが小ネタが効いてるw
 職場のPCでネットショッピングするなよwww

 
 
 進ノ介が辿り着くと割とあっさりと自身の正体を見せる001。
 記憶が改竄できるからいくら正体を知られようと平気、ってのは確かに強みだわなあ(実際この後のシーンで周りにいた人間の記憶を一斉に弄ってましたし)
 
 
 記憶操作の氷の針を撃ちこまれるも、これが効かなかった進ノ介。

 
 001の進化態である、フリーズ・ロイミュード
 ロイミュードの一斉蜂起のことを「グローバルフリーズ」と呼んでたのを考えると、001に「フリーズ」と冠されるのは何か感慨深いものがあったり

 
 進ノ介の父である英介もまた001の能力が通用せず、そこから「屈辱」の感情を学び進化したと語る001。
 この泊親子の体質の謎が今後の鍵になったりするんでしょうか

 
 記憶の「凍結」だけでなく、物理的な冷凍能力も得意とする001。
 記憶操作に冷凍能力と、強キャラ系能力がフタチマル……(カーリー)
 最強フォーム相手のキャラとしてはそのぐらいの方が相応しいのかなあと


 
 次回、第32話「進化の果てに待つものはなにか」

仮面ライダードライブ 第30話 「真犯人を語るのはだれか」 感想

May 17 [Sun], 2015, 11:59
 001がそろそろ退場しそうなんだよなあ 

 注:以降ネタバレ有り

 あらすじ
 
 オープン・ロイミュードの狙いは、12年前の事件の真相を知る者を一掃することだった。
 一方でチェイスは剛と密かに接触し、彼が001に記憶を操作されているかどうか確かめようとしていた……


 
 先週の感想で書いた「仮面ライダーの先輩」って言が本編でも出て来たの地味に嬉しかったり

 
 
 剛と接触して、記憶を操作されているかどうか確認しようとするチェイス。
 いきなり「耳の裏を見せろ」って言われても剛にしてみりゃ何言ってんだって感じだわなあそりゃ

 
 そして記憶操作されていた剛……
 あのタブレットみたいなのを見せた一瞬の後何があったのか、ってところをまだぼかしてるんでそこら辺が気になるところ

 
 カラフルコマーシャル万能説
 思うんですけど、仁良さんみたいに「コメディリリーフとして狙ったキャラ」と、ブレンみたいに「冷酷で頭脳派のキャラをネタで弄る」のは全然違うよなあと
 
 
 
 父親と同じ構図で息子が同じ少女を守る、っていうこの演出が素敵
 
 
 先週のジャスティスハンターに続き久々のマッシブモンスター
 テクニック専用と化してる上にそのテクニックが最近あまり出ないせいで忘れかけてるファイヤーブレイバーもどっかで出ないですかね……(4号で出てたけど)

 
 オープン・ロイミュードと融合していた根岸もまた、001に記憶を操作されていた……
 ほんと「記憶操作」ってのはシンプルながらにかなり強い能力だと思います
 タイバニでもそれだけで終盤のあの緊張感が演出されてましたしね(あれも自分の犯罪を記憶操作で隠蔽してたなーそういや)
 
 
 12年前の事件現場にも潜んでいた001。
 やはり「父親の仇」として001とは決着をつける形になるんでしょうか


 
 
 修復したプロトドライブのシフトカーで記憶を再生……
 って、アンドロイドだからおかしく無いんですけど目から映しだす構図がシュールでちょっと笑った

 
 記憶の映像を見たことで、進ノ介たちにも001=真影長官だと知られることに。
 引っ張らずにこうして明かしてきた辺り、001は最強フォームの相手として倒されそうですね……
 来週は進化態が出て来るっぽいですし

 
 次回、第31話「大切な記憶はどうして消されたのか」

仮面ライダードライブ 第29話 「強盗事件で本当はなにがあったのか」 感想

May 10 [Sun], 2015, 23:59
 しれぇ! 剛を見るのがつれぇ!(YKKZ)  

 注:以降ネタバレ有り

 あらすじ
 
 捜査一課が頭を悩ませる連続強盗殺人事件。
 この事件の現場で重加速反応が確認されるも、犯人がかつて進ノ介の父の死に関わっていた為、進ノ介は捜査から外されてしまう。
 12年前の事件と今回の事件が、繋がろうとしていた――!


 
 
 一人街を彷徨う剛に接触し、「何か」を見せたブレン。
 ここら辺の真相は次回以降解りそうですね

 
 オープン・ロイミュード
 融合進化態って赤いボディが共通してるから、細かい意匠に着目しないと見分けづらいんだよなあ

 
 ジャスティスハンター久々

 
 
 名前の通り、鍵や扉を「開く」能力を持つオープン・ロイミュード。
 先週のシーカーといい「一体につき一能力」ってのが何ともスタンドっぽいんですよね

 
 パシりとして弁当の買い出しに行かされる進ノ介。
 実際の事件の捜査でも、捜査関係者の親族などが関わった事件では捜査員を意図的に捜査の本筋から外すってことはあるらしいです

 親族じゃないけど、古畑任三郎でも古畑さんが今泉君の事件(2ndシーズン1話の「喋りすぎた男」)だと捜査から外されてましたね
 「私と君は、何故か大の仲良しってことになってるんだよ! 私はそれが一番気に食わない!」

 
 001こと真影長官とニアミス。
 こういう、「正体を知らずに敵の幹部と接触している」っての結構面白いですよね
 フォーゼでも理事長との絡みが結構面白かったんだよな

 
 12年前の強盗事件で進ノ介の父に救われ、今回の事件にも遭遇した少女から手がかりを得ようとする一同。
 「唐沢」って名字で例の弁護士を思い出したのはナイショ(あっちは字が違いますけど)

 
 当時の犯人を慕っていた弟分の丸谷さんから真実を聞き出そうとするも、焦りから感情的になる進ノ介。
 どーでも良いんですけど、「丸谷さん」ってのが途中まで「マリヤさん」に聞こえてたんスよ

 
 
 ブレンと共に現れ、変身して襲い掛かる剛。
 序盤にブレンが見せた「何か」が鍵なんでしょうけど果たして……
 年の初めごろに登場した時は明るくて良い奴だっただけに見てるの辛いんだよなあ

 
 
 真相を知る事に焦るあまり周りの見えなくなった進ノ介を一括するチェイサーって構図も良かった。
 「人間を守るのが仮面ライダーのルールではないのかッ!」ってのは、元々プロトドライブでライダーとしては「先輩」のチェイスだけに重みがありますよね

 
 次回、第30話「真犯人を語るのはだれか」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント