度近亭心恋東へ(2016.9.24〜2016.9.26)

October 12 [Wed], 2016, 23:36
 
 先日、「折角社会人になったし、貯金も少しずつ貯まってきたし思い切って旅行にでも行くか!」ってことで二泊三日の東京旅行に行ってきました

 今回の目的はずばり、「ネットの知り合いとオフで会う」こと。
 普段から仲が良い人、一度話してみたかった人と飯食ったり酒飲んだりしながら……って感じの趣向で旅行プランを立てていきました

 ……記事タイトルは「ウルトラ警備隊西へ」のパロディですね

・1日目(9月24日)

 福岡は快晴。
 まずは自宅からそこそこ時間をかけて福岡の関所、福岡空港へと足を運びます。

 
 ここで今回会う人へのおみやげとして、福岡土産の定番のひとつ「博多通りもん」を人数分。
 
 「博多もだいぶ変わったね〜」
 「ばってん、変わらんもんもあるばい」
 「変わらんもんって?」
 「ま、通りもんば食べんね」

 
 のCMで県民には有名ですが、やはり明太子やひよ子に比べると一般的な知名度が低いので布教も兼ねてネ

 「こらゼンジ! また喧嘩してきたっちゃろ! 母ちゃんよそん人に会うたんびに、ほんなこて恥ずかしか思いばっかしょっとよ! はよ断りば言うてきんしゃい、はよ」
 ♪た〜まには〜けんかぁ〜にぃ〜ま〜けてこぉ〜い〜
 「ごめーん!」

 
 のにわかせんぺいとどっちにするか迷ったんスよね

 福岡から二時間ほどかけて飛行機で成田に向かい、飛行機の中にタワーオブグレーが潜んでいるということも無く無事に成田へ。
 この日は天気があまり良くなく、ぐずついた空模様とちょこちょこ降る雨が印象的でした
 
 
 成田空港で、探してもなかなか見つからなかった御成のガチャポン、「涅槃の際の拙僧と吾輩」を見つけたので二回回しました

 
 結果は「定番の拙僧」と「キュビちゃん」でしたね

 成田から少し距離があったものの予約していた浅草橋のホテルに着き、チェックインすると一休み。
 その後電車で吉祥寺へと向かい、一日目の約束相手、ogiさんと合流。

 ogiさんはニチアサ関連で繋がった人ですが、自分がTwitter始めたての頃からの付き合いなんで結構長いんですよね
 4年前に東京に白石稔さんの舞台を観に行ったときもお会いさせていただいたので、実は会うのは二度目だったり

 
 二人で向かったのは、自分が予約しておいた吉祥寺駅近くの飲み屋「魚秀」
 外観は結構古く見えるのですが、いわゆる「古民家風」のアレンジというだけで中は小奇麗で落ち着いた空間になっている素敵なお店でした

 
 ここは名前の通り魚料理が中心のお店で、とにかく魚が美味しい!
 写真の刺身盛り合わせのほかにも、揚げたてのカマスフライだったりシメに鮭茶漬けと魚尽くしでもうたまらないです
 今回ここを選んだのはogiさんが以前「トシのせいか最近肉とかあまり食えなくなってきたなー」的なことをおっしゃっていたので、「じゃあ魚が美味しいトコにしましょうねぇ」と思って予約したんですよね
 この心意気が伝わったようで嬉しかったです

 とりあえず生ジョッキを注文し、そこから始まる二人のオタトーク。
 
 前にお会いした時の話。
 お互いの仕事の話。
 ニチアサの話。
 映画の話。
 ジョジョの話。
 
 映画に関しては自分が
 「まだ『シン・ゴジラ』と『君の名は。』観に行けてないんスよねぇ」
 って話をしたら
 「折角だからこの後新宿にシン・ゴジラ観に行きません? 俺奢りますよ」
 とまでおっしゃって勧めてくれたのが嬉しかったです
 結局席取れなさそう、終電間に合わなさそうってことで映画デート♥は頓挫したんですけど……
 (ちなみに、旅行の後にシンゴジは観に行きました)

 時間にしてわずか二時間ながら、お互いの熱量をぶつけ合い語り合う濃密な時間が過ぎ、店の回転の関係でシメをいただいて出ることに。
 ワリカンにしましょう、半分出しますって言ったんですけどogiさんが「いいですよー、出します出します」とおっしゃるので、話し合いの末最終的に自分は端数だけ出すことに。
 自分から誘っといてほとんど奢ってもらうのもなんか申し訳ないですよぉ〜ogiさぁ〜ん!

 吉祥寺駅で「またTLで会いましょう!」と別れた後は夜の秋葉原に行き、メロブでお気に入りの悪堕ち絵師こと左藤空気先生の新刊を購入。ラスイチだったからラッキーでしたね

 
 あと、酔った勢いでUDXに行って一枚パシャリ。
 まー一応ラ! の聖地巡礼ってことで(雑)

 その後ホテルに戻ると、シャワーの後にTOKYO MXが映ることを利用して『ラブライブ! サンシャイン!!』の最終回をリアタイ実況。
 ラッシャイ、特にブログで触れたことないんですけど実は毎週見てたんでネ
 その後は特にすることも無し、という感じだったので早めに床に就きました

・2日目(9月25日)

 2日目は日曜日!
 というわけで早起きするとホテルの朝食をいただき、部屋に戻ってニチアサを実況。
 ゴーストの最終回だったのもあって色々と昂った

 プリキュアまで見終わるとホテルで「スカイツリーに近づきすぎず遠すぎずで写真撮れるとこ無いですかね?」と聞いて返答のあった三ノ輪に向かったんですが、ここで道 に 迷 い ま し た
 ごっちゃごっちゃして目印の少ない街並みなのもあってマップと照らし合わせて場所把握するのに時間かかっちゃったんスよね

 
 結局撮れたのこれだけですし……
 クッソうっすらとしか映っとらんやんけ!

 そんなこんなで40分も遅刻しつつ、神保町で剣先するめさん妖精からっぽまるさんと合流。
 コマンドーやアニメ関連で知り合い、年も近いのでよく話したりふぁぼを贈りあったりといった「ツイのオタ友」って感じです
 この二人どっちも「大隈さんの大学」のOBと生徒だからなんかすっげー偏差値高い会話でした(浦沢義雄的表現)

 妖精氏がピンクのシャツ着てきてたの、まさに「アリス・カータレットの精神」なんだよなぁ……
 遅刻してなかったら
 「ウ↑ィィィィィィッス! どーもーsyamuでーす! 今日は、オフ会当日なんですけれども! 参加者が! 二人も! 来てくれましたぁ〜〜……。 いったい何が良かったんでしょうね〜〜、日ごろの行いが良かったんでしょうか」 って言うつもりやったんやけどネ

 
 まずは予約していたカフェ、「Muu Muu Diner」へ。
 神保町のおしゃれなカフェに行きたい! というのが密かな望みだったので、ここのチョイスは完全に自分の都合ですね……
 
 
 ここはハワイアン系とコーヒーが主な料理ということなのですが、ランチメニューのハンバーガーが美味しそうだったのでそれに。
 ミディアムレアのハンバーグステーキをアピールした盛り付けもおしゃれェ!
 コーヒーも深みがあって凄く美味しかったです
 
 取りあえず仕事の話やアニメの話して時間が過ぎたところで(するめ氏の仕事の話めっちゃ面白かった)一度店を出て、しばらく神保町周辺をぶらぶらと歩いてスイーツ系のお店が無いか散策。
 ツイのオタク同士の会話ということもあり、ちょこちょここの場にいない共通のフォロワーの話とか出てくるのが楽しかったです
 ク○ダサ英字プリントTシャツマンによる大室櫻子への風評被害で地球が地球が大ピンチ

 
 
 紆余曲折の末「EXCELSIOR CAFFE」に腰を落ち着けると、ケーキとコーヒーを頼んだ後はひたすらに喋る! 語る!
 するめ氏がしょっちゅう「しらたまこメソッド!」とか言うからいつ妖精に刺されるかとハラハラしてたよ俺ァ

 「ギンガマンは軍団ごとの個性があって面白かったですよね」
 「今でも思う、サンバッシュにこそビズネラをつけるべきだったって」
 「サンバッシュ、パワレンだと銃規制の関係で結構キャラ変わってるんスよねえ、刀持ってて」
 「え、ポン刀でバイク? めっちゃカッコ良くない?」

 「きんいろモザイクって妖精さんの言う通り原先生の世界で完成してるじゃないですかァ、だからディケイドでSS書きたいけどあの世界を破壊していいのかって想いもあってえ」
 「いやでも、ディケイドって世界に対して『破壊』で向き合うキャラクターだし……いいんじゃないですかね?」
 「おれほんと『海だって、言葉だって越えられる。わたしはそう信じてるよ! だから……世界を越えて、友達になったっていいはずだよ!』って台詞書きたくって」
 「ウン、あの台詞ほんとカッコいいなーって思いました」


 
 「妖精さん的にはあれアリなんスか? ちょぼ先生がエンドカードでシャロの家燃やしちゃったヤツ」
 「あーあれですか? あれはまあ」
 「あれはTwitterの方で理由説明されてましたもんね、リゼに家バレして『ここは私の家じゃないですから! 人の家ですから、こうやって燃やしても平気ですから!』って自分で火つける、みたいな」
 「いやまー、人の家でも燃やしちゃダメだろって話ですけど」

(後から調べたらちょぼ先生『キャンプファイヤー用の家』だからと偽って自分で火をつけたって解説してて『やべーなこいつ』って思いました)

 なんかほんとね、「だからどーしたよ」ってぐらいのオタ会話ではあるんですけど……こうやってケーキ食ったりコーヒー飲んだりしながら実際に会って話せるっていうその「生の体験」が大事なんだよなーと

 
 17時半からは村上さんと秋葉原で待ち合わせだったので、そのまま三人で歩いて秋葉原まで行くことに。
 途中で神田明神に寄ってお参りしてきました
 一応これもラ!の聖地巡礼ってことで(ラッシャイでもちょこちょこ出てきましたよね)

(10/12追記)

 この日の待ち合わせ時間ですが、「18時」のところを私の勘違いで17時半だと思ってしまっていたみたいです
 こちらから誘っておいて時間を間違えたのは大変申し訳ないです……
 つーか今の今まで気づかなかったんかい俺ェ!

 時間までひたすらUDXの下で語り合って別れた後に(最後の方はホモビネタ多かったッス)、同人サークル『スタジオきゃうん』村上雅貴さんに連絡してUDXの橋のところで合流。

 村上さんは自分が産まれる前から同人活動をなさっている方で、ツイの方でいろいろとお話しさせていただくと楽しかったんで一度お会いしたかったんですよね
 おれスタジオきゃうんの本20冊ぐらい持ってるし、作品との波長も合ってるのかもです

 
 村上さんは特にお酒飲まれる方でも無いので、予約とか要らないファミレスみたいな気負わない感じのお店に行こうかなーと思っていたので、話し合いの末秋葉原のマクドナルドに行くことに。
 ここの手の模様のこと村上さんが【ビタミンC】って言ってるのほんと笑うから

 
 地下の一角に席を取ると、後はひたすらにお互いの「好き」を語り合っていた気がします
 この旅行で一番濃厚なジョジョトークが出たのは間違いなくこの瞬間でしたね

 「フラッシュマンが終わった時、フラッシュマンがフラッシュ星に『帰らなければならない』ってのがすごい悲しくて……。EDに『ああ この大地は 俺達のもの ああ あの大河の煌きも』って歌詞があるのにあれってのがまた」
 「だからその悲しさの反動でマスクマン見れてないんですよ」

 
 こういった感じの話は「自分より一回り以上上の時代を生きてきた人ならではの感覚」を知ることができて面白かったです
 
 自分の『本編シリーズ』をがっつり読んでくださっているので、そっち関連の話ができたのも凄く楽しかった!
 
 「まんまジョジョの台詞あるじゃないですか、『同じことを二度言うのは無駄だ』ってヤツ」
 「あーあれですね! あれ実は……あー駄目だ、これ以上言ったら駄目なやつだこれ! そういうのは作品で言わなきゃ……」
 
 「裏話とか語るのくっさいじゃないスか。そういうのは作品で語らなきゃ意味ねーって思うわけで……。キャラクターファイルもコメントで欲しいって言われたから記事にしたけど、言われなかったら絶対やらなかったですよ」
 「好きな映画とか設定してあるのが凄い荒木先生っぽいですよね。キャラクターの身上調査表が……って」
 「ですです、荒木先生リスペクト! ってカンジで」
 「こういう性格でこういう感性を持ったキャラクターだからこの映画が好き、っていうのまで考えるわけですしネ。そこら辺は筆者がどれだけどういうった作品を見てきたかってのも関係しますし」
 「多彩な情報をアウトプットする為には、それだけ引き出し……インプットする情報が多くないといけないと思うんですよ」 
 
 「度近亭さんは『エンターテイメント的』な視点が凄く強いと思うのです」
 「キャラクターや事象の全てにそこに存在する意味があって、活躍の場がある。それスゲーなーって思ってて」
 「ちゃんと『これを使うならこうしよう』ってのの為に設定も調べてますし」

 
 といったお言葉をいただいて「なるほど、そういう風に受け取っていただいてるんだな」と嬉しさと驚きが同時に来ました
 めっちゃモチベ上がるじゃないッスか

 それと、何枚かイラストと夏コミで出したまほプリ本『魔刻』のネームをいただきました
 イラストの中に誕生日に描いていただいたちとせのやつと、密かに「ええやん」と思っていた「黒澤ダイヤがゴーバスターズのジャケット着て『Diamond is Unbreakable!』って言ってるやつ」が入ってたの、う……うれしい!(告白された康一君並の感想)
 ネームは読むと試行錯誤の後などが垣間見えて、勉強になる点も多かったですね

 気づけばなんと5時間近くマックで語り合っていたのは、それだけ楽しくて熱中してたからですよね
 村上さん度々「つまらなくてごめんね」的なことおっしゃってたんですけどンな事ないッスよぉ! すっげー楽しかったッスよォ〜〜!
 ご自分を「旧いオタク」とおっしゃっていたけど、「温故知新」がモットーの自分としては「旧いかもしれないけど、それはそれでいいじゃあないですか。『旧い』ことは『悪い』ってこととイコールじゃあないですよ」と思います

 ホテルに戻った後はそのテンションの高まりを楽しんでいた気がします
 するめ氏の「普通に大変良心的な常識人でした」「予想通り、パンチとキックが強そうな外見でした」っての笑うわ
 

・3日目(9月26日)

 この日はもう帰るだけ。
 
 成田に向かう電車で村上さんのブログを読んで

 「寡黙な方であった。
 いや、僕がうるさかっただけか。
 目力がとても強く、
 確固たる意思を持ちながら
 威圧感のない眼差しで僕を見つめていた。
 うむ、いい男。
 ときめくぜ。」


 ってところを噛みしめて(楽しかったよなあ)と改めて

 
 空港で実家と職場へのお土産を購入して福岡へ。
 帰りは東京も福岡も晴れてたんで良かったですね

 
 振り返ってみると、普段画面越しに文字で話す相手と実際に合って、目を見て、一緒に飯を食いながら話すという体験は非常に有意義な時間であったと実感する旅行でした
 また仕事やお金の都合と照らし合わせつつ行きたいですね……
  • URL:https://yaplog.jp/dokintei0713/archive/913
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像度近亭心恋
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年05月03日)
アイコン画像えるしゃーる・れいとん
» やっぱり感想って励みになりますよね (2019年04月30日)