仮面ライダードライブ 第43話 「第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか」 感想

August 23 [Sun], 2015, 23:59
 注:以降ネタバレ有り

 
 
 警察もロイミュードを撃破できるようになったりと装備が進化。
 どんよりにも対応できてましたしね
 ここら辺はクウガ終盤の神経断裂弾とドルドの流れを思い出したり。

 
 未登場だったバット型011、スパイダー型099、コブラ型100、データに還元されたバット型051などがいつの間にか倒された扱いになっていたり。
 ここら辺は「画面外の戦い」として二次創作なんかで補完したりして楽しめそう(二次創作者並の感想)
 他に、劇場版のパラドックスロイミュードも追加されてますね

 
 劇中だと「真影が建設を止めていた」としか言及されませんでしたけど、戸賀間さんは真影(001)の事件の後臨時で長官代理のポジションについているようです
 
 
 
 進ノ介がついに霧子のことを意識しだしたり。
 映画の「まだ彼女もいないんだぞ!」「あ、霧子のこと『そういう目』では見てないんだ」と思ったんですけど、あれは40話と41話の間に入る話なんでこの話も併せて見ると納得ですね
 前述のパラドックスロイミュード(スパイダー型108)が追加されてる件もありますし

 
 チェイスと進ノ介、剛の会話は所謂「巨匠演出」がてんこ盛りで、直後のロイミュード幹部と蛮野の会話シーンと上手い具合にギャップを作り出していていい感じでした

 
 ブレンの容姿のモデルとなったのは、中央情報局副所長にして天才プログラマーの「杵田光晴(きねた みつはる)」

 
 ブレンの眼鏡とハンカチへのこだわりは、この人のものをそのまま受け継いでいたって所も明らかになったり。
 以前にも言いましたけど、「伏線でもなんでも無かったものを伏線であるかのようにしてしまう」っていうこの作劇が好きなんですよね
 バクマンで「過去の描写を持ってきて、それを伏線であったかのように使う」って言われてたあれです

 
 
 ロイミュード004の人間態はクリム・スタインベルト。
 004がブレンに
 「ロイミュードの心など所詮コピーしただけのものにすぎない」
 って言ってるところがちょっと悲しかったです

 
 チェイスの「俺は霧子を愛しているようだ」っていう描写があるだけに、「機械生命体が心を持つことはできるのか」っていう面が強調されて上手いですよね
  
 しかしまあ、004とグラサンクリムが同一人物だったとなると本当に早瀬は終盤絡んでこなさそうですね……
 004関連で何か関わってくるんじゃないかと思ってたんですけど
 苗字が「早瀬」だからやっぱさそり男こと早瀬五郎を思い出しますし、何かしらロイミュードと繋がってそうだと予想してたんですよね
 
 
 
 次回、第44話「だれがハートを一番愛していたか」
  • URL:https://yaplog.jp/dokintei0713/archive/679
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント