ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio23 「クラッシュとトーキング・ヘッド」 感想

March 25 [Mon], 2019, 0:00
 注:以降ネタバレ有り

 今週は原作の『クラッシュとトーキング・ヘッド そのC』から、『クラッシュとトーキング・ヘッド そのF』まで。

 
 
 幕間として入れられたおさわりの手つきがいやらしくてやっぱできてんだろこいつら!と
 
 
 「撃てねえーんなら撃てねぇーで殺る方法はある」でプロペラの方で攻撃するの、ナランチャほんと危機的状況での機転の利き方半端ないなって
 読者の側にも「【エアロスミス】の攻撃方法は機銃」と思い込みが出来ているので、「ああーそういうのアリか!」となるんですよ

 
 【トーキング・ヘッド】のスタンドパラメータ。
 単体での戦闘には向かないスタンドですが、今回の「敵チームを撹乱する」という使い方のほかにも「交渉相手や公人の言質を取らせる」という対外交渉などにも使えるのではないかなと

 
 名前の由来はアメリカのロックバンド、Talking Headsから。
 
 
 
 やはり「スタンドの本体探し」はシチュエーションだけでわくわさせてくれます
 主人公サイドと敵サイドのそれぞれの精神的駆け引きが活きる展開ですからね
 このエピソードの場合は「ナランチャはスクアーロを探している!」と敵サイドと読者に思わせてからティッツァーノの方で探し当てた!っていう流れはミステリの視点逸らしのテクニックが活かされていて面白いんですよね

 
 
 五部は基本的にギャングの命の取り合いなので互いに覚悟を決めていることが多いんですが、喉に食らいつかれても「これしきの事」と言ってのけるナランチャ、「水」を作る為に自らを差し出すティッツァーノといった具合に覚悟を互いに提示してくると燃えますね……
 
 
 それでいて「組織の命令と関係無しに、おまえのためにヤツを始末する」と個人の感情が上回ってしまった時点でスクアーロはギャングとして精神的に負けているというのが主人公サイドの勝つロジックとしても無駄がない!

 
 
 ボラボララッシュは期待以上の出来でした
 叫び過ぎず覚悟を決めた感じの落ちついた演技にしたのも評価点ですね

 
 次回、Episodio24「ノトーリアス・B・I・G(ビッグ)」
  • URL:https://yaplog.jp/dokintei0713/archive/1086
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:度近亭心恋
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年7月13日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
特撮・アニメ好き。SSも書いてたりする。
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像えるしゃーる・れいとん
» ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio22 「ガッツの『G』」 感想 (2019年03月18日)