愛情のかたち

May 20 [Sun], 2018, 2:17
カメラを整理していたら、素敵な写真が出てきた。
ホノルルで見つけたチャーミーグリーン。(昭和な描写)
ふたりの時間が後ろ姿から溢れ出してるね。


京都祇園バハブラッド

November 09 [Thu], 2017, 12:26
なんと・・・初めてでした・・・・・・。
地元京都でのソロライブ!



こんなに長くやっているのに、地元で今までソロしてなかったってどういうことっ!?
ね!
うーーん、大阪で活動してたからかな〜

というわけで、関西としても、実に久しぶりとなるソロピアノライブでした。

「お客さん、来てくれるのかしら・・・・」

と実はとても不安だったのですが、
懐かしい いつもありがと〜 初めまして
と、ひとりひとりの顔を見ると、
それぞれにお伝えしたことがあふれて来て、
久しぶり過ぎて時間が足りないっ(笑)

大切な時間を、一緒に過ごしてくださってありがとうございました。



▼セットリスト
-1st-
Bon Voyage
ゴージャス
あの日の海
MOON (wint kiku)
朝のおまじない (wint kiku)

-2nd-
JAZZの練習曲(仮題)
東京U
赤とんぼ (improvisation)
ソレイユソレイユ
!CHASE!
意味なき今日も生きる鼓動 (wint kiku)

アンコール Amazing Grace (wint kiku)



スペシャルゲストボーカルとして、kikuちゃんが来てくれました。
たまたま同じ時期に関西に滞在してると聞いて、
「ほな、歌いに来てよ!」 「ええよ!」
とふたつ返事で参加決定(笑)

でも、もともと二人が出会った関西で、
またこうして一緒に音を合わせられたというのは、
感慨深いものでした。

会場のBaja Bluet(バハブラット)
京都祇園にこんな場所があったのか〜!
とびっくりする、めちゃくちゃ居心地が良くて、あたたかい空間。



スタッフの皆様も、ノリが良くて、優しくて、キメ細やかなおもてなししてくださって最高!
薬膳を使ったお料理、私はカレーをいただきましたが、
体がほっとリラックスできそうな、おいしいカレーでした!
優しいけどスパイシー。

YAMAHAのグランドピアノも、
ものすごくかわいがられているのが伝わってくる、
素敵な響きのピアノでした。



フルオープンで演奏させてもらったけど、
一番前の席の方、すごく近かったけど大丈夫だったかな?(笑)



みんなありがとう。
関西だいすきです。
京都もだいすきです。

この場所、この人がいるから、
別の場所でまた頑張れる。

笑顔や元気をもらうのは、いつも私の方です。



ちょっとちょっと、この写真すっかりkiku押しになってますけどー(笑)


最後に、バハブラットの平井さんが撮影してくださった、
ライブ動画を貼り付けておきます。

赤とんぼを即興で演奏しました。



また会おうね。
ありがとう。


ジュニアクラッシックコンサートでした

September 19 [Tue], 2017, 9:27
昨日は、全日本ジュニアクラッシック音楽コンクールの全国大会で、
伴奏をしてまいりました。

夏から、予選、本選を勝ち抜いて、
全国大会までやって来たわけですが、
さすがに、全国!

皆さま、衣装もとっても華やか、
共同の楽屋は、麗しい発声練習の歌声でいっぱいです。

伴奏した歌い手さんは、
中学生1年生の女の子。

将来は歌手になりたい、という、
夢いっぱい、希望もいっぱいの、
若きシンガー♪

中学生の部、ということで、
3つ上のお姉さんたちの仕上がりまくった歌も聞きながら・・・(笑)

心を込めて「さくらさくら」を歌いました。



結果、なんと全国第5位という輝かしき入選を果たし!
12月にある、サントリーホール(小)でのお披露目コンサートへの出場権をいただきました。

初夏に曲決めをしてから、
初めてのリハーサルスタジオ(←なんか、たまたまちょっと場末な感じのリハスタだった、笑)、
そして初めてのレコーディングなども体験し、
その様子をそばで見せてもらってて、
私もとっても勉強と刺激になりました。

まっすぐな歌声。
まっすぐな心。
あたらしいキャンバスに描いていく感じ。

ああ、若いって素晴らしい!!

さて、お披露目には新しい歌に挑戦するということで、
伴奏も気が抜けません(^^

ホールでどんな風に歌声とピアノが混ざり合うのか♪
楽しみです。

歌は心

July 17 [Mon], 2017, 22:24
全日本ジュニア音楽コンクールの予選でした。

もちろん私はとっくにシニアなので(笑)、
伴奏者として、歌い手の中学生の女の子とともに挑みました。



会場は独特の緊張感。
いろんなことを思い出しました。

ヤマハで年に2回くらいあった発表会のこと。
本番前に、ステージ袖で椅子に座って待っている時の緊張。
私が中学生のとき、同級生の女の子の声楽発表会で伴奏した時のこと。
審査結果を待つときのそわそわ。



気になる審査結果は・・・

みごと合格!

いやー、よかったです♪♪♪
審査員の先生からの書評も、とってもあたたかいお言葉が並んでました。
ほっと一安心

歌い手あんちゃんの声を聞いてたら、いつも思います。

子供の時しか出せない音、声ってあるんだなぁ。

それは、音色の話ではなくて、心の透明さなんだと思う。
ひたむきさ、まっすぐさ。
ぶち当たった時に、ともすれば壊れちゃうような向かい方。
傷ついたり、思うように行かない経験がたっくさん増える前にだけ出せるものなのかな。

恐れを知らず、まっすぐ飛んでくる歌ごえ、心洗われます。



よっし、次に向けてレッツゴーだ!

そだそだ、今回歌った曲は、
日本の唱歌、「故郷」でした。

色んな伴奏楽譜があったんですが、
いまいちハーモニーやリズムがしっくりと気に入ったものが見つからず・・・、

納得いくまで伴奏をアレンジしてみました。(笑)

ものすごく美しく、心に響く歌だと感じたので、思い入れが溢れまして。
日本の歌、大事にしたかったの。

伴奏がずっと旋律をなぞってしまうと、
せっかくのきれいな声の見せ場が、ピアノと混じってしまってもったいないな〜、
という箇所は、歌と別のハモりを伴奏にしてます。

逆に、ちょっと歌の音程が不安定になりそうだな〜、という場所は、
旋律に対してガイドになるような音を伴奏に混ぜてます。

もし、もし、何かで使われたい方いらっしゃいましたら、
期間限定でお譲りしますので、何かしらでメッセージをください。
お送りいたします

ソプラノ独唱用です。

テノヒラ「風を生む人」発売

February 03 [Fri], 2017, 18:33
CDジャケットの写真撮影と、
クリエイティブに関わらせてもらったCD発売のご紹介です。



流通CDのジャケット写真撮影なんていう大役を仰せつかって、
どきどきだったのですが、
こうして作品になり、
まもなく店頭に並ぶのを想像したら、
うれしさもひとしおです。

2月22日よりタワーレコード、Amazonほか全国CDショップで販売
▼テノヒラ 『風を生む人』 
http://tower.jp/item/4423401

▼動画「風を生む人」 バンドバージョン
https://youtu.be/yyX8vmui5ko

▼動画「風を生む人」 
テノヒラ(Vo.kiku / Per.Shin) Pf.土井あかね
https://youtu.be/4mDPYPdXGSw

ここで、撮影小話を(笑)

ボーカルのkikuちゃんとは、もうかれこれ20年弱の付き合い。
メインの曲、「風を生む人」も何回も一緒に演奏したこともあり、

kikuちゃんの好きな感じ、曲のイメージは、
ある程度、つかめた状態だったので、
どんな写真を撮影するかの話し合いは、
まったく苦労することなく決まりました。

都会?海?いや、山やろ。
しかも深い山。
人の手が入ってない感じ。


撮影中、背景に鉄柵とか、人工物が映らない場所がいい!

そんなわけで、やって来ました。
奥多摩。



ええ、奥の方。ずいぶん奥の方です。
人っこひとりいないだr・・・・・・・・・・・・

あれ!?



あれーーーー!!!?????





なんと、こんな山奥まで、
ハーレー大好きおじさんたちの集団が。
みんなかっこいいぞ。

そして極めつけは、この日に限って開かれていた音楽祭(笑)

めっちゃ人おるやん(笑)




・・・・・・・(^^; おやまあ。


しかし!
この日の撮影チームは、必要以上なポジティブさを備えた
ゴールドメンバー(←安っぽい)

メイク:あっこちゃん
レフ板:川崎綾子
カメラ:土井あかね

そっこーで気持ちを切り替え、
「こうなったら、祭りを楽しもう!!!」



早速、メイク待ちの間、
わたしとあやぽね(川崎綾子さんの通称)は
出ていた屋台で豚汁をゲット!

「やっぱり緑の中で食べる豚汁はサイコウだねぇ〜」

ハーレーおじさんたちとも
「あら、どこから来たの?」
なんて、会話しつつ・・・

豚汁も無事食べ終え、
川崎先輩とまずは、仮撮影。







なんでこの人は、こんなに写真映りがいいんだ(笑)



戻って来たら、こんどは
差し入れで持ってきたおでんターーーイム!





メイクは続くよ、kikuちゃんは。



そして、メイク完成!

いよいよ、本当に撮影が始まります。

この寒い中、kikuさんはノースリーブ&はだし。
最初は固かった表情も、
ゴールデンチームのヤジと、ちょっかい攻撃を受け、
自然とやわらかに。




どんどん、面白い方向を目指してしまうのが、
このチームの悪い癖。


こんな写真は、ジャケットには使えません。



そして、夕方までたくさん撮影しました。
いやー、頑張った!



ジャケットには、この日に撮影した写真300枚のうち、
5枚が厳選して使われています(笑)
ぜひ手に取ってご覧ください。


おはなしNOTE スタジオ収録のこと

January 29 [Sun], 2017, 17:51
あらためまして、ご案内です。

先日1月26日(木)に出演いたしました、
声優 能登麻美子さんの番組「能登麻美子おはなしNOTE」200回記念放送。

1週間限定でオンデマンド配信されております。

能登麻美子さんの朗読に合わせてピアノを即興演奏いたしました。
また、番組後半では、能登麻美子さんとフリートークで色んなお話をさせていただいております。

簡単な会員登録後、2月4日までこちらのページよりお楽しみいただけます。

▼文化放送 超A&G 能登麻美子のおはなしNOTE
マリヴロンと少女 / 宮沢賢治
http://ondemand.joqr.co.jp/AG-ON/contents/note20170128.php
朗読:能登麻美子 ピアノ演奏:土井あかね
時間:28分58秒

ああ・・・・・
「マリヴロンと少女」あらためて振り返ってみると、とても不思議なお話だったなぁ。

▼青空文庫「マリヴロンと少女」宮沢賢治
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/1922_17654.html


芸術を追い求めること。

果てしなく遠い、深淵に手を伸ばそうとしているような、
絶対に届くことのない何かを探し続けることのような。

しかし、いや、ともすれば足元にあるもの
取り立てて意識するこもない、在り来たりのこと
そこに芸術が宿っているのではないか・・・

この物語を読んで、
ふわりと思い出したのは、

少し前に見た「リー・ミンウェイとその関係展」。
http://www.mori.art.museum/contents/lee_mingwei/index.html

リー・ミンウェイさんご本人の意図にどこまで迫っているかは置いといて、
私なりに「art」が何か、ということを深く考えさせられた。

展示の中で一際印象に残っているは、
広い会場のスペースに、ガーベラの花がたくさん並べて飾ってあって、

「この中の一本を持って帰っていいよ。
 今日来た道と別の道で帰り、その道すがら会った
  あなたの知らない誰かにプレゼントしてください。それもアート。」

と書いてあったもの。

私はガーベラを一本持ち帰った。
そして、そこに生まれたドラマ。

・・・・・ほんとだ
こんなところに、アートがいた(^^)。


そして、もうひとつ、この「マリヴロンと少女」を読んでいて、
自然と私の脳内でリンクしてしまったものがあって、
それは
「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」

(笑)
コミカルなアニメに違いない、と思って油断して見たら、
号泣した映画なのですが、

マリヴロンの台詞に次のような一節がありました。

「正しく清くはたらくひとはひとつの大きな芸術を時間のうしろにつくるのです。・・・」

クレヨンしんちゃんの映画で見た、感じた、とある場面に
この下りがなんだかぴったりと当てはまるような感覚がして。

自然と、演奏にあたたかな気持ちがこみあげました。
ご興味のある方は、よろしければ映画をご参照ください

同じテーマで作った私の曲の中のひとつに
『レクイエム』という曲があります。
ばあちゃんが亡くなったときに作った曲なのですが、
一人の人の人生が、毎日が、一挙手一投足、一言一言が。
どんなに輝きを持っていて、尊いものかを痛烈に感じ、
そんな想いを込めて作り、演奏しました。

▼レクイエム
https://soundcloud.com/doiakane/a-song-for-grandma-requiem

長くなりましたが、
収録中に感じていたことをまとめてみました。

なんだか、収録中はふわっと心にあった色々なもの、
こうして文字にしていみると、意外と色んな情景やテーマが
自分なりに行ったり来たりしてたんだな〜
あとで気づいた(笑)


この度も、収録前も収録中も
いつも細やかなお気遣いをくださる能登麻美子さん、
そして番組スタッフのみなさんに心より感謝申し上げます。

そして末筆になりましたが、200回おめでとうございます★★★

麻美子さんの包み込むような、でも時に情熱的であり、
ときどきとっても男前だったりもする(笑)素敵な声に合わせて演奏することは、
楽しくて、興味深くて、それでいてとても自然で・・・
まだまだ尽きることなく究めてみたいことだらけです。

次回、春の公開収録では、また能登麻美子さんの朗読に合わせて、
スタインウェイの素敵なグランドピアノでの生演奏で参加させていただきます。
今から、もう、心のそこから楽しみでわくわくです。



テノヒラワンマンライブ あれやこれや

November 11 [Fri], 2016, 12:41
11月7日、友人であり、長い音楽仲間でもあるテノヒラのワンマンライブに参加してきました。
年に一度、ボーカルのkikuちゃんの誕生日に合わせて開催される、
恒例のワンマンライブ。

今回はなんと10回目、つまり10年目です!

メンバーのkikuちゃん、真ちゃん(ドラム、パーカッション)とは、
20代前半からの長い付き合いで、
私がテノヒラに所属していたころから今まで、
何度も一緒に演奏してきた仲間です。



kikuちゃんが、当日のMCで話してたけど・・・
実は3〜4年前に、吉祥寺の居酒屋で、二人でだべってた時、
このワンマンを続けていくか迷ってた。
いやー、想像以上にワンマンライブって準備がいるんです!
心の準備、作品の準備、備品の準備、そしてお金の準備も!(笑)

その時、私が言ったことば。
「いやーー、10年まではやらなあかんやろ。」

ええ、ええ、言いました。
無責任にも、10回やった方がいいって!(笑)

未来に、私たちがどんなふうになってるかは、
はっきりとは分からなかったけど、
でも、聞きに来てくれる人が、楽しみにしてくれる人がいるなら、
ちっちゃくてもいいから、やり続けてほしかったんです。
いちファンとして!そして同じ音楽人としても。

だから、友が「10回目」という偉業を成し遂げるのを、
勝手ながら自分事のように感じていました。



そして、100人近い満面の笑みのお客さんと素敵なバンドメンバーに囲まれて、
10年目のゴールテープを切った二人に、心からおめでとう&お疲れ様を言いたい!
ほんとよくやったよ〜!!!!!
音楽を囲んで、人とつながりながら、歳月を重ねられるって、ものすごく幸せなことやな。
よかったね。

元テノヒラメンバーということで、
一緒にバンドをやってた約15年くらい前の曲「契り」を演奏したり、
いま一緒にやってるバンド オトノオトの最新曲「意味なき今日も生きる鼓動」を演奏しました。



最近kikuちゃんが書いたこの曲の歌詞に

「意味などなくとも今を 精一杯に生きるよ」

っていう歌詞がある。

若いころからずっとkikuちゃんの歌詞を見ながら来たけど。
ついに、来るところまで来たな、っていう感じ。
真髄を突かれた感じ。
いまの私には、ぴったりと来る言葉だった。
あーーー、この曲も早くみなさまにお届けしたいな。

そして、この日に向けて一緒に作らせてもらったアルバム「風を生む人」は
私にとっても宝物になりました♪ 



私は今回はフォトグラファー&DTPオペレーターで参加しておりますのでぜひご覧ください(笑)
この撮影に駆り出された・・・おっと協力したチームメンバーが
濃すぎて・・・・



あ、この話は長くなるので、また別の機会に。

ネクストステージへ!
これからも一緒に奏でていこう〜(^-^)

入稿完了〜ほっと一息

October 24 [Mon], 2016, 18:35
新しい制作物の入稿が無事完了してほっと一息。

今回は、写真の撮影からやらせてもらったので、
達成感もひとしお。

そう、山奥に行って撮影してきました。

空気が澄んでいて、ひんやりとしてて。

ちょうどあと数週間もしたら、
この場所がものすんごい彩り豊かな紅葉真っ盛りになるんだろうな。




久々、アスファルトでない地面を踏みしめながら、
空のご機嫌伺いしつつ、
風景と人物あわせて200枚くらい撮影。




私の場合、自然の中にいるときのほうが
圧倒的に撮りたいものが多い。






紅葉の季節も良いけど、
いっけんさりげない季節の中にも、
発見はいっぱいある。


CDの出来上がりが楽しみです。

坂本瑠美さんコンサート

October 24 [Mon], 2016, 2:02
今日は、以前、俳優 福井晶一さんのイベントで共演させていただいた、
バイオリニスト 坂本瑠美さんのソロコンサートへ行ってまいりました。




客席からゆっくりとあらためて聞かせてもらい、
新しい発見がいっぱい!
一緒に演奏するのもいいけど、
こうして友達の音を姿をゆっくり堪能させてもらうのも良いものです。


実はバイオリンの音がピアノとおなじくらい好きです。


そして、同じく晶一さんイベントで出会った
女優のりいなちゃんも登場。
素敵な歌を聞かせてもらいました!

ありがとう

July 15 [Fri], 2016, 0:35


この歳になると、自分の誕生日には両親のことを考えるようになりました。
あー、今の私の歳の時、父、母は、何を考え、何を感じてたんやろうなーって。

起きて、働いて、ごはん食べて、誰かと話をして・・・
いつもと代わり映えのない1日でしたが、
変わり映えのない今日が過ごせたことに心から感謝です。

声をかけてもらったり、お店でおまけしてもらったり、おいしいご飯を頂いたり、
そんな当たり前のように起こる小さな幸せの連続が、
実はとても尊く、手に入れがたいものだと思います。

歴史を振り返り、世界を見渡して、
また、身近に災害などを体験し、
日々変わりなく過ごせることが、いかに稀で貴重なのかと痛感します。
面白く、にぎやかな幸せも良いけど、
ぼちぼち、地道に傍にいてくれる幸せも素晴らしいものです。


さて、「不惑」と言われる歳に突入しましたが、
私の中では、ちょうど折り返し地点でありました。

いちおう80歳まで生きる計算で、いろいろものを考えてます。
(明日何があるかはわからんけど、暫定で!)

それで行くと、ちょうど後半に入ったということで(^。^)
これを機に、少し取捨選択や優先順位の付け方のスタンスを変えます。

これまでは、ザ・人生の下積み時代とし、
人から求められることや、人に意見されたことを重んじるようにして来ました。

自分の視点だけに凝り固まりたくなかったし、
我が道を追求するにしても、
その前に一般や他の考え方も知った上で、と思っていたからです。
経験も知識も少ないうちに、自分の判断だけで進んでいくことに不安があったというのもあります。

しかし、後半は逆。
自分の欲求や感性を優先してみようと思ってます。

学び続けることに変わりはないけれど、そのやり方を変えてみようと。
もう、ある程度人生経験も積んできたから、別のやり方も試してみようっ、という感じで♪

というわけで、後編、スターート!

引き続き、てくてくペース、どたばた気味ですが、どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

ヤプログ!広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:doiakane
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-塗り絵
    ・旅行-島、温泉
    ・クッキング-和食
読者になる
ピアニスト、コンポーザー、サポートミュージシャンとして活動中。
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像かおるん♪
» ありがとう (2016年07月18日)
アイコン画像doiakane
» 会いに行こう (2014年07月22日)
アイコン画像natsumi
» 会いに行こう (2014年07月20日)
アイコン画像doiakane
» 2013年3月15日 北新宿「Cafe Dolce Vita」にて (2013年03月31日)
アイコン画像doiakane
» 2013年2月15日 仙台「坐カフェ」にて (2013年02月27日)
アイコン画像ろみ
» 2013年2月15日 仙台「坐カフェ」にて (2013年02月25日)
アイコン画像みぃ
» 2013年2月15日 仙台「坐カフェ」にて (2013年02月24日)
アイコン画像doiakane
» 地図を広げる時間も大事 (2013年01月16日)
アイコン画像カヲリ
» 地図を広げる時間も大事 (2013年01月11日)