フライヤー作ってみました
2012.12.18 [Tue] 00:52


フライヤーが完成しました!(*´∀`*)




ポストカードの大きさで、両面印刷です
お邪魔になりにくいサイズだと思いますので、お手にとって頂ければ嬉しいです(*´ω`*)





■配布協力サークル様■

12/23 【Brain Breakerクリスマススペシャル】


・K29 「7FG」
・K55 「アマナツ」
・K34 「DISCObridge」


12/30 冬コミ(2日目)
・東5 ピ-08a 「九頭」
・東5 ピ-11a 「DISCObridge」
・東5 ピ‐52a 「くんづれ」


12/31 冬コミ(3日目)
・東2 P-21b 「PP*SK」
・東2 P-19a 「Cordelia」
・東2 P-18b 「7FG」
・東2 R-13b 「ricreazione」


1/6 インテックス大阪
・6号館Aゾーン ヨ-54a 「Cordelia」
・6号館Aゾーン ラ-3a 「Cartolare」
・6号館Aゾーン ラ-01b 「甘蜜」
・6号館Aゾーン ラ-31a 「泣き虫ロボット」


1/20 福岡
(スペースNo待ち)



そのほかに、23日のブレブレ、1日目(29日)のとなコス、2日目(30日)のコミケには3人揃って遊びに行きますので、
お声を掛けて頂ければお渡し出来ます(*´∀`*)
宜しくお願いします〜!!


*フライヤー配布サークル様は随時募集中でございます*
ツイッター、もしくは matsumotosandesu☆hotmail.com までお気軽にご連絡下さいませ!



松本サイコ


 

いいよの日
2012.11.04 [Sun] 00:38




11/4  いいよの日なので









もう      苦しまなくて       いいよ






 

紅蒼撮影第一回目!
2012.10.18 [Thu] 22:57


二度とあーえーなーい  きーみーの  そーばーで
すてーい うぃず ゆー


こんばんは、松本サイコです。



写真集撮影、第一弾!紅蒼撮影行ってきました!










だいたいこんな感じで撮ってきました。
掲載写真は変わる可能性があるので、サンプルではなくレポになります(*´v`*)
ポイントは狂雀さんのヨダレです。


BADやGOODという観念ではなく、「こういうEDあったらどうかな?」っていう
自分たちなりの紅蒼ストーリーを考えてみました。
最終的に1冊になった時、一つのお話になる予定です。



追記にユルいオフショットとか
続きを読む…
 

タイトルについて
2012.10.18 [Thu] 22:21



エマですこんばんは。
お写真の前にタイトルの話しようかなぁと。




「re:birth」 生まれ変わる・生まれなおす
「re:verse」 巻き戻す、ひっくりかえす


すごくすごくウンウンしてやっとたどりついたタイトルなのです。
紅蒼もノイ蒼も、どちらも、巻き戻してひっくり返して、そして生まれ変わる…というか、
「生まれなおす」の方が表現として私の中で正しいのですが、
そんなお話なんじゃないかなぁって。

あとカタカナ表記にすると、紅蒼おんぶだなぁって。


カタカナでかいちゃだめ(´・ω・`)


エマより
 

【ごあいさつ】笛
2012.10.18 [Thu] 07:58





はじめまして、笛と申します!
大好きなドラマダの写真集!ということでドキドキとワクワクでいっぱいです^^

お!と心に残るような2冊になるようみんなでゆるゆると頑張ります!

まだ発行は先ですがゆるりとお付き合い頂ければと思います^^


 

【ごあいさつ】 綾城エマ
2012.10.18 [Thu] 01:38





こんにちは。綾城エマと申します。

写真集つくろー^o ^いいよー^o^ みたいな感じでゆるっと始まりましたこの企画。
大好きなドラマダを、私たちらしい形で表現できたらいいなぁと思ってます。

あと会議と称しては集まり、おいしいものを食べたり温泉に浸かったりしたいです。

どうぞよろしくおねがいします


あやしろエマ
 

【ごあいさつ】松本サイコ
2012.10.10 [Wed] 23:54





皆様はじめまして、松本サイコです。


大好きなお友達と一緒に、大好きなドラマダの、大好きなCPで何か作りたい!
そう思って企画しました(*´v`*)


紅蒼とノイ蒼それぞれを、自分たちの解釈で撮れたらいいなと、
そして紅雀とノイズの関係(CPじゃないよ!)もそこに組み込めたらなぁなんて思っております。

来年の夏に向けて、のんびりゆっくりじっくり、愛情たっぷりで作っていきますので
暖かく見守って頂ければ嬉しいです。




松本サイコ