「雪煙チェイス」東野圭吾 

2018年01月09日(火) 0時22分
「雪煙チェイス」東野圭吾 

殺人事件の容疑者にされた大学生脇坂は、
唯一アリバイを照明してくれる
美人スノーボーダーを探しに雪山へ
しかしそこは、
国内屈指の規模を誇る、里沢温泉スキー場

HPアリ 
上村さんとの対談あったっけ?!




いつか読もうと思ってたコレ
雪シーズン前にというのはちょうどイイだろう

ビックゲレンデ里沢スキー場で、
つかまる前に目当ての美女を探す脇坂たち
その脇坂を追う、所轄の刑事たち
根津や千晶は、ゲレンデウェディング開催に向けて動いていた

とにかく、さすが雪山を愛する東野さん!

細かな描写からもそれはわかるし、
コース外滑走やスキー場経営の現状やら、、
小さいところに、抱える問題をちりばめられていると思う
インタビューでも
そんな思いで書いてたのか!と驚いたり
愛。感じますよ!

このシリーズは、ちょっと緩めなのがいい。
ゴリゴリと押してこないから、
さらっと楽しく読み進めることができる!

今回も緊迫の展開!というほどの逃亡ではなく、、
その他の様々な話も
ふんわり盛り込みながら進むので、楽しめるかな

なんせラストで、、(笑)

東野さん他のも読もうかな〜



★★★★☆ 845

今は、「また、同じ夢をみていた」住野よる


□”根津”シリーズ

1 白銀ジャック 
2 疾風ロンド  
3 恋のゴンドラ 
4 雪煙チェイス




「恋のゴンドラ」東野圭吾

2016年11月23日(水) 21時45分
「恋のゴンドラ」東野圭吾

里沢温泉スキー場のゴンドラで、
広太は信じがたい偶然に巻き込まれ。。。

また同スキー場で、不器用男のため、
綿密な計画による、
プロポーズ大作戦が決行されようとしていた



HPアリ



久々に本屋をのぞいたら、コレを発見
また東野さんの雪山モノ!だし、
冬に向けてテンションあげてこうとしてたので、迷わずゲット

疾風ロンド」の映画化でも盛り上がってて、
「雪煙チェイス」も近々でるみたいだな


”雪山での恋愛模様”みたいな感じ。
雪山好きからすると、設定とか状況とかが、
すんなり受け入れられて、想像できて、楽しい!

各短編間で、登場人物が少しずつ関わり合うって感じで、
タイトルにある通り、雪山でのプロポーズ大作戦が決行されたりして、
楽しく読み進められる感じは、とてもいい!
スキー対スノボ論もあったり(笑)
関連作品から根津も登場して、楽しみどころがいろいろある

東野さんらしく、
不器用な日田にがんばれ〜なんて気楽に構えてると
ちょっとした、どんでん返しもあったりして、おもしろい

雪山好きとしては、
「疾風ロンド」よりも、これを映像化して欲しいな〜
恋愛要素と雪山楽しいよ要素とあるし。
そして、
結構ピンチな雪山業界が明るくなったらいいな〜と


次の「雪煙チェイス」も読もう!
「疾風ロンド」も観に行こうかな〜と



★★★★★ 808


今は、「水族館の殺人」青崎有吾。




「疾風ロンド」東野圭吾

2013年12月13日(金) 23時36分
「疾風ロンド」東野圭吾

雪山に”細菌兵器”がセットされた
それをネタに脅迫しようとしていた犯人は、、
交通事故で死んでしまう。。。

いくつかの手がかりと、
様々な事情を抱えながら、
息子と雪山へ向かう研究員。。。。


白銀ジャック」の根津と千晶も登場




これも本屋ぷらぷらしていて発見。

東野さんが雪山好きってのは、有名な話。
ちいさいところに、”雪山愛”が感じられて楽しい!
雪山が抱える最近の問題だとか、
やんわりと、
雪山へ誘う流れ(深読み?)は、よかったな〜

どこに仕掛けられたかもわからない細菌兵器。
手がかりになる、テディベアの行方。
微妙な組織原理の中で動くひとたち

どこか忘れたけども、
冒頭に軽いタッチの部分があって、
確かに全体の流れも結末も、結構ソフトな感じもあるので、
なんだかさらっと楽しく読めた!
自分自身、雪山へのテンションを上げてる時期でもあるし、
その部分での楽しさもあったなー

いやーおもしろかった。
けど、
字が大きかった(笑)

東野さんちょっと離れ過ぎた。
加賀モノ途中だった。。
再開しないと!



★★★★☆ 696


今は、「箱庭図書館」乙一。


■■トラックバック先■■

苗坊さん  「苗坊の徒然日記




「悪意」東野圭吾

2012年09月27日(木) 21時23分
「悪意」東野圭吾

人気作家の日高が殺害される。。

第一発見者の野々口は、幼馴染の作家であり、
事件の体験を手記として書き記していた。

捜査にあたる加賀は、
野々口とは教師時代の知り合いであり、
その手記を手にするのだが。。

加賀恭一郎シリーズ その4


野々口の手記と加賀の語りの章がが交互に。
犯人はすぐにわかるものの、
その動機は頑なに語られず。。。

あまりあらすじは書いたらだめだな。

日高・野々口が作家であることとか、
最初から出してくる小さなネタだとか、
ホントにうまーく使われてる。
さすがは東野さん!

動機を伏せる犯人の意図とは?
で楽しめて、
犯人の組み立て誘導する内容と、
その裏に隠された”悪意”と、
なんとも複雑だけど、楽しめる感じになってるんだよなー
と、
ちょっとつっこんだ感想だなこれは。

とにかく、おもしろかった!

次は、「私が彼を殺した」



★★★★☆ 647

今は、「鍵のかかった部屋」貴志祐介
「ノエル」道尾秀介 を読み終わり、
「いとみち 二の糸」越谷オサム。


□加賀恭一郎シリーズ

1 卒業 
2 眠りの森 
3 どちらかが彼女を殺した 
4 悪意
5 私が彼を殺した
6 嘘をもうひとつだけ
7 赤い指
8 新参者
9 麒麟の翼



「どちらかが彼女を殺した」東野圭吾

2012年02月20日(月) 17時55分
「どちらかが彼女を殺した」東野圭吾

東京に出ている妹から不可解な電話。。
帰ってくると約束した週末にも戻らず、
康正は妹のもとを訪れると。。。

証拠品を自らのものとし、
正規捜査手段をとらず、
自ら犯人を探し出そうとする康正。。


加賀恭一郎シリーズ その3


本が切れて、何を読もうか本屋をプラプラ
辻村さんと迷い、コレにする

康正が足を踏み入れた現場の情況は、何とも謎が多い。
犯行を隠そうとしてるのかどうなのか??
そんな中に紛れる自殺ではない証拠。。。

容疑者2人は、口を開くが、
そこにはどうにも嘘が混じっていて。。。

様々な証拠は康正に持ち去られ、
単純な自殺と判断されつつある中、
ひとり康正のまわりを動き回る加賀。

そして、
あれやこれやの仮定と検証の繰り返しは、なかなかに楽しい!
康正は納得できる結論を得られるのか?と読み進めて、、
はっきり書かれないラスト。

あれがそれならで犯人はあっちかなと。
で、よく読ませてもらいにいくこちらに見解があって、
うむうむと。
シンプルな筋に実はカナリ細かい小技。
全然気づかなかったけど、すごいな〜東野さん。

このシリーズ進めるぞ!
次は、「悪意」。



★★★★☆ 602

今は、「いとみち」越谷オサム を読み終わり、
「はやく名探偵になりたい」東川篤哉。


■■トラックバック先■■

山手のドルフィンさん  「The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから
itchy1976さん  「itchy1976の日記

□加賀恭一郎シリーズ

1 卒業 
2 眠りの森 
3 どちらかが彼女を殺した
4 悪意
5 私が彼を殺した
6 嘘をもうひとつだけ
7 赤い指
8 新参者
9 麒麟の翼


Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)