「向日葵の迷路」浅倉卓弥

2012年05月09日(水) 12時05分
「向日葵の迷路」浅倉卓弥

ちょっとした不思議を含んだ、

向日葵の迷路/ヨーグルトを下さい
/夕立のあと/紅い実の川
/ビザール・ラヴ・トライアングル

の5編の短編集。





「ビザール〜」改題。
浅倉さん、文庫化まで長すぎるな〜あまり売れてないのか?

前半の不思議系。後半の抑揚のない穏やかな流れ。
いずれも丁寧で、慎重に言葉が選ばれてる感じで、
浅倉さんがいいと思えるのは、やっぱそこかな〜


感想それぞれ


「向日葵の迷路」

 鮮明に残る幼い頃の向日葵畑での記憶。
 出会った女性は、母だったのか??

 そういう方向かーと思ってたところの女性の正体。
 いい裏切り方と、その優しい構図。
 イイな〜

「ヨーグルトを下さい」

 深夜のコンビニで、ヨーグルトを求める女性は、
 不思議と音も無く現れるのだが。。。

 ヨーグルトと不思議な女性の正体は。。。
 他に較べてシンプルだけど、印象に残ってる。
 
「夕立のあと」

 ふと気づくと自分が、どうしてここにいるのかわからない。。
 しばらく離れていた故郷にいるのだが。。。

 若年性のアルツハイマーかとか、イメージしてたけど。。
 なんだか少しもの足りなかった

「紅い実の川」

 田舎の母が店を畳むという。。
 確執から会わせていなかった孫を連れて母のもとへ

 母の想いと、不思議な自然の力?
 穏やかな雰囲気

「ビザール・ラヴ・トライアングル」

 妻と母が亡くなり、娘と二人暮らしになる
 
 どんな展開になるのかと思いきや、、
 穏やかな雰囲気  


文庫化されてないんだよなー
でも、「オールド・フレンズ」読もうかな〜



★★★☆☆ 620

今は、「夏色ジャンクション」福田栄一。


「北緯四十三度の神話」浅倉卓弥

2008年12月26日(金) 11時38分
「北緯四十三度の神話」浅倉卓弥

あることから、
二人の間に溝ができてしまった姉妹。。
姉は、大学の研究室で働き、
妹は、地元放送局のDJをしている。

お互い近づこうとするものの、
イマイチ近づけずにいる。。。





ひさびさの浅倉さん。
コレは、イイ感じでした!

姉の語りの間に、妹の番組を挟む構成。
2人が通いあったり離れてったりそういうのが、
妹の番組にあらわれたり、
妹の素直な気持ちが出る場であったりで、
うまいこと使われてるなーと思った。

なんせ、
二人の日常と心の動きとが丹念に書かれていて、
そこに、ちょっとした主張?が挟まれてて、
んーーーーなんだかイイバランスだったな。
そうそう、浅倉さんの前3作に比べて、
なんだかイイ意味で均されたなーと感じました。

冒頭、スキー場の場面は
結構細かい描写もあったりするので、よかったな。
こういう時期でもあるし。

浅倉さん他も文庫化待ってます!



★★★★☆ 383

今は、「対話篇」金城一紀。

「雪の夜話」浅倉卓弥

2007年12月06日(木) 17時52分
「雪の夜話」浅倉卓弥

雪の降る夜、試験勉強中の主人公は
タバコを買いに外に出る。
帰り途中、雪が降り続く公園で、
ひとりの少女に出会う。

大学進学とともに東京に出て、
バイトしていたデザイン事務所つがなりで
そのまま仕事を続けていたのだが、、。




いやーいい時期に読んだかな。

いたるところに、雪の描写がある。
毎年雪山に出かけるオレにとって、
その細かい描写は、まさに記憶がよみがえるようだった。
まーオレは浅倉さんみたいに、
雪にシャレた想像なんてできないけど(笑)

内容は、メルヘンチックに行くのかと思わせておいて、
”生とは死とは”な哲学的な雰囲気。
主人公が仕事するデザインの側面からも、
視覚とはとか、デザインの結論に至る作業とか、
ちょっとオモシロイ話が挟まれてて楽しい。
けど、そういうのキライなひとには、つまんないかもな。

誰もが共感できるのだろうけど、
主人公の孤独感というか、
そういう部分の考え方とかって、
部分的に大きく頷ける部分があったりして
そういうトコもよかったな。
けど、ちょっと主人公は考えが幼いよな(笑)

浅倉さん楽しめました。
知らない間にいろいろ書かれてるみたいだな。
文庫化、待ってます。



★★★☆☆ 299

次の300は、新刊で!!
となったらやっぱ、これしかなかった。

今は、「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎。


■■トラックバック先■■

苗坊さん  「苗坊の読書日記」

「君の名残を」浅倉卓弥

2006年02月13日(月) 18時03分


武蔵・友恵・志郎の3人はある嵐の夕方姿を消す。
3人は、それぞれ800年前にタイムスリップし、
その時代の人物になり、その時代を生きていこうとするのだが。。
浅倉さんの解釈というか、SF的要素を加えた平家物語。

早々と文庫化されたようで待ってましたと読みました。
感想は、

んー長い(笑)
それに尽きるな。

浅倉さんの言いたいことだとか、強烈な情熱は感じるけども、
果たしてそれを言うために、これだけの話が必要だったのか。。
はたまた、これだけの話を費やして伝わってくるメッセージが、
そんなに強力かと言われると。。。割りあわないかな。。
オレは言わんとしてるとこが、ぼやーっと感じてしまった。

もっと、1冊くらいにまとまってて、
言わんとしてることがもっと掘り下がってたらなーと。

解説にもあるように、運命論と自由意志が根源にある。
けど、自分はその辺に非常にドライな考え方しか持ってないので、
登場人物達の葛藤もあまり入り込める考え方じゃないし、
行き着く答えは、あたまりまえだろーって感じ。
「時」という意思に本気で立ち向かうなら、他にやりようあるだろ!
とか、ひじょーーにつまんない想像とかもしたりして、、
オレってあんま素直じゃないようです(笑)

だから、感動で涙をながす。。。なんてことはなかったな〜
って、じーんとくるとこはもちろんあったけども。
そんで、最後の解説を読んでも、
「センチメンタルな感慨」をこえてないかなーとその思想に関しても。

と、強烈に批判的ですけども、、、

歴史小説は、カナリ大好き!!
このあたりの時代にはウトイので、
歴史モノとしてはひじょーーに楽しかった!
気になるのは、
巻末の補遺の他にどのくらい浅倉さん的解釈があるのか。
司馬さんの「義経」を読みたくなった。

けど、こういう話な以上「歴史モノ」以上に
上に書いたような部分のほうがメインだろうし、
こんな感じの感想になりました。

で、散々書いてますがオモシロイと思います(笑)
オレみたいなつまんないこと考えないで、
素直に登場人物に入り込めるようなヒトであれば、
「そこらじゅうで泣きました」なんじゃないんでしょうか。



★★☆☆☆ 121

今は、「ビフォア・ラン」重松清。


四日間の奇跡

2004年08月09日(月) 15時37分
という本を読み終わる。

浅倉卓弥というひとの、「このミス」大賞をとったものらしい。読み終えてHPで検索していたら、いろんなヒトの感想とかが載ってた。

確かにありきたりな設定で、むむっと思ったけど、読み終えてみると、そんなことはどーでもいい気がしてきた。その設定ありきの作品ではなかった感じがする。
生とか死とかそのあたりの作者の考え方みたいなもんを書くのに、そういった設定とか、植物人間とか脳・精神に障害をもつ施設・関係者を出したんじゃないかと。

なんか、表現方法やらなんやらがイイらしいけど、
そういうのは、よくわからんかったかな。
あまりまどろっこしいような、
技巧派?な文学的表現とかそーいうのが好きじゃないので。

とにかく最後のほうは面白かったかな。
人間と動物の違いやら、
ココロが独立して存在しうるかどうかとかとか。

読み終わってすぐもう一度読んでみたいなーと思う作品はひさびさかな。
さらっーと読んでしまったので、今度はもっとじっくりとだな。


今は、野沢尚の「呼人」を読み中。
Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)